web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

【回顧録4】東日本大震災

 

まだ受け入れられない3.11の現実

 

遠くの雪山

遠くの雪山 2022年3月10日撮影

 

きっと「え? まだ?」と思われる方が大半だろう。

 

私が東日本大震災を思う時、記憶は整理されずにゴチャゴチャで、思い出す映像もフラッシュバックのように次々と切り替わる。

私はまだこの暗澹たる記憶に打ち勝つどころか、整理をつけることもできずにいるのだ。

 

昨日は夕方から体調を崩し、薬を飲んで落ち着いたものの、精神的にはずっと下降気味だった。

今日も体調はイマイチである。

 

それでも過去にブログに書いた記録をご紹介。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

どれも中途半端で申し訳ない。

震災の話だけを長々と綴るのは今でもできない。

 

でも書いたと思っていたのに、しっかりと書いていないことがあったので、今回は【回顧録4】として、できるだけ詳細に記録する。

 

 

 

 

海に面した高台に家があった叔父一家

 

地震後、叔父は車で孫を幼稚園に迎えに行った。

帰宅時には巨大津波がもう迫っていて、家の裏の更に高い土地へと避難。

家の1階が浸水し、停めてあった車3台が流された。

同地域では低い土地にほとんどの家があり、流されなかった家は叔父の家を含め2軒だけだった。

 

もう少し遅れていたら、叔父と孫は津波に流されていた。

津波が襲ってくる様子はまるで映画か何かのようで、現実味がなかったという。

 

タクシーの運転手をしていた叔父

 

地震発生後、避難する車で道は混み、町中の道路は大渋滞を引き起こしていた。

その中に混じっていたタクシードライバーの叔父。

津波を見るや否や、躊躇いなくタクシーを捨てて高い所へ走った。

叔父は商売道具と引き換えに、助かることができたのである。

 

家を建てたばかりだった従弟一家

 

家を流されてしまい、避難所生活を余儀なくされた。

公開されていた避難者名簿で生存が確認できた。

 

在宅避難者だった叔父の場合

 

比較的山間に住んでいた叔父は、津波被害には合わず在宅避難者となった。

ところが電気、水道などは復旧までに数ヵ月を要し、食糧の配給は1回だけだったという。

在宅避難者の支援については当初から問題視されていたが、解決策もないまま時間が過ぎていった。

 

県外まで来て無事を知らせてくれた従弟たち

 

食料調達のため県外まで自力で出てきた従弟たちは、やっと繋がった携帯電話で無事を知らせてくれた。

地震発生3日後のことである。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

今まで自分の家中心に書いていたので、今回は親戚のことをまとめてみた。

聞いた避難所暮らしの辛さまでは書けなかった。

内情は過酷を極める。

 

更に、在宅避難者支援は今後も大きな課題のひとつである。

問題解決に前進していることを祈ろう。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク