web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

本・読書

読んだ本の感想や、好きな本について語った記事

ホラー短編集 深紅 Deep Crimson1-2 無料キャンペーン!

私は佐藤亜子というペンネームでKindle本(電子書籍)を出版しています。ホラー短編集『深紅』Deep Crimson1と2の2冊です。この度、無料キャンペーンを行うことになりました。期間は 8月4日(木)17:00~8月9日(火)16:59 の5日間です。無料のKindleアプ…

「SFといえば」レイ・ブラッドベリの『火星年代記』

今週のお題「SFといえば」レイ・ブラッドベリ『火星年代記』 詩人でもあるレイ・ブラッドベリの表現力の魅力・あらすじ・ドラマ化された『火星年代記』・その他の電子書籍化作品・あとがき 私が好きなSF作家といえばレイ・ブラッドベリ(1920年8月22日~2012…

鷺沢萠作『帰れぬ人びと』感想 今日の散歩と画像

鷺沢萠『帰れぬ人びと』読書記録 今日の散歩と画像 鷺沢萠『帰れぬ人びと』感想 私の心に刺さった言葉・今日の散歩と画像・あとがき 今日の午前中、鷺沢萠さんの小説『帰れぬ人びと』を読んだ。作品自体とても素晴らしく、個人的に心に刺さった。今回は『帰…

片づけの状況とファンタジー小説『ペンギン・ハイウェイ』の感想

ゴールの遠い片づけと森見登美彦作『ペンギン・ハイウェイ』の感想 なかなか進まない部屋の片づけ。森見登美彦作『ペンギン・ハイウェイ』の感想・あとがき 前回のブログに書いた通り、昨日から部屋の片づけを行っている。セルフネグレクトにとっては褒めら…

インスタグラムのその後と『えんの松原』の読書記録

インスタグラム初心者の現在 『えんの松原』は面白い 投降にリズムが出てきたインスタグラム・『えんの松原』大人も楽しめる平安ファンタジーホラー・あとがき 今年から始めたインスタグラムについては、これまで何度かブログでも触れてきた。1ヵ月以上経過…

鷺沢萠著『葉桜の日』『果実の舟を川に流して』と闘病記録

鷺沢萠作品との鮮烈な出会い 少しの闘病記録 不安定要素ありも不安定にならず な闘病記録・鷺沢萠著『葉桜の日』『果実の舟を川に流して』を読んで・あとがき 右手をねんざして4日目になる。痛む部分が手首外側に固まってきて、腫れも幾分引いたようだ。ご心…

頭内爆発音症候群再び 読書に没頭してみて思ったこと

「読書の日」を設ける? と頭内爆発音症候群が戻ってきた話 昨日1日を読書に充ててみて思うこと・頭内爆発音症候群 再び・あとがき 昨日、久々に分厚い本を読破した。今朝起きたら軽く頭痛がしたけど、本に没頭することができてとても楽しかったし、充足感で…

ホラー短編集第2弾発売 無料キャンペーン14日17時より5日間

Kindle本『ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 2』発売 無料キャンペーンのお知らせ 【解説】ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 2・仮想心中 杏奈の場合・揺れる黒髪・悲しき純真・ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 1・【無料キャンペーン】ホラー短編集 深紅 Deep…

「読書の秋」きしべのあざみさんと高校生作家きいらすさんの著書紹介

読みたいのに読めない最大の理由は… オススメの本情報! 未読の本がたくさんあるのに…読めない最大の理由・本がたくさんある理由・読書ができない最大の理由・オススメな本の紹介 きしべのあざみさん著書・『ささやきごと』・『さやきごと 2』・これまでの…

鬱(うつ)どころじゃない暑さと脳貧血ときしべのあざみさん

3日連続の猛暑日 脳貧血について 作家きしべのあざみさん 鬱(うつ)どころではない猛暑日 いいのか悪いのか…・脳貧血は誰にも起こり得る! 脳貧血と他の貧血の違い・前回の短編小説について 補足と野望と宝物・あとがき

読書+正月=読正月のススメ! きしべのあざみ著書

『砂の曼陀羅 サマンサラ』3部作 『流星群の夜』 『摩天楼のネジ穴』 きしべのあざみさんについて・砂の曼陀羅 サマンサラ 3部作(完結)・あらすじ・感想・流星群の夜 あらすじ・感想 摩天楼のネジ穴 あらすじ・感想

私を甦らせてくれた きしべの あざみ さんの本

リアルとファンタジーの絶妙な融合 すべてはあたたかさに帰結する 私が再び読書ができるようになるまで・きしべのあざみさんとの出会い・きしのべあざみさんのプロフィール・ 『ドールハウス』あらすじ・感想 『あやし美し春爛漫』あらすじ・感想 『夏のやく…

SFのち時代ものとハードボイルド 所によりアドラーショック

近頃は本屋に行かなくてもネットでいろいろ紹介をしていて、どうしても目に入りますね。母の病状が激化する前、私は凄く本が好きで、自由にできるお金はほとんど本につぎ込んでいました。小さい頃は父が買ってくれたのか、家に世界名作劇場シリーズみたいな…