web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

ホラー短編集第2弾発売 無料キャンペーン14日17時より5日間

 

Kindle本『ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 2』発売 無料キャンペーンのお知らせ

 

Kindle本 ホラー短編集 深紅 DeepCrimson 2

 

第2弾のお知らせがやっとできるようになった。

 

今回は、『ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 2』の発売に伴い、宣伝を中心にお送りしたい。

興味のない方には大変申し訳ない。

 

それでは、新作の解説から早速。

 

 

 

 

 

【解説】ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 2

 

今回、発売されたのは、『ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 1』に続く第2弾、『ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 2』である。

 

タップorクリックで商品ページへ移動

 

収録されている3作品をご紹介しよう。

 

仮想心中 杏奈の場合

 

杏奈とアンナが繰り広げる攻防戦を描いたヒューマンサスペンスホラー。

 

杏奈の前に、自分そっくりのアンナという女性が現れる。

杏奈はそれが誰かを知っていた。

アンナの正体とは? 目的とは?

杏奈の精神世界の中で壮絶な攻防戦がスタートする!

 

揺れる黒髪

 

飲食店の事務室で、次々と巻き起こる不気味な怪現象。

事務員の坂井は気づかぬふりをして過ごしていたが、事務室に現われた調理師に指摘され、怪現象があることを認めてしまう。

その直後から、再び怪現象が起こり始め……。

 

最後まで目が離せない王道ホラーストーリー。

 

悲しき純真

 

祖母が危篤(きとく)との知らせを受け、病院へ駆けつけようと車を走らせる幸治。

だが、真夜中の山道には思いもよらぬ怪現象が待ち受けていた。

暗闇の中、幸治を限界まで追いつめる不気味な現象の正体とは!

 

シリーズ1作目を読んでいると、より楽しめるサスペンスホラー。

 

ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 1

 

ということで、前作も宣伝させていただこう。

 

タップorクリックで商品ページへ移動

 

作品は『極秘事項』と『病み垢の泉ちゃん』の2つ。

 

詳細はこちらの記事をご覧いただきたい。

www.yamauba.work

 

尚、「佐藤亜子」はKindle本用のペンネームで、本名ではない。

 

スポンサーリンク 

 

【無料キャンペーン】ホラー短編集 深紅 Deep Crimson

 

第2弾発売に伴い、シリーズ1、2の同時無料キャンペーンを実施する。

期間は1月14日17時00分~18日16時59分(予定)の5日間だ

無料のKindleアプリさえダウンロードすれば、どなたでも、どの環境でも読むことが可能。

また、unlimited会員の方は読み放題でいつでも無料で読める。

 

是非このチャンスに作品に触れていただきたいと願う次第である。

私の怪談はあまり怖くないので、安心してご覧いただきたい。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

自分の本の宣伝文句を書くと、自画自賛しているようで恥ずかしいものだ。

でも興味を持っていただかなくてはならないので、思い切って書いてみた。

 

正直、作家としてはセミプロもいいところで、とても自ら名乗れたものではない。

日々、精進し、コンスタントに本を出し続けられるようになるのが理想だ。

 

次作はサスペンスファンタジーになりそう。

 

やろうと思ったことは何でもやろう。

今年は覚醒の年だ。

それではまた。

 

読んだらポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク