web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

『鎌倉殿の13人』第1回 小栗旬さんほか俳優陣の演技が光った初回

 

第1回「大きなる小競り合い」感想 演技巧者の俳優陣!

 

鎌倉殿の13人 感想ブログ 小栗旬 大泉洋 坂東彌太郎 菅田将暉

 

まず、率直な感想から。

1回観た後の感想は、コミカルにし過ぎ、だった。

そこまで笑いを求めていないし、笑えない場面が多かったためである。

 

初回としてはどうなんだろう。

もっと緩急つけてほしかったなぁ、と。

 

ところが感想を書くために2回目の視聴をしたら、めっちゃ面白い。

1回目で世界観と三谷さんの色に慣れたせいだ。

変な期待もないし。

 

では、2回観た後の感想を早速。

 

 

 

 

初回の見せ場とBGM

 

オープニングとエンディング、躍動感があったのはここの2つだけ。

しかも同一の場面。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 【公式】大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 (@nhk_kamakuradono13)

www.instagram.com

 

その間は、ほぼ身内に振り回されっぱなしの主人公 北条義時小栗旬さん)という、かなり思い切ったストーリーと演出だと思った。

 

源頼朝大泉洋さん)と八重姫(新垣結衣さん)の子が殺された件も、ドラマチックに描くことはせず、逆に不気味さを感じさせるほど。

 

そんな中でのオープニングとエンディングである。

特にエンディングの、馬が駆け出した途端の爽快感は格別だ。

効果的に編曲されたドヴォルザークの『新世界より』が、一層、躍動感を引き立たせる。

 

使われるクラシックのBGMはドヴォルザークだけなのか。

 

戦のシーンで有名な洋画よろしく、ワーグナーの『ワルキューレ』をかけてくれてもいいと思う。

 

スポンサーリンク

 

愉快な北条ファミリーへの期待

 

北条ファミリーとはいっても伊東家も親戚だし、三浦家も近しい。

ここでは北条親子について語っていきたい。

 

主人公 北条義時小栗旬さん)

 

 

まだ周囲に動かされている(振り回されている)段階。

東武者らしさも、まだあまり感じさせない。

馬を駆る身のこなしからすると、武芸は達者っぽい。

これからますます巻き込まれ、振り回されていくので、本気出した時が期待大。

 

北条時政坂東彌十郎さん)

 

存在感も演技もとても自然体で、普段はお茶目なお父さんっぷり。

でも決めるところは決める魅力的なキャラクター。

駄々をこねる場面と、攻めてきた伊東祐親(浅野和之さん)に啖呵を切った場面が個人的にお気に入り。

新しい妻 りく(宮沢りえさん)が加わってからも期待大。

 

北条宗時片岡愛之助さん)

 

 

平家憎しのあまり、頼朝を担ぎ上げる熱血漢。

先走り、突っ走り気味で、義時を巻き込み大いに振り回す。

ポジティブ過ぎて義時や視聴者を冷や冷やさせるが、伊東祐親と渡り合おうとする場面では、見事な武者っぷりを披露した。

この先も熱く突っ走る様に期待大。

 

北条政子小池栄子さん)

 

 

ぞっこん(らしい)の頼朝に、あの手この手で迫る美女。

色香で落とそうとする場面は、若干コントチックに映った。

頼朝を逃す際の機転はナイス。

のちの尼将軍っぷりに期待大。

 

妹 北条実衣(宮澤エマさん)

 

まだそこまで存在感は強くない。

頼朝にぞっこんな政子を面白そうに眺めている。

未知数な今後に期待大。

 

将来の兄 源頼朝大泉洋さん)

 

 

今はまだ挙兵前で流人の身。

八重姫との間に子ができたことから、監視役の伊東祐親の逆鱗に触れる。

宗時によって北条家にかくまわれるが、本心はなかなか見せない。

クールに装いつつも、「祐親を殺せ!」と鋭く命じるシーンはぞくぞくした。

期待しかない。

 

スポンサーリンク 

 

源義経のあのシーンは無し?

 

あのシーンとは、頼朝の弟 源義経菅田将暉さん)と武蔵坊弁慶の出会いでお馴染みの、五条大橋の場面である。

義時が主役なので、なくても驚きはしないが、ラストのナレーションでは既に奥州平泉に身を寄せていた。

五条大橋の後である。

 

元々史実ではなく、物語として作られたとの説が有力で、武蔵坊弁慶という人物も、義経の家来として1度だけ名前が記されていた程度だったはず。

私の記憶違いなら申し訳ない。

 

判官びいきの流れで、義経主従には作られたストーリーが多過ぎる。

狐忠信にしろ勧進帳にしろ立ち往生にしろ。

歴史ファンタジーとしては、この上ないくらい魅力的ではある。

 

何故こんな話をするかというと、今まで源義経が出てくる大河ドラマでは、必ず五条大橋を描いてきたし、武蔵坊は義経の側近のように描かれ続けてきた(実際は常陸海尊との説あり)。

 

そこでだ。

『鎌倉殿の13人』ではどのように描くのかに、個人的に注目している。

ファンタジーをどの程度、採用するのか、或いは全く採用しないのか。

後者なら、かなり新しい義経像が観られるだろう。

 

そういう意味で、三谷幸喜さんに期待する部分が大きい。

 

もし、1回戻って五条大橋を描くとしても、菅田将暉さんは今までにない牛若丸を演じてくれるはずだ。

個人的見解を述べると、義経は決してただのいい子ちゃんではない。

頼朝の弟ということで威張ったこともあるだろうし、戦では卑怯なこともした。

何よりも政治オンチでやっちゃ駄目なこともしちゃってる。

それが兄との溝を深めることになるのだ。

 

そういう義経を描いてくれたなら、三谷信者になるかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

次回予告

 

次回は 第2回「佐殿(すけどの)の腹」

 

義時「出ていってください。北条から」

時政「死んでも佐殿を渡すわけにはいかないんじゃ!」

祐親「ハハハハハ!」

比企能員「ん? 母上!」

政子「佐殿をお支えしとうございます」

宗時「佐殿を婿にとれば 盤石だぞ!」

義時「断じて なりません!」

頼朝「わしは 兵など挙げん。決めた。戦は苦手じゃ」

 

とことん義時の望まぬ方へと進んでいくよね。

頼朝と政子の結婚までいくのかな。

八重姫が義時に石をぶつけていた。

比企尼がご登場だ!

佐殿こと頼朝はどこまで腹を見せるだろう。

兵など挙げん、とは思っていないくせにぃ。

また義時お疲れ様な回になりそうだ。

 

次回予告に関しては以上。

 

公式サイト: NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

公式Twitter: 2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 (@nhk_kamakura13) | Twitter

公式Instagram: https://www.instagram.com/nhk_kamakuradono13/

 

スポンサーリンク

 

感想まとめ

 

  • 1回目視聴で微妙と思ったけど、2回目は面白かった
  • BGMでクラシックもっと使ってほしい
  • 北条ファミリーと頼朝への期待
  • 三谷幸喜さんの脚本と菅田将暉さんの演技への期待

 

短くまとめ過ぎた。

源義経の話をしたのでこうなったけど、演技は皆さんに期待している。

 

今回、特に印象に残ったのは、小栗旬さん、片岡愛之助さん、大泉洋さん、そして坂東彌十郎さん。

主力が魅力的なので、私は今回も見続ける。

この題材、俳優陣の素材をもってして、つまらないドラマを作る方が難しいかと思う。

 

それに脚本ばかりでなく、演出にも期待している。

時々でいいので、ハッとさせる演出をお願いしたい。

 

わがまま視聴者からは以上。

 

それではまた。

 

読んだらポチっとお願いします!


大河ドラマ・時代劇ランキング

 

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!