web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

はてなさんからの提案 1年前の記事を振り返る!

 

1年前を振り返る ブログ内記事ランキングや野鳥観察など

 

庭のサザンカ

 

「昨年の今頃の記事を振り返ってみませんか?」とはてなさんからメールを頂戴したのは2回目となる。

初回はスルーしてしまったので、今回は乗ってみることに。

 

なぜなら、はてなさんが提示してくれた複数の記事を見て、昨年の今頃が特別な時期だったことを思い出したからだ。

 

今回は、その提示された記事を中心に振り返る。

 

 

 

 

2020年11月ブログ内記事ランキング

 

www.yamauba.work

 

上の記事より、2020年11月のブログ内記事ランキングを引用する。

 

第1位

 

第2位

 

第3位

 

第4位(2記事)

 

第5位

 

第6位

 

第7位

 

第8位

 

第9位

 

第10位(2記事)

 

NHK大河ドラマ麒麟がくる』が懐かしい。

明智光秀が主人公ということで、かなり入れ込んで観ていた。

長谷川博己さん、染谷将太さん、佐々木蔵之介さん、川口春奈さんなど、出演者の皆さんがとても素晴らしかった。

11月はクライマックスに向け、大きな動きがいくつもあった頃と記憶している。

 

20年以上できなくなっていた、読書が再び可能になったのもこの頃。

 

自分で言うのも何だが、この頃は全体的に記事が粒ぞろいである。

こうして見ると、最近は視野が狭くなっているように感じる。

もう少しアンテナを高くして、広範囲の情報を拾い上げるようにしたい。

 

スポンサーリンク 

 

画像にもっと力が入っていた昨年の記事

 

www.yamauba.work

力が入っていたのも当然、まだ足を痛める前の記事である。

 

前半は睡眠の話と、月と雲の画像。

メインの後半から一部、以下に引用する。

 

いつものようにシラサギを撮っていたら、なんと画像上にカモの集団が写っていたのである。

シラサギとカモ

 

最近近くで見かけないと思ったら下流にいたらしい。

 

しばらくして見てみると、シラサギもカモ軍団のところへ移動していた、

シラサギとカモ

 

相変わらず仲良しで微笑ましいけども、撮りにくい…。

昨年みたいにもっとこっちに来てくれないかな~と思いつつ、デジカメを目から離した瞬間だった。

 

目を疑うとは、まさにこういう光景だろう。

シラサギ2羽とカモ

 

シラサギが2羽いる。

 

え、どっちがどっち? と私の頭は大混乱である。

いつものシラサギは長年1羽で現れていた。

2羽がこんな近距離で着地している姿を見たのは初めて。

 

落ち着いて観察していると、手前の方が胴体がコロっとしている。

いつも見ていたのは奥にいるシュッとした方だと思った、

シラサギ2羽とカモ

 

1枚目のシラサギの佇まいに違和感があったのだが、おそらく手前のシラサギだろう。

よく見ると羽根もやや短いし、口ばしも短い。

かなり若く、もしかしたら夏は幼鳥だったのかもしれない。

まさか…親子?

 

う~む、謎である。

冬のシラサギ同士は仲がいいのだろうか。

餌場争いなどするのだろうか。

 

これはしかと毎日観察せねばなるまい。(作業しろ!)

 

ずいぶん楽しそうである。

まあ、2羽のシラサギ(ダイサギ)を一緒に見たらそうなるだろうけど。

昨年は野鳥観察も自由にできたなぁ。

そういう意味ではいい年だった。

 

でも今年亡くなった従兄の大手術や、いろいろな手続きでブラザーが多忙な時期でもあった。

 

遅いようで早い1年。

 

振り返りって、こういう感じでいいのだろうか。

もう書くことがなくなった。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

初めて挑戦してみたけど、手ごたえを感じない。

 

実は現在、Kindle本のホラー短編集『深紅:Deep Crimson 2』の原稿を執筆中である。

何とか今年中に発売したいので、何をしていても上の空で落ち着かないのだ。

誠に申し訳ない限り。

 

明日からはしっかりと身を引き締めていこう。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 

 
メンヘラ日記ランキング