web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

【画像多め】睡眠と夜空 シラサギに驚きの新展開!

 

睡眠の記録 夜空の芸術 「今日の画像」コーナーも

 

夜の月と雲

 

昨夜、久々にちゃんとベッドに入って眠った。

最近はパソコンの前の長座布団にそのまま寝るか、ベッドの中ではなく上に這い上がって寝るかのどちらかだった。

 

さすがにそれでは寒い。

 

睡眠導入剤の効き具合も冬になって変わってきたので、今回は最近の睡眠について記録したい。

 

 

スポンサーリンク

あやし美し春爛漫 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

あやし美し春爛漫 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

  • 作者:きしべのあざみ
  • 発売日: 2020/04/20
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 
流星群の夜 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

流星群の夜 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

 

   

 

 

フルニトラゼパムが冬になり効くようになった

 

どうにも解せない話である。

睡眠導入剤フルニトラゼパムが初めて処方されたのは今年の1月。

真冬なのにまったく効かなかった。

こんな記事を書いたほどである。

 

 

次の診察で倍の上限量に増量しても効かず、診察の予約を早めてもらって主治医に相談した。

そしてミルタザピン(リフレックスが追加されるに至ったわけである。

 

たまに体調の悪い時に効くことはあったけど、月に一度あるかどうかというくらいだった。

それがこの冬になってから、突然効き始めたのである。

 

中途覚醒は必ずあるので完ぺきとはいえないが、飲むととりあえず眠る。

2時間前後で目覚めるので、その時にミルタザピンを飲むようになった。

ミルタザピンを飲んでからの睡眠時間は、7時間前後で固まってきている。

 

これは好機かもしれない。

 

フルニトラゼパムミルタザピンは時間差作戦で飲んでいたが、一緒に飲めるかもしれないのだ。

それで睡眠時間が7時間前後で済むなら、理想的な作業時間が持てる。

今夜、試してみよう。

  

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】

 

 

 

夜の月と雲

 

私は月を眺めるのが好きなのだが、雲も昼夜を問わず好きである。

トップの画像のように、夜の月が雲に様々な色を与える様は、もはや芸術の域だ。

 

興味のない人には似たり寄ったりの画像にしか見えないかもしれないが、撮影した中から数枚掲載してみよう。

 

夜の月と雲

夜の月と雲

夜の月と雲

夜の月と雲

夜の月と雲

夜の月と雲

夜の月と雲

 

撮影したのはこの3倍はあるが、掲載はここまでとしよう。

実際はグラデーションがもっと繊細で美しい。

でも私にしては、肉眼で見たものに近い仕上がりになったと思う。

 

何時間でも見ていられるが、指が冷え切って動かなくなってきたので中止した。

 

衛星が照らし返す陽光が見せてくれる大気圏内の宇宙。

 

近くて遠い宇宙である。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

 

今日撮影した「今日の画像」コーナー4枚

 

まだやるのか! などと仰せにならず、まずはご覧あれ。

 

いつものようにシラサギを撮っていたら、なんと画像上にカモの集団が写っていたのである。

シラサギとカモ

 

最近近くで見かけないと思ったら下流にいたらしい。

 

しばらくして見てみると、シラサギもカモ軍団のところへ移動していた、

シラサギとカモ

 

相変わらず仲良しで微笑ましいけども、撮りにくい…。

昨年みたいにもっとこっちに来てくれないかな~と思いつつ、デジカメを目から離した瞬間だった。

 

目を疑うとは、まさにこういう光景だろう。

シラサギ2羽とカモ

 

シラサギが2羽いる。

 

え、どっちがどっち? と私の頭は大混乱である。

いつものシラサギは長年1羽で現れていた。

2羽がこんな近距離で着地している姿を見たのは初めて。

 

落ち着いて観察していると、手前の方が胴体がコロっとしている。

いつも見ていたのは奥にいるシュッとした方だと思った、

シラサギ2羽とカモ

 

1枚目のシラサギの佇まいに違和感があったのだが、おそらく手前のシラサギだろう。

よく見ると羽根もやや短いし、口ばしも短い。

かなり若く、もしかしたら夏は幼鳥だったのかもしれない。

まさか…親子?

 

う~む、謎である。

冬のシラサギ同士は仲がいいのだろうか。

餌場争いなどするのだろうか。

 

これはしかと毎日観察せねばなるまい。(作業しろ!)

 

スポンサーリンク

 

 

 

あとがき

 

どちらかというと画像メインの記事になってしまった。

カテゴリは「画像」に入れるとしよう。

 

いやぁ、しかしシラサギには驚いた。

あ、そういえばブラザーがカワセミを見たと言っていた。

もうずっと前から目撃談は聞いているが、私自身は一度も見たことがない。

やっぱり外に出ないとねぇ。

 

でも外に出ると放ったらかしの雑草や枝に目が行ってしまうのだ。

あと最低2回は庭仕事をしなくては。

取り止めがなくなってきたので、今回はここまでにしよう。

 

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ 

 

スポンサーリンク

すべて手づり