web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

フルニトラゼパム減薬の経過とエチゾラム(デパス)の効果

 

フルニトラゼパムエチゾラムの経過 また転倒 画像コーナーも

 

ハグロトンポ

ハグロトンポ 2021年6月29日撮影

 

高齢の父のコロナワクチン接種2回目が日曜日にあった。

副反応を心配したが、翌日37℃台前半の微熱を出しただけで終了。

その日も含め、至って元気に過ごしている。

 

これで我が家の心配事はひとつクリアである。

 

今回は先週の通院後の私の経過を中心に記録する。

 

  

スポンサーリンク

 

  

睡眠導入剤フルニトラゼパムを半減させて1週間の経過

 

先週の診察で、私には効かないフルニトラゼパムを減らすことになった。

www.yamauba.work

 

6月30日に1週間を迎えたが、睡眠はとても順調だ。

 

…というか、順調過ぎる

午後9時には強い眠気を感じ、ブログを書いている途中で寝てしまうという事態が頻発している。

フルニトラゼパムミルタザピンも飲む前にだ。

 

当然ながら短時間の中途覚醒で起きるので、その時に薬を飲んで二度寝する。

フルニトラゼパムは飲み忘れてもいいが、抗うつ薬ミルタザピンはそうはいかない。

起床後に飲む抗うつ薬サインバルタとタッグを組み、カリフォルニア・ロケット療法で何とか現状維持しているのだ。

 

www.yamauba.work

 

本来は夜型人間なのにこの体たらく。

思い当たる原因はただひとつ、季節の変動である。

 

私にとって梅雨から夏にかけてが、もっとも調子が悪くなる季節なのだ。

蒸し暑さだけでも体力を消耗し、夜に涼しくなるとすぐ眠気が襲ってくる。

同じ薬を飲んでいた昨年は…副作用の過眠のせいで生活リズムがったがた、参考にはならない。

 

あ、違うのはエチゾラムデパスを今年は飲んでいることだ。

睡眠導入剤として処方されることもある薬だが、飲み始めて1か月間は、私は眠くなることはなかった。

 

しかしながら自然と身体が弱る季節である。

もしかしたら作用に変化が生じているのかもしれない。

体力の回復には睡眠が1番であることからして。

憶測に過ぎないけど。

 

とにかく、フルニトラゼパム減薬に支障はないことは確かだ。

  

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

  

また転んで右足の筋を痛める

 

ここしばらく転ばなくなっていたのに、やってしまった。

1番上の画像、ハグロトンポを撮影した日だから、先月29日のことである。

 

庭に出たのは撮影だけでなく、雑草取りも目的としていた。

 

昨年は梅雨以降、私が庭に出ることはほぼなく、夏の終わりに出て見ると、私の背丈を超えるベコニアが、裏庭へ通じる道にみっしりと咲き誇っていたのだ。

あれくらいにまでなると、さすがに手出しをする気が失せる。

 

そこで今年は、育ち始めたベコニアの茎を見つけて、早めに駆除する作戦に出た。

幸い、ベコニアは引っ張れば根っこまでついてきて、とても抜きやすい。

小雨混じりの日は土も柔らかくなっているから、駆除には最適である。

 

ドクダミは、地中に伸びた根から抜き取らなくてはならないので後日。

 

29日はわりと調子が良く、通路面に出始めたベコニアを次々と抜き取り、裏庭のフキの葉しかないところに投げ捨てる。

ちょっとワイルドではあるが、身体の負担が少なくて済む。

 

予想以上に多く生えていて、何度も抜いては少し歩き、投げ捨てるという動作を繰り返していた。

 

その何度目かで、投げ捨てた後に振り返った瞬間、バランスを失ったのである。

左側に大きくよろけて尻もちをついてしまった

 

でも柔らかい土の上の、背の低い雑草がクッションになり、腰に痛みが走るほどの衝撃はなかった。

安心して作業を開始したが、なぜか右足に違和感が

太ももの裏の筋が痛み出したのだ。

 

どうやら右足で強く踏ん張ったまま転んだらしく、筋が伸びたというか、そんな感じである。

最近はふらつくことが少なくなり、すっかり油断していた。

 

当日から湿布を貼り、今日で4日目。

最初は筋の痛みに連動して腰の痛みもあったが、今は筋の痛みだけが残っている。

家の中を歩く分には問題ないし、階段も右足に負荷をかけないよう上り下りしていれば平気だ。

 

スポンサーリンク 

  

エチゾラムデパスの効果も多分にあると思う

痛み止めを飲むという発想に至らないのがその証拠。

 

それに3ヵ月前は立ち上がることができず、家の中を這いずり回っていたことを思えば、雑草取りをできるまでになったのだから、たいした回復ぶりである。

 

しばらくは右足を大事にして、次の通院はまた片道だけでも徒歩で行きたい。

 

スポンサーリンク

 

 

6月の画像を出し切る「今日の画像」コーナー

 

本当は昨日更新するはずだったこのブログ。 

眠ってしまったので7月最初の投稿は本日2日になってしまった。 

 

掲載するおもな画像は小雨が降ったり止んだりの悪天候だった29日と、晴れ間が多かった30日の画像である。 

 

まずは2階の自室から撮影した庭の木から。 

以前掲載した赤っぽい蕾から白い花が咲き始めた。 

アベリア

 

次は庭へ下りて近くから撮影した画像。

調べたらすぐわかった。

アベリアという名前である。

アベリア

アベリア

木の大きさのわりに花は細かく、正面から見るとヒトデの形で、横から見るとラッパのような形に見える。 

 

次はアベリアの手前で、ちょっと低い木に黄色い花が咲き始めた

 

庭の木の黄色い花

庭の木の黄色い花

咲き始め過ぎるので、もう少し咲きそろってから名前を調べよう。 

 

ガクアジサイに更なる色の変化が。 

ガクアジサイ

ガクアジサイ

薄っすら青みがかっていた外側の花びらが、今度はピンク色に染まろうとしている。

 

そして散った花びらや雨粒を乗せたガクアジサイの葉

ガクアジサイの葉

青い点々がガクアジサイの花びらである。

この時期ならではのしっとり感。 

 

ちなみに空はこんな感じだった。 

雨空

本当に薄暗い日だった。

 

明けて30日の画像。

まずはいつもの風景から。 

いつもの風景

日差しが強く、右足を痛めた翌日だったので、おとなしく部屋の窓から撮影した。 

 

正面の空はとても爽やか。 

昨日の空

 

夕方には夕焼け色の雲も見られた。 

夕焼け雲

 

そして、いつ撮ったのかわからない月の画像もあった。 

いつかの月

26・27・28日のいずれかである。

 

ということで、6月の画像はめでたく出し切った。

次からは7月の画像になる。

 

期待せずにお楽しみに。

 

スポンサーリンク

 

 

 

あとがき

 

また足を痛めるハプニングはあったものの、今回は闘病記録と画像コーナーという比較的ゆる~いブログになった。

 

悪天候はしばらく続きそうである。

明日は雨が止んだ頃を見計らって、庭に出てみるつもりだ。

 

ベコニアの花はね、嫌いなわけではないのよ。

去年だって咲いているのを見て、抜けなかったんだし。

でも通路ばかりか庭の植物に混じって咲いてて、去年は彼岸花が咲かなかった。

ドクダミかベコニアの生命力のせいだと思う。

 

ベコニアは結局はどこかで咲くし、ドクダミも増え過ぎ。

足の具合と相談しながら、徐々に進めていくつもりだ。

真夏の太陽になる前に。

 

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク