web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

片づけの状況とファンタジー小説『ペンギン・ハイウェイ』の感想

 

ゴールの遠い片づけと森見登美彦作『ペンギン・ハイウェイ』の感想

 

ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦

 

前回のブログに書いた通り、昨日から部屋の片づけを行っている。

 

www.yamauba.work

 

セルフネグレクトにとっては褒められてしかるべき行為である。

 

今回はそんな私の片づけの状況と、森見登美彦さんの『ペンギン・ハイウェイ』の感想などを記したい。

 

 

 

 

なかなか進まない部屋の片づけ

 

これは決して読書をしたからではない。

第一に腰、第二に右手首の痛みをかばっているせいである。

 

昨日、立ち上がって3分もしないうちに腰が痛くなった。

片づけといえば、ほぼ前傾姿勢なためだ。

それからは座り、手の届く範囲を片づけていった。

 

昨日は3時間弱、今日は2時間余り作業し、全体の5分の1は整理された……というのは、言い過ぎかもしれない。

 

具体的にどういう状況かというと、空き巣被害に遭い、警察官に「かなり荒らされましたねえ……」と同情されるレベルの片づき方だ。

要するにゴールは途方もなく遠いのである。

 

でも少しずつでも進むことが大事と心得る。

 

一応、ゴールは夏と定めておこう。

 

森見登美彦作『ペンギン・ハイウェイ』の感想

 

ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦

 

とても面白かった。

ファンタジー小説なのだが、主人公の少年が個性的で面白く、目が離せない感じで最後まで読み切った。

 

ある日、住宅街の空き地にペンギンたちが現れる。

その後もペンギンたちはあちこちに現われるようになり、研究好きの少年は研究を始める。

 

情景描写がわかりやすくて鮮やか。

ペンギンたちの描写はとにかく可愛らしい。

他の登場人物もそれぞれ個性的で飽きない。

 

ちょっぴりせつなくもあり、それでも読後感は爽やかだった。

森見登美彦さんの作品を呼んだのは初めてだったが、他のも読んでみたいと思わせる力のある作品だ。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

本はクライマックス手前まできていたので読んだ。

読まなくては片づけられないので、これも片づけの一環である。

と、無理やり主張しておこう。

 

仕事と並行しつつ、片づけもやっていくことになりそうだ。

 

どうか心が折れませんように。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク