web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

鷺沢萠著『葉桜の日』『果実の舟を川に流して』と闘病記録

 

鷺沢萠作品との鮮烈な出会い 少しの闘病記録

 

鷺沢萠 葉桜の日 果実の舟を川に流して

 

右手をねんざして4日目になる。

痛む部分が手首外側に固まってきて、腫れも幾分引いたようだ。

ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました。

1週間ほどで治るのではないかと、本人は楽観的に捉えております。

 

そのような次第で、今回は読書の話と、闘病について少しばかり記録を。

 

 

 

不安定要素ありも不安定にならず な闘病記録

 

一昨日、アルツハイマー認知症の父絡みのことで、不安定要素になり兼ねない出来事があった。

思い出したくないので詳細は書かないが、私にとってはかなりのダメージである。

 

でも鬱(うつ)に直結するような、精神バランスを崩した状態にはならなかった。

 

喜ばしいことではあるものの、原因がわからない。

考えられることとしては、私がダメージに耐性を持ったか、右手首が痛くてダメージが薄れたか、そんなことしか思い浮かばないのだ。

 

何にしても、鬱の沼に沈みこまなくてよかった。

 

睡眠もかなり改善されたし、このままの調子を保っていきたい。

 

目指せ、現状維持! である。

 

スポンサーリンク 

 

鷺沢萠著『葉桜の日』『果実の舟を川に流して』を読んで

 

鷺沢萠 葉桜の日 果実の舟を川に流して 目次

 

予感はしていた。

ブログ仲間さんが好んで読まれる鷺沢萠(さぎさわめぐむ)作品。

その感想を聞くにつけ、私もきっと引っ張り込まれるだろうと。

 

結論から言うと、引っ張り込まれるどころではなかった。

私の感情を大きく揺さぶってくれた。

竜巻のようにいくつも空へ巻き上げられた感情は、簡単に元の姿には戻ってくれない。

いまだ空中にザワザワと点在し、私の奥にある「ほんとう」を刺激し続けている。

 

真実や事実でなくても「ほんとう」はある。

 

みんな、自分が誰かなんて判ってなくて、淀んだ流れの中でも沈んだり浮いたりしながら、小さく不安定な舟に身を委ねているのかもしれないね。

でも、止まっているように見えても、やがて舟はみんなを海へと連れて行く……。

 

葉桜の日』と『果実の舟を川に流して』をツギハギしてしまった。

この2作品は私にとって、切り離せない双子のような存在になった。

 

 

メロウでたおやかなヒューマンストーリー。

彼女の作品をもっと読みたい。

 

時間はかかるだろうけど、絶対に実現させたいと思う。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

今回は音声入力なし、パソコンのキーボード入力のみで記事を書いた。

その代わり、タッチパッド機能を酷使している。

右手首の具合から言って、マウス操作が難しいためだ。

何とかなるものである。

 

ただし、長文はまだ無理だ。

音声入力でも同じ。

 

1日も早く治し、またキーボードを自由自在に連打したい。

 

次は大河ドラマの感想記事だ。

どうなることやら。

 

それではまた。

 

読んだらポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク 

 

インスタグラムはじめました→ https://www.instagram.com/yamaubablog/