web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

「読書の秋」きしべのあざみさんと高校生作家きいらすさんの著書紹介

 

読みたいのに読めない最大の理由は… オススメの本情報!

今週のお題「読書の秋」

 

未読の本の一部

未読の本の一部

 

本のお題は書かないわけにはいかない。

はてなさん、ありがとう。

 

自分の本の宣伝は最小限にするつもりである。(しないとは言わない!)

なので、どうぞ最後までおつきあいください。

 

 

スポンサーリンク

 

未読の本がたくさんあるのに…読めない最大の理由

 

本がたくさんある理由

 

上の画像は現在所有している中で、まだ読んでいない本の一部である。

押し入れの出しにくいところにも置いてあるので、少なく見積もっても、この5倍はあるのではと推測される。

 

なぜ自分のことを推測しなくてはならないのか。

それは前回も少し触れた、平成のブラックアウト期間が影響しているためだ。

 

ある日、私の立派な本棚2つを家族が売ることを決めた。

元々自分の部屋に置いていたが、新築した部屋には置く場所がなくなり、プラザーの作業場に置いていたせいである。

 

何年前かはわからない。

暑い季節だったことだけ記憶している。

 

本も売ると言われ、慌てて未読やお気に入りの本を自室の押し入れに避難させた。

でも全部避難させることができたかは自信がない。

体調が最悪な私には重労働だった。

 

とにかくである。

元気な頃に毎日のように本屋巡りをし、未読の本がないと心が満たされなかった。

でも調子が悪くなるにつれ、本を読むことすらできなくなり、未読の本が増える一方だったのだ。

 

お気に入りの本は何度でも読み返す。

漫画も本も一緒である。

 

昨年から読書ができるようになり、読み返したい本が何冊もあるのだが、あるかないかを確認できずにいる。

まあ、あっても未読の本を優先させるだろうけど。

 

そんな風に、できなくなっていたことが、少しずつできるようになってきている。

今年は電子書籍の出版までできた。

まだ実感がないのが残念ではあるが。

 

スポンサーリンク

ギフト券 の 売れ筋ランキング

 

読書ができない最大の理由

 

部屋の電気がつかないせいである。

パソコン仕事は問題がないが、さすがに本は読めない。

 

天上にくっついたタイプの照明で、交換する度に1番大きい脚立を2階まで運ばなければならないのだ。

しかも部屋の真ん中にあるので、テーブルなどを除ける必要がある。

どうしてこんな面倒なことになったのか、経緯が思い出せない。

 

でも、もはや経緯などどうでもいいこと。

これからどうするかだ。

 

卓上ランプなどは持っているけど、すぐ電球が切れる。

新品でなくてもいいので、LEDの卓上ライトを買おうかと考えている。

パソコンのキー操作は見えなくてもできるが、やはり目には良くないだろうし。

それなら夜の落ち着いた時間に読書をすることができる。

 

なんか、とても頭の悪い話をしている。

でもやっと、自分の部屋を明るくしようかと考えられるようになったのだ。

 

私にとっては大きな進歩である。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸! 

 

オススメな本の紹介 きしべのあざみさん著書

 

私のブログではお馴染みとなった作家のきしべのあざみさん。

不思議な話、怖い話などを綴った『ささやきごと』という短編集をシリーズで出版されている。

 

『ささやきごと』

amzn.to

夜のささやき声から
おもしろい話しを拾って来ました
ほんとうのことなのか
作り話しか
真意はわかりませんが
おもしろい話しには違いありません

風のざわめきに
かき消されたり
途絶えがちなささやきを
短編集にしてみました
眠れない夜の子守唄
どうぞ聞いてください

引用:ささやきごと (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社) | きしべの あざみ |本 | 通販 | Amazon

 

きしべのあざみさんの世界観が大好きな私。

10篇の物語をとてもテンポよく拝読できた。

 

中には、心に沁みる素敵な抒情詩もあり、著者の内面の豊かさを窺い知ることができる。

物語ごとの世界観に浸ると、まるで自分が万華鏡の中に入ったかのような感覚になった。

 

皆さんにもそんな気分に浸っていただきたい。

 

『さやきごと 2』

 

amzn.to

ささやきごとは、夜のしじまに風音に混じって聞こえる噂話や、怪談、夢の中のような不思議な話を拾い集めました。嘘か本当かわからない話ばかりですが、どこかでは必ず起こっているのだと、確信しています。聞こえてこなくなるまで、シリーズは続きます。

引用:ささやきごと2 | きしべの あざみ | 小説・文芸 | Kindleストア | Amazon 

 

怖い物語もある中、やはり読後感のあたたかさこそ、きしべのあざみさんの魅力だと再確認した。

 

特に『酩酊』は傑作!

声を出して笑ってしまったほどである。

いつも一気に読んでしまい、勿体なかったと後悔をする。

一つ一つのお話をじっくりと読み直すのも、恒例の楽しみ方になった。

 

「シリーズは続きます」とのことなので、続編を待ちわびている。

 

これまでの紹介記事ときしべのあざみさんのブログ

 

過去に、きしべのあざみさんの著書をご紹介したレビュー記事はこちら。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

素敵なファンタジー作品ばかりなので、是非ご一読を。

 

また、きしべのあざみさんのブログはこちら。

 

azamibrog.hateblo.jp

 

全国各地の山岳信仰を解説されていて、現在は『家一軒丸ごと整理する』というタイトルで、不要品の処分や断捨離の様子を綴られている。

今なら、未発表の短編小説を読むことができるので、是非、遊びに行って楽しんでいただきたい。

 

スポンサーリンク 

 

オススメな本の紹介 高校生作家きいらすさん著書

 

新進気鋭。

現在、高校生の” きいらす ”さんの著書をご紹介する。

 

不登校は武器である』

www.amazon.co.jp

学校では「協調性のある人間」を育み評価していますが、現代社会では「個性のある人間」が最強です。学校へ通い、協調性のある人間を目指し、自分たちの「個性」をなくす時代は終わりました。

自分をさらけ出し、個性を高め、やりたいコトに次から次へと挑戦する。
それこそが、令和という新しい時代の生き方なのです。

学校教育の問題点、これからの教育の在り方、令和という新時代の歩き方、学校との上手い付き合い方などを、当事者である中学生がトコトン解説!

学生に限らず、社会人の方でも楽しめるビジネス新著!

引用:不登校は武器である | きいらす | ビジネス教育 | Kindleストア | Amazon

 

こちらは、きいらすさんが中学生の時に書かれたビジネス新書である。

 

不登校児だった私はとても興味深く拝読した。

通信簿に書かれ続けた言葉は「協調性がない」だったので、共感する部分が多い。

また、新たな概念に触れることにより、罪悪感しかなかった過去は、固定観念に捉われたものだったと確認することができた。

 

不登校の皆さんは、普段からなかなか思っていることを言えないし、言葉にすることすらできない人も多い。

本の中には真っ向からぶつかり、奮い立たせてくれる文章であふれている。

是非、ご一読いただきたい。

 

『努力の再定義』

amzn.to

高校生作家による「努力」改革!

人は何かを成し遂げようと決心したときや、新しいチャレンジをする際なんかは「頑張ろう」という言葉をよく使いますよね。

でも「頑張る」って、冷静に考えたらかなり曖昧な言い方ではないでしょうか?

 ― 略 ― 

もちろん努力に絶対的な正解はないですし、絶対的な不正解もないでしょう。
ただ「頑張ること全てが正解ではない」と僕は主張したいです。

頑張っても結果が出ない人と、頑張って結果が出る人の違いとは?

「頑張り」や「努力」に関して、Kindle作家でもある現役高校生が日頃から考えている持論を展開!

コロナ禍の今だからこそ「努力の再定義」を!

引用:努力の再定義 | きいらす | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon 

 

こちらも、なかなかセンセーショナルなタイトルと内容である。

 

きいらすさんのロジックは、基本、合理的で無駄がなく、読者を圧倒する力強さと真っすぐさに満ちている

おばさんには眩しいくらいだが、読後感の清々しさは彼の大きな武器でもある。

「努力」を再定義しようなど、一体誰が思いつくであろうか。

 

いまだ人々を支配している固定観念を、根底から覆すことは相当の気概がなければできない。

誰もが一度は疑問に思ったり、モヤモヤした気分になったりしたことがある事象を、きいらすさんはしっかりと言葉で表現してくれている。

前作同様、伝わる熱い気持ちがある本だった。

 

『1万円革命』

www.amazon.co.jp

【初のKindle著書で印税1万4千円を達成した高校生作家の新著!】

中学校を卒業する直前、今年の3月に『不登校は武器である』を出版しました。

人生で初めて自分の商品を作り、販売し、お客さんに喜んでもらいつつ「1万円」という金額を初めて稼ぐことができました。
多くの人は、労働の対価として給料を貰っているので、お金を「作る」というより「貰いに行く」という形ですよね。

そもそもKindle出版のようなビジネスが目に入ったとき、大半の人が口にするのは「怪しい」だったり「銭ゲバ」といった否定的な意見ばかりです。

日本人の多くはお金儲けが嫌いですからね。

しかし僕は「自分でお金を作る」ということが何よりも重要なのではないかと考えています。
自分でお金を作るという経験を一度でもしておくことで、世の中の仕組みを少なからず理解できるからです。

Kindle出版などの多様なビジネスに挑んでいる高校生作家が、インターネットで最初の5桁を稼いだ方法と経験を語り尽くす!
お金が集まる人と、そうでない人の決定的な違いとは!?

引用:1万円革命 高校生がインターネットで最初の5桁を稼いだ秘訣 | きいらす | ビジネスマナー | Kindleストア | Amazon

 

こちらは28日発売予定の新作である。

拝読するのが楽しみで、もうワクワクしている。

Kindle本を出版した身として、他人ごとではないわけだし。

 

上の商品ページに目次も掲載されているのだが、それを拝見しただけでも私はまだ甘いと思い知らされた。

ご紹介しつつも、私が1番楽しみにしている。

 

きいらすさんのコミュニティとブログ

 

きいらすさんはサークルを主催されており、私も仲間入りしたばかり。

 

 

note.com

 

とても誠実に、精力的に活動されている。

私も見習わなくては…との思いから、入会の運びとなった次第。

私も! という方は、是非、きいらすさんとコンタクトをお取り願いたい。

 

そして、きいらすさんのブログはこちら。

 

kiirasu.com

 

何やら貴重な記事がたくさん……こちらにも是非、足を運んでいただきたい。

 

スポンサーリンク

 

佐藤亜子著 『ホラー短編集 深紅 Deep Crimson 1』

 

ここはサラッといこう。

著者初のホラー短編小説、『極秘事項』と『病み垢の泉ちゃん』の2作品を収録!

『極秘事項』
巨大工場で起こる怪現象が問題になり、お祓いをすることになった。女子社員が1人もいない深夜に、複数の女性の笑い声があちこちで響くというのだ。庶務課の同期で同じラグビー部員の関川と吉岡は、三好課長の指示でお祓いに関する担当者となる。お祓いは内部の社員にも秘密裏に執り行われる『極秘事項』だった。霊の存在を信じていない関川に、吉岡はある事実を明かす。病で休職中の先輩、柴田の部屋を訪れる2人。そこで吉岡が見たものとは……。屈強のラガーマン、関川を待ち受けていたのは、おぞましく強力な怨霊との闘いだった。怨霊の正体とは? 関川の運命は……。本格的王道ホラー。

『病み垢の泉ちゃん』
ファッヘラ(ファッションメンヘラ)女子の危険な遊びから事件は始まる。ツイッターヤンデレ仲間がリスカの真似事をし、画像をアップしたのだ。催促され、綺羅(キラ)は面倒だと思いながらも参加し、皆から喝采を浴びる。すると、綺羅に憧れる『病み垢の泉ちゃん』が、自分もやると言い出した。長く待たせた末に、彼女がアップしたのは、手首から血が大量に流れる衝撃の画像だった。「たすけて」とツイートしたのを最後に、彼女はアカウントを削除し、ツイッターから姿を消す。それから3日後、異変が起きる。イタズラを疑っていた麻耶という仲間に、彼女からDMが送られてきたというのだ。しかし「ちゃんと最後まで読んでくる」と言い残し、その後、麻耶がツイートすることはなかった。翌日、麻耶は衝撃の行動をとる。連鎖するように異変は続き、綺羅たちは心理的に追い込まれていく。本当に泉のイタズラなのか、その目的は何なのか……予想外の展開を迎え、狂気に満ちた深紅の逆転劇が加速する。ツイッターを舞台にした心理サスペンスホラー

引用:ホラー短編集 深紅: Deep Crimson 1 | 佐藤亜子 | 小説・文芸 | Kindleストア | Amazon

 

全然サラッとじゃない?

……さもありなん。

 

現在、ファンタジー作品を執筆中なので、2冊目まではしばしの猶予を頂戴したい。

どファンタジーのつもりが、サスペンス要素が入ってしまっている。

心理ホラーが好きだからなんだろうな。

 

それまでは……どうか上の作品を読んでいただきたい。

切実にお願いします。

あまり怖くないです。

よろしくお願い致します。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

前半の本が読めない理由とか不要だったと後悔している。

が、自分の記録として残したいので、このまま投稿しよう。

 

私以外のお2人は本当に素晴らしい作家さんである。

是非とも応援していただき、ついでに私も応援していただけたら幸い。

皆さんに楽しんでいただけるような作品を書けるよう、日々精進して参る所存である。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


メンヘラ日記ランキング

 

スポンサーリンク