web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

ライター復帰の予定がトラウマに襲われて頭を冷やした話

 

今週のお題「冷やし◯◯」トラウマ恐るべし 頭を冷やした話

 

ブルーベリーの実と青空

 

「冷やし○○」という言葉は、案外少ない。

 

そんなわけで、「頭を冷やした」話をしようと思う。

 

前回のブログで、ライターに復帰すると語ったが…。

 

www.yamauba.work

 

昨日、一昨日、復帰の腕試しをしていて、気づいたことがある。

 

それが、頭を冷やすきっかけとなった。

 

たいした話ではないが、今週のお題に関連付けて記録しておこう。

 

 

 

 

腕試し 挑んだまでは よかったが

 

ライター業を休んでからは、ブログは書いていた。

仕事の時のような文章とは違うし、目線も自分視点。

 

仕事で書く記事は、多くの場合、第三者視点である。

 

こんな自由気ままに好きなことを書くなんてケース、100%ないのだ。

 

私が拒食症で死にかけ、ようやくライターを休業したのは、もう3年も前の話。

腕が鈍っていないはずがない。

 

ということで、まずは腕試し。

 

古巣へ戻り、適度な記事作成に挑んだわけだ。

 

やっぱり鈍ってたね~。

 

300~400文字程度の説明文が、スッと出てこない。

もちろん下調べが必要なのだが、その調べ方もガッタガタ。

200文字程度が限界で、それでも納得のいくレベルのものではなかった。

 

途中でリタイアしても、クライアントに迷惑のかからない方式なので、できるところまでやってみようと、その後はもう意地の塊。

 

でもね、ふと勘が戻ってくる瞬間もあり。

 

そのうち調子が上がってきて、「お、イケる」と確信を持つ瞬間も訪れる。

 

そして、その先に待っているのは…。

 

スポンサーリンク 

 

トラウマだ 二度とご免よ 拒食症

 

勘が戻り、調子よく記事を書き始めた途端、襲ってきたのがトラウマ。

 

文字通り、本気で寝食を忘れ、拒食症にまでなってしまった真夏の記憶である。

 

そこで文字を打つ手が止まった。

 

私のことだから、きっと愚行を繰り返す。

集中力が優れているのならいいが、命の危険を察知できないほどの集中力は要らない。

自己管理ができないのなら、同じ仕事に復帰すべきではない。

 

そう思った。

 

そう思いつつ、未練がましく他の古巣の募集内容を眺めていた。

ある案件に目が留まる。

 

固定ジャンルの小説を書くというもの。

 

よ~く考えた。

応募がかかるくらい需要のあるジャンルならば、自分で勝手に書いて、Kindle本を出版すればよくないかと。

 

正直な話、今書いているホラーより、断然、自信がある。

 

自分でやることのメリットは、期限がないこと。

自分の好みでない指定項目がないこと。

何より、稼ぎは全部自分のものになるということ。

 

これ、思いついたからには、やってみる価値アリだと思う。

 

何のジャンルかは、ひ・み・つ である。

ライバルは少ない方がいいに決まっているから。

 

そんな次第で、ライター復帰は一転し、作家活動続行ということに相成り候。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

つまり、トラウマに襲われて頭を冷やした、という話であった。

途中から、お題そっちのけになってしまい、申し訳ない。

 

Kindle本、出版しても告知しないかもしれないな。

佐藤亜子とは作風が違うし、名前も変える予定だし。

 

佐藤亜子が元々、私から離れ過ぎていたのだ。

何せ、初挑戦のホラーで作家デビューしちゃったんだもの。

自分でもびっくりよ。

 

そんなこんなで小説家を続行することにした。

 

ブログは滞りがちになるかもしれないが、それも最初だけ。

 

8月中に新ジャンルの新作、発売します。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!