web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

「○○しない」闘病のための目標 エチゾラムとミルタザピン

 

今週のお題「今月の目標」闘病のための目標3点

 

庭で咲いたホトトギスの花

庭で咲いたホトトギスの花 2021年10月2日撮影

 

久々に、はてな今週のお題に乗ってみよう。

 

私の場合、「○○する」というような前向きに頑張る目標はプレッシャーになり、闘病にストレスという悪影響を及ぼす。

なので、「○○しない」を目標に掲げたい。

 

わかりやすく例えると、「夜更かししない」とか「遅刻しない」とか「忘れ物をしない」とか。

大人としては、かなりハードルの低い設定になっていることを、予めご了承願いたい。

 

それでは、「今月の目標」いってみよう。

 

 

 

unlimited会員なら対象の電子書籍を読み放題!

プライム会員でなくても30日間無料体験で利用可能!

 

目標1 調子に乗って動き回らない

 

足腰の話である。

いつも治りかけに、調子に乗ってやらかすことが多い。

 

今年、まともに歩けた期間は、トータルで1ヵ月前後だと思う。

徒歩で通院したのは1回……だけだな。

正確には行きだけが1回と、帰りだけが1回。

 

なんというていたらく。

フレイルどころでないことは確かだ。

 

だから、これ以上、悪くなるわけにはいかない。

銀行や市役所の用事や、買い物にも歩いて行けるようになりたい。

今年、残すところ3ヵ月足らずの間で、なんとか回復させたい。

 

前回もちらっと書いたけど、現在は伝い歩きをせずとも歩けるようになった。

家の中と、庭を少しだけ歩いている。

 

回復が遅いのは仕方がないので、大事に治していきたい。

 

スポンサーリンク 

 

目標2 就寝前の薬を飲み忘れない

 

今月こそは。

先月は一度、誓っておきながら、すぐに飲み忘れをやらかした。

次の記事でも少し触れている。

 

www.yamauba.work

 

エチゾラムデパスはまだいい。

1日3回飲むうちの1回だから。

 

飲み忘れてならないのは、抗うつ薬ミルタザピンである。

最初は、どの睡眠導入剤でも不眠が解消せず、その代わりとして処方された薬だ。

通常、抗うつ薬は1人の患者に対して1種類だけ処方される。

 

もう何度か書いているが、私の場合は、朝食後に飲むデュロキセチン(サインバルタと2種類処方されているのだ。

カリフォルニア・ロケット療法と呼ばれるものである。

 

www.yamauba.work

 

手応えとまではいかないものの、実感として、自分に1番合っている治療法だと感じている。

鬱(うつ)が現状維持を保っているからだ。

 

私の場合、うつ病と複数の不安障害(睡眠障害や社交不安障害など)、それに解離性障害のおまけ付き。

希死念慮は小学生の頃より持ち続け、現在はどうにか飼い慣らしている状態だ。

 

冷静に自分の状態を考えてみると、生きているうちに治ることはないだろうと、すんなり受け入れられる。

絶望や悲しみなどは、いくつも越えてきた修羅場とともに過ぎ、きれいさっぱり感じなくなっているのだ。

 

だから現状維持なだけでも上等だと思える。

 

ちょっと重くなった。

要するに、現状維持のためにも、ミルタザピンの飲み忘れを防止せねばならない。

 

それだけの話である。

 

スポンサーリンク

 

目標3 生活のリズムを崩さない

 

長~いこと夜型人間で、寝るのは早朝だった私が、1回半くらい回って昼型人間になった。

 

要因として、エチゾラムの処方を受けたことが挙げられる。

 

www.yamauba.work

 

最初は副作用の眠気から、過眠傾向になってしまったが、5月辺りはそれにもすぐ慣れた。

 

じゃがしかし!

 

夏には午後8時を過ぎると眠くなるという、夜型人間の風上にも置けない状態が続いたのである。

暑くて血の巡りがよくなるのか、昔から、夏は薬が効きやすい傾向にあった。

夕食後に飲むエチゾラムの眠気が原因である。

 

そこで、エチゾラムを夕食後ではなく、就寝前にミルタザピンと一緒に飲むことにした。

主治医の承諾も得ている。

 

以前よりは眠気は薄れたが、それでも夜の早い時間に眠くなることが度々あり、ミルタザピンの飲み忘れに繋がったのだ。

 

眠れるなら薬は要らないのでは? と思われる方もいらっしゃるだろう。

だが入眠できるだけで、眠りの質精神の安定にいい作用を及ぼさない。

短時間で目が覚めるし(中途覚醒)、眠っていても緊張感と不安感から解放されることがなく、起床した時から疲労感と倦怠感があるのだ。

当然、頭はボーっとした状態が続く。

 

こういう時は希死念慮が少しばかり強くなる。

睡眠導入剤抗うつ薬としてのミルタザピンの重要性を示すものだ。

 

涼しくなってからは、夜早くに急激に眠気を感じる頻度が激減した。

日付けを越えても眠くならない日が多くなったのである。

 

そうなると、今度は自己管理が問題になってくる。

コスパならぬ、タスパの管理だ。

私はこれがとても苦手で、調子がいいと何時まででも書きものに夢中になってしまう。

このままでは夜型人間に逆戻りだ。

 

だから強制的に就寝前の薬を飲むようにしている。

どんなに夜中に調子がよかろうと、起床後の頭がスッキリした状態のパフォーマンスの方が効率がいい

これは健康な人にも言えることだろう。

 

今後も、夜はなるべく早く寝るようにしたい。

 

そして生活リズムを確固たるものにしたい。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

今は何でも闘病中心なので、面白くない真面目な記事になった。

普段が面白いかどうかは別として。

 

でも、こうして書くと、自分に再認識させることができる。

  1. 調子に乗って動き回らない
  2. 就寝前の薬を飲み忘れない
  3. 生活のリズムを崩さない

これだけ見ると、当り前で簡単そうに見えるが、心身の健康があってこそ可能になるものと考える。

 

その中心となるのが質のいい睡眠だ

 

私には薬なくしては不可能なもの。

季節にも左右され、生活のリズムを整えるのは難しい。

 

でも目標にして、全てをかなえたいと強く願っている。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


メンヘラ日記ランキング

 

スポンサーリンク