web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

「好きなアーティスト10選」最近よく聴くアーティストを選んでみた

 

好きなアーティスト10選! 洋楽・邦楽~クラシック

はてなブログ10周年特別お題「好きな◯◯10選

 

好きなアーティスト 10選 洋楽 邦楽 クラシック

 

はてなの10周年特別お題がまだ募集されていたので、再度、挑戦する。

最初の記事はこちら。

 

www.yamauba.work

 

ごく一部、被ったアーティストがいるが、今回はハードロックは無しにした。

事あるごとに紹介して来たし、他にも聴いている音楽がたくさんあるためである。

 

私は音楽に関してはとんでもなく雑食であることを、予め申し上げておく。

また、文中の敬称はすべて略す。

 

それでは、一貫性など存在しない「好きなアーティスト10選」…Here we go!

 

 

 

 

 

ルイ・アームストロング ジャズ界の巨匠

 

ルイ・アームストロング

画像はアレクサのパソコン上の操作画面のキャプチャである。

 

ルイ・アームストロング独特の渋い声と、穏やかで洒落たジャズのメロディが昔から好きだった。

優しく包み込まれている気分になるのだ。

その熱が、東京2020パラリンピック大会の閉会式で再燃したのである。

 

まだ記憶に新しい『What A Wonderful World(この素晴らしき世界)』の感動。

 

www.yamauba.work

 

上の記事に、「どんな状況下でも『What a wonderful world』と口ずさめる人間になりたい」というようなことを書いた。

あれから、心の中で何度も口ずさんでいる。

改めて言うまでもなく、本当に名曲だ。

 

他にも素晴らしい曲がたくさんあるので、是非、聴いてみていただきたい。

 

レディー・ガガ 私にとっては女神ガガ様

 

レディーガガ

 

パワフルで圧倒的なパフォーマンスを披露するレディーガガ、実はとてもキュートで誠実で奥ゆかしい女性である。

そのギャップがたまらない。

 

親日家としても知られ、被災地に常に心を寄せてくれている。

 

メッセージ性の強い歌をクールに歌い上げる声は、映像がなくてもとても魅力的だ。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸! 

 

ジャスティン・ビーバー 成長した表現力の幅広さ

 

ジャスティン・ビーバー

 

6月の「私のプレイリスト」でも取り上げたジャスティン・ビーバー

 

www.yamauba.work

 

最初はただ声が耳に優しくて聴いていた彼の楽曲。

いろんな年代の作品をシャッフル再生していると、どんどん声の表情が豊かになってきていると感じる。

最近の声はとてもセクシーで、せつないメロディがよく似合う。

まあ、どんな曲調でも歌い上げてしまうわけだけども。

 

この熱はしばらく続きそうだ。

 

ヴィクトリア・モネ 一発で歌声に惚れたアーティスト

 

ヴィクトリア・モネ


やはり、声に惚れて聴くようになった女性アーティストのヴィクトリア・モネ

 

彼女も楽曲ごとに違った声の表情を見せてくれる。

クールだったり、情熱的だったり、しっとりしていたり。

どの歌声も聴いていて心地いい。

 

どれくらい人気の人なのかなど、詳しいことはほとんど知らない。

私が好き。

それでいい。

 

パット・メセニー ジャズ界の名ギタリスト

 

パット・メセニー

 

名ギタリストにしてパット・メセニー・グループのリーダー

こちらは、もろにマイブラザーの影響である。

 

よく聴いているので、時々私も耳にし、心地よいサウンドに魅せられた。

聞きかじりの知識しかないので多くは語らない。

 

ただ、ギターがとても素晴らしく、優しい女性ヴォーカルの声も心地いい。

(もちろん、中にはパットメセニーのソロ曲も含まれる)

それだけ伝えたかった。

 

スポンサーリンク

 

 

椎名林檎 才女が紡ぎ出す至極の世界観

 

椎名林檎

 

もう大好き。

椎名林檎が歌い出すと世界が変わる。

浮遊感、胸の痛み、空虚、疾走感、刹那、孤独、共感、希望。

まさに変幻自在だ。

 

聴き入ってしまうので、BGMになんてできない。

聴く時はいつも本気である。

 

cero 思わず踊りたくなるクールなポップバンド

 

cero

 

私は『Summer Soul』から好きになったので遅い方だと思う。

cero の曲もまた独特の世界観がある。

とにかく踊りたくなるのだ。

気づくと、いつも裏で拍子をとっている。

 

ポップはポップだけどジャンル分けがよくわかっていない。

リズムと歌声が心地いいのは確かだ。

 

Ado 迫力と繊細さを同時に発揮する天才シンガー

 

Ado

 

やはりね、今回も欠かせなかった。

Ado は聴き入ってしまって、何もできなくなるくらい惹きつけられる。

取り上げるのは4~5回目になるので紹介文は省略。

 

こんな風に歌えたら気持ちいいだろうなぁと思いつつ、聴く時はひたすら聴いている。

私のAdo熱はしばらく冷めそうにない。

 

スポンサーリンク 

 

大野雄二 ルパン三世のテーマが聞きたいならコレ!

 

大野雄二 ルパン三世のテーマ

 

いつかも取り上げたけど、私はルパン三世のテーマが大好き。

ルパン三世のテーマといえば大野雄二である。

 

シャッフル再生を頼むと、バージョン違いのルパン三世のテーマが次々と再生される。

私のお気に入りはジャジーなテーマ曲。

カッコいい、とにかくカッコいいい。

 

私くらいだろうな……ひたすら同じ曲を聴き続けるのは。

 

辻井伸行 世界で活躍する盲目の天才ピアニスト

 

辻井伸行

 

同じ曲でも奏者によってガラリと表情が変わるクラシック・ピアノ曲

辻井伸行の演奏は、テンポ、強弱、緩急、間合いのすべてが私の好みに一致した。

特に好きなドビュッシーラヴェルの楽曲も多く演奏してくれている。

 

ちなみに、ハンディは一切考慮していない。

私の心に届いた。

それが1番重要なポイントである。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

10選をやってみて感じたこと。

10じゃ全然足りないということだった。

 

洋楽はマイケル・ジャクソン、マドンナ、テイラー・スウィフトも入れたかったし、邦楽は中島美嘉家入レオも入れたかった。

クラシックに至っては、羽田健太郎久石譲千住明佐藤直紀も入れたかった。

指揮者のカラヤンも。

 

私は東日本大震災の年より聴覚異常が始まり、2年前まで音楽が聴けない状態にあった。

聴こえる音がすべて不協和音になっていた時期である。

 

抗うつ薬の効果で心因性の聴覚異常は改善され、現在は聴けなかった時を取り戻す勢いで、毎日何かしらの音楽を聴いている。

なんと素晴らしき世界であることか。

 

まさに What a wonderful world である。

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


メンヘラ日記ランキング

 

スポンサーリンク