web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

鬱(うつ)継続中の画像日記 散歩をしたり撮影をしたり

 

大波の鬱は去ったが小波は継続中 約6日間の闘病記録と写真日記

 

ナンテンの実

ナンテンの実 2021年11月14日撮影

 

NHK大河ドラマ『青天を衝け』の感想ブログを書くのに4日もかかってしまった。

遅くても火曜日には更新するようにしていたのに、今週の更新は一昨日の木曜日になってしまったのである。

 

先週、ご報告した通り、鬱の大波は過ぎ去った。

 

www.yamauba.work

 

大波は去ったものの、その余波と見られる症状がいくつか出現した。

 

今回は、ここ6日間の闘病を画像とともに記録する。

 

 

 

 

 

この6日間で見られた症状

 

先週購入したUSBメモリ

先週購入したUSBメモリ 2021年11月14日撮影

 

まず、6日間に共通した症状を挙げてみよう。

  • 集中力がない
  • 落ち着きがない
  • 意味不明の焦燥感にかられる

 

これらはうつ病の初期症状にも挙げられる、基本的な症状である。

自覚するほどの気分の落ち込みなどはなかったが、この3つが揃うだけで何もできなくなるのだ。

 

今までも何度も経験している。

でも常に一時的な症状であり、実はこんなに何日間も続くのは初めてである。

 

合わない薬があると、直感した。

 

最近追加したのは抗精神病薬アリピプラゾール(エビリファイだが、この薬がなければ、鬱の大波を乗り越えられたかどうか定かではない。

 

私が真っ先に疑ったのは抗不安薬にして精神安定剤エチゾラムデパスである。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

母を通し、私とは因縁深きエチゾラム

まさか、それを自分が服用するようになるとは。

 

www.yamauba.work

 

私はこの時の自分がどうしても信じられないのだ。

なぜ、あんなことを言ったのか。

ちょうど半年前のことである。

 

ともかく、私は自己責任でエチゾラムを飲んできたのだ。

血圧以外は母と体質が似ていて、効く薬、効かない薬まで一緒だった。

やめるなら今だろう。

母と同じになれば贖罪になるとでも思ったのか。

 

私を守るのは私しかいない。

半年前のことを謝罪し、主治医に薬を替えてもらおうと思う。

 

と、またピリピリした話になってきたので、画像を一挙に載せよう。

 

スポンサーリンク

 

14日(日)~16日(火)の画像

 

ドウダンツツジの紅葉

ドウダンツツジの紅葉 2021年11月14日撮影

 

文章を少なめに、どんどんいこう。

まずは14日の画像で、庭のサザンカの花。

庭のサザンカの花

 

裏庭の黄色い紅葉。

ムクゲの黄色い紅葉

裏庭の黄色い紅葉

 

ナンテンの実。

ナンテンの実

 

14日の空。

14日の空

 

15日の空。

14日の空

15日の空

 

16日の空。

16日の空

 

冬の雲が1番好きだ。

表情がとても豊かだからである。

 

スポンサーリンク 

 

散歩を5日間続けた 17日(水)~18日(木)の画像

 

フェンスの上の赤トンボ

フェンスの上の赤トンボ 2021年11月17日撮影

 

15日から昨日まで、リハビリのつもりで5日間、散歩を続けた。

本当のリハビリのように過酷だったが、杖をちゃんと持ち、無理のない範囲で歩いたつもりである。

 

しかし、昨日は足腰がとても痛くなり、念のため、今日は休養日にした。

 

散歩をしながらの画像が多くなる。

 

まずは17日、庭先の石灯篭。

庭先の石灯篭とカエルの置物

 

花壇といつもの林。

花壇と林

 

17日の空。

17日の空

17日の空

 

続いては18日、着陸寸前の旅客機の画像から。

着陸寸前の旅客機

 

川にいたカルガモ

カルガモ

 

実はこの日、初めてカワセミを目撃したのだ。

ブラザーは何年も前から見ているのに、私は一度も見たことのなかったカワセミが、とうとう目の前に……といっても、20メートルは離れていたけど。

 

あの小ささと、美しい瑠璃色、間違いない。

家にあるカワセミの絵をご覧いただこう。

カワセミの絵

見たのは飛び去る姿だったので、翼の緑と背中の瑠璃色しか確認できなかった。

1秒もないくらいの、ほんの一瞬の出来事である。

もちろん、カメラにも収めてはいない。

 

でも目撃できただけで、すっかり有頂天になった。

あんな宝石のような野鳥が、こんな近くに生息しているだなんて。

 

帰宅して、まだ咲いている季節外れのツユムラサキを撮影。

季節外れのツユムラサキ

 

下から撮った逆光のサザンカ

サザンカの花

 

そして、燃えるような紅色に身を染めたドウダンツツジ

ドウダンツツジの紅葉

 

この色を見ると、ようやく我が家の紅葉を見届けた気分になる。

おそらく、この日が1番綺麗だった。

 

尚、昨日の19日は歩いていて足が痛く、天気もどんよりとしていたので1枚も撮影していない。

飛行機にも鳥にもトンボにも会わなかったので仕方がない。

 

それにしてもツユムラサキはいつまで咲き続けるのか、興味津々である。

 

スポンサーリンク

 

今日の画像

 

飛行機雲とサザンカの花

飛行機雲とサザンカの花 2021年11月20日撮影

 

散り方も凄いけど、次々と花を咲かせるサザンカ

サザンカの散った花びら

 

今のところ、玄関側の庭に散ってくれていて助かっている。

来年咲くシャクナゲのつぼみにも花びらが。

シャクナゲのつぼみとサザンカの花びら

散ったサザンカの花びら

散ったサザンカの花びらと石灯篭

 

ほぼ真下に散ってくれている。

でも風向きが変われば、隣の敷地と道路にまで飛んで行くだろう。

この色だから目立つ目立つ。

明日は1人で留守番なので、ほうきを持ち、ゆっくり庭周りを確認して歩こうと思う。

 

最後は、今日の真上の空。

真上の空

 

何となく秋っぽい雲だなと思った。

庭に出ていた時間は短時間だけど、とても気持ちがよかった。

もう氷点下まで冷え込むようになったので、太陽が出ている日中の時間は貴重。

明日も晴れるといいな。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

本当は、市役所職員の曖昧な説明のせいで、二度手間になったことも気分に影響している。

クレームの電話を入れた時、カッコ悪いことに感情的にものを言ってしまった。

後悔はしていないけどね。

 

そのせいで、今月の通院を終えた心療内科にまた行くことになった。

だったら薬の相談もしてしまえと、転んでもただでは起きない性格が前面に出ている。

自分ではいいことだと思っている。

不愉快な思いだけで終えてなるものかと、生きる活力みたいなものが感じられるから。

 

市役所の件に関しては、解決してから詳しく報告するつもりだ。

今から自分に言い聞かせている。

穏便に、穏便にと。

 

まあ、大丈夫だろう。

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

 


うつ病ランキング

 

スポンサーリンク