web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

入院中の認知症の父 1ヵ月を過ぎた経過と【庭の風景】

 

転院まで1週間の父 ピンクのカサブランカ オニユリ ヒューケラの花

 

オニユリ


入院中のアルツハイマー認知症の父が、来週の木曜日にリハビリのため転院する。

 

www.yamauba.work

 

今回は、入院1ヵ月を過ぎた父の様子と、「庭の風景」の2本立てでお送りする。

 

 

流星群の夜

流星群の夜

Amazon

 

 

 

意外と元気そう? な父の様子

 

相変わらず面会はできないので、ブラザーが担当者から聞いた話である。

 

元気があって、楽しくおしゃべりすることもあるそうだ。

これだけ聞くと、よかったよかったとなる。

 

ただ食事は自分ではできずに、食べさせてもらっているとのこと。

以前は食慾がなく心配したが、今は出されたものは全部食べるらしい。

でも、自分からすすんで食べたいという感じではない…と。

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で衰弱したので、食欲に関してはそんなものだろうと思う。

問題は、ベッドの上で座位を保てず、スプーンすらも持てなくなっていることだ。

 

車椅子に乗れないという事実を、ようやく理解することができた。

 

大変なリハビリになりそうである。

 

寝たきりにはさせたくないが、どこまで回復するのか皆目、見当がつかない。

父の生命力と、リハビリにかけるしかない。

 

スポンサーリンク 

 

庭の風景 ピンクのカサブランカ

 

これがうちの庭にあったことを、実は今年初めて知った私。

 

カサブランカ

カサブランカ

 

恐ろしく美しい花である。

 

まだつぼみがたくさんあったので、今度は複数咲いているところを撮影したい。

 

庭の風景 裏庭のオニユリ

 

前回、つぼみだけ掲載した花はオニユリだった。

 

オニユリ

オニユリ

 

こちらもまた鬼のように美しい。

 

つぼみが全部開いたら、さぞ見事であろう。

 

庭の風景 ヒューケラの白い花

 

ブラザーが育てていた観葉植物なのだが、葉っぱが変色してしまい、数年放置していたら、白い花が咲いた。

 

ヒューケラ

ヒューケラ


ヒューケラの赤い花は春頃に掲載したので、季節も無視して咲いたらしい。

 

とても愛らしい、キュートな花である。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

昨年までカサブランカに気づかなかったのは、私が夏になると通院以外では外に出ないせいもあるが、ブラザーが1度も教えてくれなかったことの方が大きい。

 

しかも庭の内側ではなく、外側に向いて咲くだけならまだしも、真上にあるアベリアの枝の間で咲いていたらしいのだ。

 

茎は2m近くに伸びるので、私の遥か頭上で咲いていたことになる。

目に入るはずがないのだ。

 

それが今年はどうしたことか、アベリアの枝に到達する前に、たくさんのつぼみをつけたのである。

 

たまたまなのか、学習したからなのかは謎だが、美しい花をまたひとつ、知ることができた。

 

カサブランカオニユリも、暑さに負けずに撮り続けたい。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!