web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

入院中の認知症の父 転院の日程とこれまでのまとめ

 

父の入院 これまでの経過とやっと決まった転院の日程

 

アップルミント

 

父が今入院している病院から、市内の病院に転院する日が決まった。

8月4日、2週間後である。

 

決まったのはいいが、父の状態は想像とはだいぶ違った。

 

今回は入院して1ヵ月になる、認知症の父について記録する。

 

 

流星群の夜

流星群の夜

Amazon

 

 

 

父の入院の経緯 これまでのまとめ

 

アルツハイマー認知症の父が、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で入院したのは先月22日のこと。

 

www.yamauba.work

 

当初は入院1週間の予定だったが、回復が遅く、延長することになった。

また、尿が出ない状態になってしまい、カテーテルの使用が始まったのはこの日。

 

www.yamauba.work

 

その後、誤嚥性肺炎は治ったものの、食欲はなく、身体に力が入らない状態が続き、転院先との調整を図りながら、リハビリを受けていた。

 

www.yamauba.work

 

更に、以前かかった前立腺がんが再発した疑いが持たれたが、治療も手術も、今の父の体力では堪えられないと言われ、治療は断念。

このことで、父の介護の方針が決まった。

 

www.yamauba.work

 

ここまでが、これまでの経緯のまとめである。

 

スポンサーリンク 

 

転院の日程が決定 予想以上の父の衰弱ぶり

 

序章で触れた通り、転院の日は2週間後の8月4日に決定した。

 

本来ならば、市内の病院に移ることをもっと喜びたかったが、父の状態を聞き、愕然としてしまった。

まだ車いすにも乗れない状態だというのだ。

 

まさか歩けないどころが、車いすにも乗れない状態だとは。

誤嚥性肺炎が治っただけで、他は一切回復していないということだ。

 

まったく予想していなかった展開である。

 

ただ、転院の際にはブラザーが付き添うので、7週間ぶりに父に会うことになる。

寝台付きのタクシーの手配も済ませた(結構な高額である)。

 

そして転院が済めば、また面会できない日々が続く。

 

乗り切っていかなければならない。

私もブラザーも。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

深刻な話題になってしまい申し訳ない。

 

記録として淡々と綴っているが、私の気持ちも割りと淡々としている。

 

すべて病院に任せているのだから、私がモヤモヤしたところで状況は変わらない。

 

父が心配だし、顔も見たいと思うが、それとこれとは別の話である。

 

まずは可能な限り、父を回復させていただくことだ。

 

信じて待つ。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!