web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

解離性障害と私の自己肯定感と自己否定

 

自己否定の自分を切り離す 解離性障害の私の生きる道

 

解離性障害と私の自己肯定感と自己否定

 

ツイ友で闘病仲間のid:fonttotoさんと話をしていて、今回のテーマを思いついた。

 

精神疾患者は一般に自己肯定感が低いとされている。

id:fonttotoさんも、そのお1人だ。

 

だが私の場合、障害者手帳1級の精神疾患者であるにもかかわらず、それがない。

 

ない、というのは語弊があるかもしれない。

 

端的に言うと、自己否定の自分が表に出てこないのである。

解離性障害の自分がコントロールして胸底に沈めているせいだ。

 

今回は、解離性障害の私の自己肯定感、自己否定について記録する。

 

 

流星群の夜

流星群の夜

Amazon

 

 

 

解離性障害について

 

昨年、自分が解離性障害であることを知る前に書いた解説記事である。

詳細はこちらをご参照いただきたい。

 

www.yamauba.work

 

また、こんな記事(記事と言えるのか?)を書いたこともある。

 

www.yamauba.work

 

解離性同一症とは昔は「多重人格」と言われていた症状である。

自分に当てはめて考えてみたが、グレイゾーンのまま終わった。

 

そもそも自覚しにくいものらしいので、自己診断に無理があったのだ。

 

そこで今回は、自覚のあるもの、意識的にしていることを書き記したい。

 

スポンサーリンク 

 

自己否定 守る私と守られる私

 

小さい頃から、自己肯定感の低い私と、高い私が存在していた。

不思議に思ったことはない。

 

どうせ自分なんか駄目だ…という私と、何にでも自信満々の私。

 

自己否定の自分を、表に出していたら危険だと覚ったのは、中1の時。

未遂を起こした。

 

10代の頃はコントロールがきかず、何度か危ういことになりつつも、しのいでしのいで大人になった。

 

大人になってから、いろんなことがあり、本当にいろいろあり過ぎて整理が追いつかないので、今回は端折る。

 

現在では、自己否定の自分も、希死念慮の自分と一緒に飼い慣らすことができている。

 

飼い慣らすというのは、それぞれを別人格として切り離し、表に出てこないようになだめすかして閉じ込めておくのだ。

 

主人格(表の人格)には、もう長いこと出てきていない。

 

こんなことができるようになったのも、毎回修羅場と言っていいほどの、母の看護の途中からだ。

 

切り離した人格をどんどん手に入れた代わりに、私はその時期の半分以上の記憶をなくした。

解離性健忘である。

 

それでもそうするしかなかった。

 

自己否定の自分に主人格を任せていたら、もうとっくに私はこの世にいない。

 

自分を守るために、自然な心のはたらきが産み出した産物。

たぶん、自覚のない自分もいるだろう。

 

それでも平気だ。

 

私は今やっと、自分の足で、自分の人生を歩んでいるのだから。

 

尚、話の流れで自然に協調路線を張ることになった id:fonttoto さんの、自己否定に関する記事はこちら。

 

font-tokyo.blog

 

是非、訪問してみていただきたい。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

グレイゾーンと言いながらも、私は99%、自分は解離性同一症(解離性同一性障害)だと思っている。

 

ただ、治療法もない病なので、あまりテーマにすることもない。

 

今回は特に自己否定を取り上げたが、自己否定の自分を飼い慣らしているからといって、自己肯定感が高いわけでもない。

 

冷静に的確に自分を評価できていると思う。

基準を外に求めていないからだ。

 

この表の主人格だけだったら、どんなに楽な人生だったろうか。

 

考えても仕方のないことが、時々そう思わずにはいられない。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!