web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

はてなのお題「もし英語を自由に使えたら何をする?」

 

もしも英語が使えたら…コミュニケーションを取り仕事をする!

 

 

私は英語に強い憧れを抱いている。

小学生の昔も、今も、それは変わっていない。

 

残念なことに実力は(昔の)中学レベルで、会話もままならないわけだが。

 

以前に少しだけ、私の英会話レベルについて触れた記事がある。

 

www.yamauba.work

こちらの記事も是非ご一読賜りたい。

 

今回は、もし英語を自由に使えたらという仮定のもと、自分がしたかったこと、したいことを書き連ねていきたい。

 

 

 

 

 

小学生の時の夢は通訳だった

 

もしも英語が使えたら

 

まだ中学で英語を習い始める前のことである。

 

中学生になったらいよいよ英語の授業が受けられる。

絶対に英語を喋れるようになってみせると、意気込みだけはものすごかったことを憶えている。

そう、学校で習えば英語を話せるようになると信じていたのだ。

 

通訳に憧れていたのは、テレビに映る通訳さんの姿がカッコよかったからだ。

外国から来た政治家、有名人、俳優、アーティストなど、仕事相手も魅力的である。

幼い私の中で、通訳=カッコいい、という構図は絶対的なものとなっていた。

 

しかし、中学で3年間勉強してみて、その夢が大それたものだったと気づく。

 

成績はトップレベルなのにも関わらず、英会話ができるようにはならなかった。

厳しい現実である。

 

だから、もしも英語を使えたら、一度は夢だった通訳をしてみたい。

 

スポンサーリンク 

 

外国の皆さんとお喋りがしたい

 

インスタグラムをやっていると、ちょこちょこ外国人の方にフォローされる。

青空や鳥や花の画像もアップしているので、その辺りに興味を持たれた方々だろう。

 

こういう時に、英語ができて、英語でも投稿できたらなと思う。

 

だから、もしも英語が使えたら、英語でも投稿をして、外国の方々とコミュニケーションを取ってみたい

ツイッターでも構わない。

 

せっかくネットは世界中と繋がっているのだから、もっと広い世界を知りたい。

翻訳機能がもっと便利になれば可能だけど、どうせなら自分の言葉で話したいと思う。

 

好奇心はいくつになっても衰えないものだ。

 

翻訳の仕事をしてみたい

 

これは仮定の話でも、本気度の高い夢である。

文章を生業とする者からすると、当然の発想かもしれない。

 

まず原文を理解できて、そのまま読めるというのが魅力だ。

 

これを仕事にできたら、まさに天職である。

 

もしも英語が使えたら、原文の本を読み、翻訳したい

 

私にとっては最高の望みである。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

もしも英語が使えたら、やってみたいこと。

  • 通訳
  • 英語でSNS投稿
  • 翻訳の仕事

私の場合はこうなった。

 

なんとなく現実的なものばかり。

 

夢を語るのは簡単だけど、現実にするのはかなり無理がある。

でも、心のどこかで諦めていない私もいる。

 

英会話の勉強、始めてみますか。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!