web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

過眠が戻ってきた? 睡魔との闘い【睡眠障害】

 

睡眠障害 左足の痛み うつ病 それぞれの闘病 

 

ミニチュアハウス

 

坐骨神経痛、左太ももの痛みが始まってから、睡眠障害のひとつである過眠が続いている。

抗うつ薬ミルタザピンの副作用であるが、昨年のうちに克服したはずだった。

 

今回は、なぜ過眠が戻ってきたかについて考えてみたいと思う。

 

 

スポンサーリンク

砂の曼陀羅: サマンサラ

砂の曼陀羅: サマンサラ

 
砂曼陀羅 中編: サマンサラ 

砂曼陀羅 中編: サマンサラ 

 
砂の曼陀羅: 後編

砂の曼陀羅: 後編

 

  

「私の場合」の過眠

 

坐骨神経痛と左足の痛みが始まったのは2月28日。

激痛の範囲が広く食欲もなかったが、薬を飲むために少量ずつ食べていた。

 

座っていることが苦痛なので、薬を飲んで少し落ち着くとすぐに横になっていた。

横になると自然に眠る。

眠っている間は痛みを意識しなくて済む。

そのための睡眠欲だと思っていた。

 

坐骨神経痛の痛みは改善されたが、まだ鈍痛として残っている。

左太ももの痛みもだいぶいいが、立てるほどまでには回復していない。

痛み止めの薬を半月以上飲み続けたので、昨日から量を徐々に減らしている。

 

そこでやっと気づいたのだ。

痛みから逃れるための睡眠ではなく、抗うつ薬ミルタザピンの副作用の過眠であることに。

 

睡眠時間は7時間なのでいいのだが、問題はその後である。

起床後、1食目を食べると眠くなって寝てしまう。

2食目の後も同じ。

 

つまり、3食目以降しか活動時間がないということになる。

 

やっと痛みが和らいできて、ブログ更新も以前のペースに戻そうと思っていたのに、これでは到底無理なこと。

 

私が過眠に陥るケースは3つある。

  • 抗うつ薬ミルタザピンの副作用
  • うつの状態がとても悪い時
  • 身体のどこかの痛みがとても強い時

 

ミルタザピン単体での副作用は克服したが、2つ目、3つ目のどちらかの状態になると、必ずと言っていいほど過眠が戻ってくるのだ。

今回は2つとも当てはまるので、今の状態は至極当然である。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

  

病と夢を秤(はかり)にかける天秤座

 

実は、私はある賞に応募しようと思っていた。

締め切りは3月31日である。

潔く諦めることにした。

 

どこも痛くなく、普通に座れてパソコン操作ができたら可能だったろう。

タブレットの音声入力でできないこともないが、私はキーボードを叩くことで次の文章がスラスラと出てくるタイプである。

音声入力は楽でいいものの、頭の中にあるものを言語化する方法としてはあまり適さない。

あくまで「私の場合」である。

 

たぶん自分の声ではリズムに乗れないのだろう。

 

それに、うつ病の状態がよろしくないせいもある。

こんな時に自分に過度のプレッシャーを与えてなどいられない。

私の本分は闘病であり、夢はその次だ。

 

チャンスはまだまだあるので、それほど落胆はない 。

 …と書いてみて、結構落胆していることに気づいた。

 

でも、今、何が大事か。

 

常にそれを考えて行動したい。

 

スポンサーリンク

 

 

  

前回「安静にする」と書いておきながら…

 

つい出来心で、たった今5mくらい歩いてしまった。 

壁に手を添えながらだけども、歩けてしまった。

トイレの帰り、左足を伸ばして立っても激痛でなく鈍痛だったので、ついつい歩いてみてしまったのだ。

 

激痛になる前に、這い歩きに戻したけどね。

いい感触だ。

これなら本当に3月中には普通に歩けそう。

 

ひとつだけでもいいことがあると気が晴れるもんだね。

ちょっとだけテンションが上がったよ。

 

う~ん、安静にし過ぎて、うつが悪化した気がしないでもない。

でも安静は絶対に必要だったしなぁ。

考えても仕方ないねや。

 

とにかく歩けるようにならなくちゃ。

 

スポンサーリンク

無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

 

 

 

あとがき

 

過眠の話から、結局、足の話になってしまった。

もうちょっとの辛抱だ、自分。

無理せず大事にいこう。

 

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク