web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクト 介護 うつ闘病ブログ 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

頭の中をぶちまけるうつ病患者 ※苦手な人は回避推奨

風邪の話と私は何人いるんだろうねって話

 

冬の朝焼け

冬の朝焼け

 

昨日22日は日中の気温が平年並みに戻り、屋根の雪はほぼ落ちた。

でも外の景色は変わらない。

真っ白なままである。

 

私はと言えば、風邪は治ったと思っていたのに治っていなかったようだ。

昨日、そのことに気づいた。

 

今回は風邪とうつ病の状態に関して記録する。

 

 

スポンサーリンク

砂の曼陀羅: サマンサラ

砂の曼陀羅: サマンサラ

 
砂曼陀羅 中編: サマンサラ 

砂曼陀羅 中編: サマンサラ 

 
砂の曼陀羅: 後編

砂の曼陀羅: 後編

 

 

過眠と見分けのつかない風邪による眠気

 

最近の睡眠時間は8~12時間ほどで、ここ3日くらいは12時間前後の日が続いていた。

そして夜9時を過ぎた頃に突然眠くなり、2時間ほど眠ってしまうという事態も続いていたのである。

 

症状としてはミルタザピン(リフレックスの副作用である過眠に酷似していたので、てっきりまた過眠が戻ってきてしまったのだと思っていた。

 

ところがである。

昨日、起きたらいつもと体調が違った。

脚なのか腰なのか鈍い痛みと倦怠感、疲労感。

 

1階へ行ってブラザーと会話をして気づいた。

思いっきり風邪声である。

 

食事をしていつもの薬と風邪薬PL配合を飲んだ。

効いてくるまでの間、とてもだるくて何もできない。

パソコンを開いたものの、ブログを書く気にはなれなかった。

 

起きて食事をしたばかりなのに、また横になりたくなるほどの疲労感。

熱がないことは確かだが、一応計ってみた。

37.2℃という微熱中の微熱だった。

 

私は風邪をひいても熱が上がることが滅多にない。

元々36℃あるかどうかの平熱だからだろうか。

 

1時間くらいベッドにぐったりともたれかかっていると、急に身体と頭がスッキリし始めた。

風邪薬の効果である。

 

12時間も眠っているのにまた眠くなっていたのは、体調が悪かったせいだろう。

思い当たることはあったので自業自得である。

 

パソコン前で寝落ちし、ストーブが消えていて身体を冷やしきったことが何度か。

 

しかも最低気温-10℃以下が続いていた頃だ。

急に寒くなったので気が回らないというか、認知症の父が風邪をひかないように気をつけていただけだった。

まさか、自分が風邪をひこうとは。

 

でも、夜中に起きて薄着で家の中をウロウロする父を放ってはおけない。

ブラザーは先日の地震でも起きなかったくらい熟睡するタイプ。

 

生活のリズムを作るのに失敗し続け、いつの間にか夜中の看護は私がする役回りになっている。

理想とはだいぶ違うが、生活のリズムは出来上がっているのかもしれない。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

  

 

 

うつ病患者が頭の中をぶちまける(※苦手な人は回避推奨)

 

4日くらい前か、夜、寝る前のブラザーから立て続けに2つ駄目出しを喰らった。

内容はたいしたことではないのに、酷く落ち込んだ気分になったのである。

 

思えば、あの日の夜から眠気がくるようになった。

落ち込んだまま眠ってしまい、目が覚めたら気分が元に戻っていた。

 

それでなくても、ミルタザピンを上限まで増量してからというもの、心身の軽さは続いている。

たまたま風邪をひいていただけだが、睡眠は心の栄養にもなるのだと改めて実感した。

 

でもね……やっぱりいるんだな、鬱(うつ)が。

 

心身が軽く感じるのは、薬のおかげで鬱と切り離された感覚になるから。

だから逆に、あんな些細なことでズッド~ンと落ち込むんだろうと思う。

あのまま起きていたら、睡眠導入剤を飲んで眠るまで引きずっていた気がする。

 

ごめん、スイッチ入ったから、ここから語り口変えるね。

妄想だと思われてもいいから語るよ。

 

切り離された感覚になってから、しっかりと鬱の自分が見え始めた。

真っ暗で顔は見えないけど、小さい頃の私

控えめに言って美少女だった私。(※本ブログは謙遜という名の奥ゆかしさとは一切無縁です。何卒ご了承くださいませ)久々!

 

眼がギラついてるのはわかる。

姿は子供でも頭の中は大人

その頭の中は私に筒抜けだけど無視してる。

そいつはそれが気に入らない。

自分こそ「私」だと思ってるから。

 

私は何度かそいつを表に引き出そうとして失敗してる。

去年はパニック発作を起こして、真っ当勝負じゃ自分が壊れると思った。

 

ヒントをくれたのは皮肉にもコロナウィルス。

戦う、退治するっていうスケールのものじゃない。

 

まず、防ぐ。

 

だいたい鬱を別人格のように捉えて喧嘩を売ろうなんて、狂気の沙汰だ。

別人格などではないと、自分を納得させなければならない。

 

ほら、こういうこと考えてると3人目が出てくるんだよね。

私 VS 私を俯瞰して他人事みたいに分析したり煽ったりするやつ

ま、こいつは放っておいても無害だから今はいいや。

決定権を持つのは間にいるこの私。

今ブログを書いている私だ。

 

子どもの自分は、本当は逃がして、解き放ってあげなくちゃいけないんだ。

逃げ場がなくて、ず~っと長いことそこにいるんだから。

でも引きずり出すことは無理だと思い知った。

 

どうする?

 

どうすればいい?

 

「焦るな」って言ってるのは誰だろ。

私の声だけど。

言われなくても頭ではわかってんだよ。

 

「無理」って冷静に笑ってんのは、あの他人事のやつ。

無害だけど、実は希死念慮のかたまりなんだよね。

去年、私が勝手に主治医に命を預けたもんだから、魂抜かれたも同然。

それまでは、こいつが1番の敵だった。

 

あ~…もう収集つかないな~。

この話、主治医にしてないんだよね。

話したら何か変わるんだろうか。

ん~…何も変わらないか。

病名増えるくらい?

 

とりあえず、現状では自ら命を絶つことを防いでいる

防ぐことができている。

 

それだけでも上等とすべしか。

うん、今のところはそうしとこ。

 

で、主治医に言うべきか、言わざるべきか。

考えるまでもなく言うべきなんだろうな。

患者の正確な状態を知って、初めて適切な治療が可能なわけだから。

 

話すと長くなるから、図解したメモでも持ってくか。

 

カリフォルニア・ロケット(劇薬併用)でも、ここまでがやっとだもんなぁ。

言わば膠着(こうちゃく)状態というか…。

 

「焦るな」ってうるせえよ。

主治医に言われたら従うっつうの。

 

…ハイ、ガラが悪くなってきたので強制終了

 

はぁ~、久々にぶっちゃけてスッキリした。

 

スポンサーリンク

 

 

 

あとがき

 

こんなこと書いて何がしたいの? って思う人もいるかもね。

記録だよ、記録。

 

私はうつ病の母の介護(看護)をしつつ、その心の中が知りたかったけど、かなうことはなかった。

私の「どうして?」は、今もむなしくその辺を彷徨ってるよ。

 

だから、自分の「どうして?」は記録すると決めた。

ここでないと言えないことがたくさんあるし、自分のためにね。

 

まだ記録していないこともたくさんあるよ。

いつか語ろう。

それじゃまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

ドールハウス (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

ドールハウス (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

  • 作者:きしべの あざみ
  • 発売日: 2020/05/25
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)