web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

骨粗鬆症治療の近況報告と下書きの過去記事整理

 

膝の痛みに変化が! 骨粗鬆症治療と下書きの過去記事

 

ヤブラン

 

今日はいい天気で、小鳥のさえずりも清々しい。

 

少し蒸し暑さは感じるものの、気温は高くなくて過ごしやすい。

 

ブラザーは今日、明日と大事な仕事が続く。

何もできない私は、うまく運ぶように祈るしかない。

 

さて、今回は骨粗鬆症(こつそしょうしょう)治療の近況と、下書きの過去記事整理の途中経過について報告する。

 

 

 

 

 

骨粗鬆症治療 あんなに痛かった膝が楽になってきた

 

これも今週になってからの話だが、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療を始めて約3ヵ月。

 

www.yamauba.work

 

それまで激痛だった左膝の痛みがやわらいできた。

 

右膝はずっと我慢できる程度の痛みだったが、左膝も我慢できるようになってきたのである。

 

私の膝はレントゲン写真で見る限り、両方とも骨が削れてきており、変形が始まっていたのだ。

今年4月から急に痛み始めたのは、これが原因と考えられる。

 

痛むことは痛むが、もう刺すような激痛ではない。

 

「痛くない時は飲まないでくださいね」と2回も念を押されて処方された痛み止めは、今週から朝だけ飲むようにしている(本来は朝夕2回)。

身体の負担になる薬らしいので、仕方がない。

 

立ち上がるのも少し楽になったし、可動域も少し広がった気がする。

「他人の膝」のような感覚はもうない。

 

まだスタスタ歩けるわけではないし、すべてが「少し」の改善ではあるが、気分は格段に違うものだ。

 

膝が良くなっても腰痛という難題が残っているけど、今は束の間の喜びに浸っていたい。

 

痛み止めの薬は約3ヵ月、きっちり朝夕飲んでいた。

飲んでも痛かったが、それでも効いていてくれたのだろう。

 

身体的にも精神的にも薬で生き延びている。

それが今の私だ。

 

来月は再び骨密度検査を受ける。

骨粗鬆症が改善し、せめて整形外科の薬からは解放されたいものである。

 

スポンサーリンク 

 

3年前の記事を下書きに下げていた理由

 

下書きの過去記事整理は、2019年9月に突入した。

 

Yahoo!ブログ時代の記事は、すべてUPし終わっている。

 

はてなブログに移行してからの記事でも、下書きに下げた記事が結構ある。

こちらはGoogleアドセンス対策のためだった。

 

下書きに下げたのは、文字数の少ないもの、内容が不適切だと思われそうな記事である。

 

結局、カテゴリ整理をしているうちに合格したので、下書きに下げた意味はなかったようだ。

すぐに下書きから戻せばよかったが、精神的に余裕がなく、3年も放置してしまった。

 

中には思い入れのある記事もあるので、過去記事はすべて戻したい。

私の記録であるこのブログを、完全な形にするために。

 

ここがしっかりしていないと、他の活動になかなか身が入らないのだ。

 

私にとってはそれだけ特別で、大切な場所になっている。

 

ずっと守っていこう。

いつか書けなくなるその日まで。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

実は今日、かなり久々に中途覚醒があり、その後は眠れなかった。

睡眠時間は約4時間である。

 

これが続けばダメージになるが、今はとても調子がいい。

 

おそらく夕方、早い時間に眠くなることだろう。

 

というわけで、今日は早めの投稿である。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!