web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

【骨粗鬆症とは】いよいよ治療開始 知って損なし軽い解説

 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療開始 骨粗鬆症を軽く解説

 

ユキノシタ

 

昨日11日の土曜日は整形外科の受診日だった。

 

検査はないので早く終わるかもと期待したが、さすが評判のいい病院だ。

待たされること約2時間である。

 

診察が終わり、最寄りの薬局に入った頃には、もう正午になろうとしていた。

 

今回は、いよいよ骨粗鬆症の治療開始となった診察を記録し、骨粗鬆症について解説する。

 

 

t.co

 

 

血液検査の結果 【骨粗鬆症とは】

 

まずは、先週、採血した血液検査の結果から。

 

とにかく、ビタミンD が足りていないことが判明した。

 

ビタミンD には、骨をつくるカルシウムやリンの吸収を助けるはたらきがある。

 

また、骨は、骨形成と骨破壊による新陳代謝を常に繰り返している。

 

骨粗鬆症とは

骨の代謝バランスが崩れ、骨形成よりも骨破壊が上回る状態が続き、骨がもろくなった状態のこと。

 

引用:骨粗鬆症 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

私の場合は、ビタミンD が欠乏していたため、骨破壊が骨形成を上回り、骨粗鬆症に陥ったのだ。

 

骨粗鬆症の要因として、次の4つが挙げられる。

  • 骨の形成に必要なカルシウム、マグネシウムの不足
  • カルシウムなどの吸収を促進するビタミンDの不足、ビタミンのバランスの悪化
  • 運動不足により、骨の形成におけるカルシウムの利用効率が悪化
  • 女性の場合、閉経後に女性ホルモンのエストロゲンが激減するため

 

エストロゲンには骨芽細胞を活発にさせるはたらきがある。

高齢女性に発症リスクが高いとされるのは、このためだ。

 

大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと似た動きをする。

そのため、エストロゲンの減少を補い、骨粗鬆症の予防・改善に有効であると考えられている。

 

私の場合、確かに若くはないが、高齢者と呼ばれるのはまだ先の話である。

同じような世代の皆様、決してご油断なさいませんように。

 

スポンサーリンク 

 

骨粗鬆症の治療「私の場合」

 

私が処方された薬は次の2つ。

 

骨粗鬆症の薬

 

ボンビバ錠100mg(画像左)

作用 骨量の減少を抑え、骨密度を増やして骨折を予防

用法 月に1回1錠・起床時

 

エルデカルシトールカプセル0.75μg(画像右)

作用 カルシウムの吸収を促進し、骨粗鬆症など骨の病気を改善

用法 1日1回1カプセル・朝食後

 

月に1回のボンビバ錠は今朝、起床後に飲んだ。

エルデカルシトールカプセルも朝食後から飲み始めている。

1週間後にまた通院し、服用後の様子などを医師に報告してから、30日分の処方を受け、月1回の通院となる。

 

薬以外の改善策

  • カルシウムやビタミンDを中心に、バランスのいい食事をとる
  • 生活リズムを崩さない
  • 足腰が良くなったら、適度な運動を心がける

 

運動以外の改善策は、骨粗鬆症と診断された先週から始めている。

運動を含め、これらを習慣にしていきたい。

 

出典:厚生労働省eJIM | ビタミンD | サプリメント・ビタミン・ミネラル | 一般の方へ | 「統合医療」情報発信サイト

出典:「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書

出典:骨粗鬆症 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

やっと治療が始まった。

 

心の底から安堵しているし、前に進めて嬉しい。

 

どこか骨折してからでなくて、本当によかった。

 

これからは堅実に進むのみ。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!