web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

服用中の心療内科の薬と整形外科の薬をまとめてみた

 

心療内科の薬 整形外科の薬 それぞれのまとめ

 

心療内科の薬 整形外科の薬

 

昨日は心療内科の通院日だった。

陽が照っていても暑くはなく、涼しい風はすっかり秋である。

かつて、こんなに早く秋を感じたことはあっただろうか。

 

解離性健忘で忘れているだけかもしれないが。

 

さて、診察は近況報告といった感じで、特筆すべきこともなく終了した。

 

そこで今回は、私が現在服用している薬についてまとめてみたい。

 

心療内科、整形外科も含めて記録する。

 

 

 

 

心療内科の薬 うつ病・不安障害等の治療

 

主な4種類の薬の他、胃腸薬、漢方薬も同時に処方されている。

 

抗うつ薬(劇薬)

 

  • デュロキセチンカプセル(サインバルタ 1日1回朝食後 2錠 効果・効能:気分低下を改善する薬、気分を落ち着かせる薬

 

  • ミルタザピン錠(リフレックス 1日1回就寝前 3錠 効果・効能:気分を落ち着かせる薬

 

デュロキセチンは、初めてうつ病と診断された3年前の秋から飲んでいる。

副作用は比較的軽く済み、私の体質に合っていた。

 

ミルタザピンは、私にとっては睡眠薬でもある。

私は睡眠導入剤を1つも飲んでいないが、それはどんな強い薬でも効かなかったせいだ。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

抗うつ薬の処方は通常は1種類とされるが、幸いなことにミルタザピンはデュロキセチンと合わせてもOKな薬だった。

 

当初は過眠症状に悩まされたものの、うつが酷かったため、2種類の併用に落ち着いた。

どちらも早い段階で上限量まで達している。

 

それでも、うつが強く、辛い状態が続いた時、処方されたのが次の薬である。

 

ちなみに、抗うつ薬についてまとめた記事はこちら。

 

www.yamauba.work

 

抗精神病薬向精神薬メジャートランキライザー

 

  • アリピプラゾール錠(エビリファイ 1日1回就寝前 1錠 効果・効能:気分を落ち着かせる薬

 

処方を受ける際、主治医から説明されたのは、抗うつ薬のはたらきをよりよくする(引き出す)ような効果があるとのこと。

 

実際、アリピプラゾールを飲むようになってから、強い希死念慮に何日も苛まれるような症状は表れていない。

あっても短時間なので、効果を発揮してくれているようだ。

 

抗不安薬向精神薬マイナートランキライザー

 

 

1日3回の抗不安薬も結構重要なポジションである。

私から申し出て、1日3回に分けてもらったのだが、例えば昼に飲み忘れると、夕方に焦燥感や動悸となって不安が表出する。

 

向精神薬については次の記事でまとめている。

www.yamauba.work

 

その他の薬

 

  • ミヤBM 1日3回毎食後 1錠 効果・効能:腸の働きを助ける薬

 

  • 牛車腎気丸 1日3回毎食前 1包 効果・効能:腰痛・下肢痛を改善する薬、かゆみ・しびれを改善する薬、非尿困難・頻尿の改善薬、むくみを改善する薬

 

毎日飲むのは上記のもので、頭痛薬や風邪薬、湿布などを処方してもらうこともある。

 

スポンサーリンク 

 

整形外科の薬 骨粗鬆症の治療

 

骨粗鬆症の治療のための薬が2種類、痛み止めに伴う薬が3種類処方されている。

 

骨粗鬆症の治療薬

 

  • ボンビバ錠100mg 月に1回起床時 1錠 薬の作用:骨量の減少を抑え、骨密度を増やして骨折を予防

 

  • エルデカルシトールカプセル0.75μg 1日1回朝食後 1錠 薬の作用:カルシウムの吸収を促進し、骨粗鬆症などの骨の病気を改善

 

上記の2種類が、骨粗鬆症の治療薬。

治療機関の目安は4ヵ月で、9月中旬に折り返し地点に入る。

 

現時点では、とにかく膝が痛い。

 

痛み止めに関連する薬

 

  • セレコキシブ錠100mg 1日2回朝・夕食後 1錠 薬の作用:腫れや痛みを和らげる薬

 

  • クロルフェネシンカルバミン酸塩錠250mg 1日2回朝・夕食後 1錠 薬の作用:筋肉の緊張を和らげることにより、肩こりや腰の痛み、手足のつっぱり、こわばりなどを改善する薬

 

  • イルソグラジンマレイン酸塩錠2mg 1日2回朝・夕食後 1錠 薬の作用:胃の粘膜を保護し、胃潰瘍や胃炎の症状を改善する薬

 

「痛くない時は飲まないでね」と2回も念を押されたので、よほど強い痛み止めらしい。

 

その他、湿布も処方してもらうのだが、忘れた時は心療内科で処方してもらっている。

 

心療内科と整形外科の薬 まとめ

 

心療内科

  • デュロキセチンカプセル(サインバルタ 1日1回朝食後 2錠 効果・効能:気分低下を改善する薬、気分を落ち着かせる薬
  • ミルタザピン錠(リフレックス 1日1回就寝前 3錠 効果・効能:気分を落ち着かせる薬
  • アリピプラゾール錠(エビリファイ 1日1回就寝前 1錠 効果・効能:気分を落ち着かせる薬
  • ロラゼパム錠(ワイパックス 1日3回毎食後 1錠 効能・効果:不安や緊張を和らげる薬
  • ミヤBM 1日3回毎食後 1錠 効果・効能:腸の働きを助ける薬
  • 牛車腎気丸 1日3回毎食前 1包 効果・効能:腰痛・下肢痛を改善する薬、かゆみ・しびれを改善する薬、非尿困難・頻尿の改善薬、むくみを改善する薬

 

整形外科

  • ボンビバ錠100mg 月に1回起床時 1錠 薬の作用:骨量の減少を抑え、骨密度を増やして骨折を予防
  • エルデカルシトールカプセル0.75μg 1日1回朝食後 1錠 薬の作用:カルシウムの吸収を促進し、骨粗鬆症などの骨の病気を改善
  • セレコキシブ錠100mg 1日2回朝・夕食後 1錠 薬の作用:腫れや痛みを和らげる薬
  • クロルフェネシンカルバミン酸塩錠250mg 1日2回朝・夕食後 1錠 薬の作用:筋肉の緊張を和らげることにより、肩こりや腰の痛み、手足のつっぱり、こわばりなどを改善する薬
  • イルソグラジンマレイン酸塩錠2mg 1日2回朝・夕食後 1錠 薬の作用:胃の粘膜を保護し、胃潰瘍や胃炎の症状を改善する薬

 

毎日必ず飲む薬の量は、心療内科の処方が15(錠・包)、整形外科の処方が7錠となる。

 

服用時間ごとの詳しい内訳は、朝食前1包、朝食後8錠、昼食前1包、昼食後2錠、夕食前1包、夕食後5錠、就寝前4錠である。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

軽い気持ちで始めてみたら、結構なボリュウムになってしまった。

 

整形外科の薬は変動があると思うので、現時点が最多と思って間違いないだろう。

突き刺すような膝の痛みさえなければ、痛み止めは今すぐにでもやめたい。

 

いつか痛くなくなる日がくるのだろうか。

 

くると信じて日々を耐えるしかない。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!