web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

【心療内科】通院の記録 整形外科の話で意外な展開に

 

鬱の話は出たものの…整形外科の痛み止めの話で意外な展開

 

庭の風景

ネジバナと石灯篭 2022年7月19日撮影

 

今日は心療内科の通院の日だった。

 

午前中で暑過ぎず、7月の通院としては楽な方だった。

だが今までで1番、歩行が辛かった日でもある。

 

今回は、診察で起きたラッキーなことなど、通院の記録を綴る。

 

 

流星群の夜

流星群の夜

Amazon

 

 

 

心療内科で膝の痛み止めを処方してもらえた

 

「調子はどうでしたか?」と主治医に確認され、鬱(うつ)は鬱なんだけれど、両ひざの痛みが激しくて、鬱どころではないと正直に答えた。

 

整形外科で痛み止めを処方するかと尋ねられた時、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の治療も始まるし、まさかこんなに痛くなるとは夢にも思わず、私は処方を断っていたのだ。

 

その経緯を主治医に話すと、「お薬、出してあげようか?」とポップな感じで提案された。

言われるがままに、おくすり手帳を見せると、主治医は以前1週間だけ処方された整形外科の痛み止めの名を、パソコンに入力し始めたのである。

 

まさか心療内科でも処方できるとは驚きだ。

 

知らなかったのは私だけか?

 

こうして、整形外科に行かず、痛み止めの処方を受けることができた。

本当に助かる。

 

心療内科の薬はいつもと変わらず30日分の薬を出してもらったが、痛み止めは、整形外科の次の通院の3週後までの分を出してもらった。

 

次からは整形外科で処方してもらうつもりである。

 

スポンサーリンク 

 

気になり過ぎる両ひざの痛み

 

レントゲン撮影で分かったことは、ひざの骨が削れ、変形が始まっていることだった。

 

初めは骨粗鬆症の治療が始まれば、変形の進行は止まると単純に考えていた。

でも、この痛みからすると、そう簡単にはいかない気がする。

変形はまだ続いている気がするのだ。

 

骨粗鬆症治療を始めても、悪化する一方の両ひざ。

 

詳しいことは担当医に確認しなくてはわからない。

 

悪い方へは考えたくないが、無知なまま良い方へ考え過ぎるのも虚しい。

 

次回の診察時に、しっかりと確認をしたいと思う。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

心療内科の通院だというのに、内容は整形外科の話ばかり。

 

鬱の話ももっと主治医にしたかったが、ひざの痛みに負けてしまった。

まあ、仕方がない。

 

あ、でも今回、採血があったので、次回は検査結果を報告できる。

 

その前に、3週後、整形外科でも血液検査をするわけだが。

 

今月の残りも8月も、暑いといってバテてはいられない。

 

治療の成果が見られるよう祈るばかりである。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!