web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

入院中のアルツハイマー型認知症の父に退院許可 ほか庭の風景

 

認知症の父の退院許可と庭の風景

 

ベコニア

 

すっかり秋らしくなった。

 

日中はまだ25℃以上になることもあるが、朝晩は風がとても冷たい。

私にとっては最高に過ごしやすい時期である。

 

夏の間、手入れができなかった庭には雑草が生い茂っている。

通路にまで広がり、今のところ裏庭には行けない。

何とかしなければ。

 

 

 

 

 

入院中の父にようやく退院許可が出た

 

アルツハイマー認知症の父が、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で入院してから1ヵ月半余り。

 

www.yamauba.work

www.yamauba.work

 

今週になり、ようやく退院許可が下りるに至った。

 

普通の食事を介助してもらいながら食べられるようになり、もう点滴はしていないそうだ。

 

ところが、今週はブラザーの仕事が重なり、病院に今後の話し合いをしに行けるのは来週である。

ケアマネさんも含め、医師と話をし、退院後にお世話になる介護施設を決める。

 

ある程度の目途は立っているようなので、後は退院と入所がスムーズに運んでくれることを願うばかりだ。

 

何より嬉しいのは、寝たきりでありながらも、父が普通の食事ができるようになったことである。

 

スポンサーリンク 

 

主役のいない庭の風景

 

久々に庭の風景をお送りする。

 

まずは、ブルーベリーの実から。

 

ブルーベリーの実

 

うちのは他所様より遅いようで、実が食べごろになり始めたのは最近だ。

長く続いた雨模様のおかげで、今までで1番の豊作である。

 

粒の大きいものほど甘い。

とてもヘルシーなおやつになっている。

まだまだ生っているので、後でまた食べに行こう。

 

続いてはヤブラン

 

ヤブラン

 

いろんな植物に挟まれて、窮屈そうに咲いている。

 

ヤブランも雑草といえば雑草なのだが、うちのは増えないのでこのままにしている。

年々、小さくなっている気がしないでもない。

 

次は、ナナカマドの実。

 

ナナカマドの実

 

ここ以外の実は、もう全部、鳥たちに食べられてしまった。

 

実の色が今ひとつなのは、まだ未成熟だからだと思われる。

青い実もあり、これから熟していくようである。

 

最後は、ベコニアの花。

 

ベコニア

ベコニア

 

繁殖力が凄いので、元気があれば引っこ抜きたいところだが、今年はもう諦めた。

花自体はとても可憐で美しい。

 

今年、庭で咲けなかった花は、私が把握しているもので3つある。

 

チューリップとシラン(紫蘭)と彼岸花

どれも主役級の花である。

 

庭は30年前に、この家とともに生まれた。

新陳代謝というか、世代交代と言うべきか、そろそろ新しい球根を植える時期に来ているのかもしれない。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

退院後の父の入所先が決まりそうで、本当に安堵している。

その介護施設認知症専門らしい。

 

面会は、母のいた施設のように厳しいかもしれない。

 

このご時世だから、尚更、仕方ないことと思う。

 

でもね。

 

母の時の業火が、また火柱を挙げようとしている。

私を包む業火の話は、またいずれ。

 

今は最善の道を、ひたすら真っすぐに進もう。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!