web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

【骨粗鬆症】整形外科の通院と夕暮れの出来事【鬱な心】

 

骨粗鬆症の治療と夕暮れのうつ気分

 

オニユリ

 

昨日は整形外科の通院の日だった。

蒸し暑いが、気温は30℃に満たず、随分助かったと思っていた。

 

ところが身体は楽ではなかったらしく、夜の睡眠は軽く10時間を超えた。

 

確かに帰宅してから疲労感はあったが、それほどと思っていなかったので、本人も驚いている。

 

体調がよくないと、メンタル面にも不調を来すのはいつものこと。

 

今回は、骨粗鬆症うつ病の闘病記録を記そう。

 

 

 

 

骨粗鬆症の治療】整形外科の診察で感じたこと

 

約2ヵ月ぶりの診察。

 

内容は、薬の副作用が出ていないかの確認と、血液検査のための採血だ。

 

副作用なないので、その旨を伝え、私は痛み止めの話を切り出した。

もう少し、強い薬はありませんかと。

 

医師は、あるにはあるけど…と苦笑する。

要するに、痛み止めは長期間服用するものではなく、胃や腎臓への負担が懸念されるという話だ。

 

仕方なく、強い薬は諦め、今まで通りの薬を2ヵ月分処方してもらった。

次の診察が2ヵ月後のためである。

 

しかも、痛くない時は飲まないようにと、2回も念を押された。

 

正直な話、痛くない日など1日もない。

特に膝は毎日痛む。

 

それとも、骨粗鬆症の治療を受け、改善されれば、この痛みは消えるのだろうか。

 

治療開始から2ヵ月た経ったが、まだ膝の痛みは悪化する一方である。

こんな調子で「痛くない日」は本当に訪れるのか。

 

すっかり懐疑的になってしまっているが、骨粗鬆症の治療の段階では、まだ初期のうちだからそう思うのかもしれない。

 

別の問題があるのかもしれないので、次回の診察時にははっきり質問しようと思う。

 

スポンサーリンク 

 

うつ病】ネガティブな夕暮れ

 

現状維持の鬱は相変わらず、胸の真ん中にドーンと居座っている。

 

夕方、アイスカフェオレが飲みたくなって、階下に作りに行こうとした。

でも疲労がピークで身体が重く、立ち上がることができなかったのである。

カフェオレは断念した。

 

私はこの先ずっと、この身体で生きていく。

現状ではとても元通りになるなど信じられない身体で。

諦めの悪いネガティブなナルシスト。

それが今の自分だ。

 

と、鬱を抱える「私」がため息を吐く。

 

この「私」の特徴は、鬱を感じると眠ってしまうこと。

いわゆる寝逃げである。

 

主なる人格と重なっているため……って、ややこしいから割愛。

 

要するに、私自身が眠ってしまうのだ。

昨夜も午後7時過ぎに眠り、中途覚醒を利用して眠剤を飲み、寝直した。

トータルすると、約12時間前後、眠ったことになる。

 

ショックだったのは立ち上がれなかったこと。

 

それだけで、あんなにダメージを受けるということ。

 

まあ、騙し騙し生きていこう。

私はこの身体でしか生きられないのだから。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

これは同じ経験をしないと伝わらないかもしれない。

膝から下が、他人の身体みたいなんだ。

ホラーじゃないよ。

 

2ヵ月後の診察までに、少しはいい変化があるといいのだけど。

あると信じて過ごそう。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!