web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

最近の不調を考える ヤブイチゲではなくキクザキイチゲ?

 

闘病記録 最近の不調と庭の風景

 

真上の空

真上の空 2022年4月6日撮影

 

気温が上がり、すっかり春らしくなった。

毎年この時期は鬱が辛い時期でもある。

私の場合。

 

加えて体調を崩しやすい時期でもあるのだ。

 

気象病持ちには逆に体調が万全な日があることは稀だろう。

 

www.yamauba.work

 

今回はこのモヤモヤっとした晴れない気分をブログにぶつけてみようと思う。

 

 

 

 

ここ3日くらいの晴れない気分と体調

 

精神面と体調面に分けて記録してみよう。

 

精神面の不調

 

本格的な鬱(うつ)までいっていないんだけど、引っ張られ気味なのは確か。

デフォルトの「現状維持」状態より、かなり近くに存在を感じる。

 

テンションは常に低く、気分は低空飛行を続けている。

 

こうなると、すべての作業に対して私の動きは鈍くなるのだ。

頭で考えることもどこか鈍い。

 

例えばブログ。

ブログを書こうとするが、何を書くのか考えがまとまらない。

なので、今回のように見切り発車で書き始めてしまう。

 

私は元々、頭の中がゴチャゴチャしている時に、ブログを書きつつ整理をするというやり方をよくする。

頭の中のことは、書いた方がキレイに整理されるのだ。

 

次に原因を探ろう。

 

1番考えられるのは、気象病による身体の不調が、そのままメンタルにも影響を及ぼしていること。

また、直接精神面に影響を及ぼしていることだ。

 

2番目は、足腰の痛みによる精神面への影響

最近は特に両ひざが痛み、歩行をますます困難にしている。

これも少なからず影響していることは確かである。

 

そして、やりたいことができない焦燥感

実はこれが半分以上を占めているのかもしれない。

 

身体面の不調

 

足腰と両ひざの痛みに関しては、上で挙げたので省く。

ちなみに右手の捻挫はすっかり治った。

これだけでも気分は違うはずなのだが。

 

気象病といっても症状は様々ある。

私の場合、頭痛はそれほど重くはなく、軽いめまいや動悸、貧血の前触れのような嫌な感覚が出現するのだ。

これらが始まると、空元気すら出せなくなる。

 

後頭部から首にかけスーッと血の気が引いていく感覚は、何度経験しても慣れるものではない。

 

しかし、どれも軽度なものなので、横になって休むほどでもない中途半端な不調だ。

気をつけていれば悪化はしないし、かと言って良くなるわけでもない。

そのまま日常生活を送るしかないのだ。

 

もうね、なんていうか… すっきりしない!

一言で言うと。

 

ここで訴えてもどうにもならない私の症状は以上。

 

スポンサーリンク 

 

庭の風景 ヤブイチゲじゃなくてキクザキイチゲかも

 

先日掲載したこちらの画像。

キクザキイチゲ?

 

www.yamauba.work

 

グーグルレンズを信じてヤブイチゲとして載せたが、その後図鑑やネットを調べているうちに、母が植えたキクザキイチゲという花ではないかと思えてきた。

 

ブラザーに確認したら、そうかもしれないと意外な答え。

キクザキイチゲ?

キクザキイチゲ?

繁殖力が旺盛で、庭の範囲からはみ出している花まである。

 

何にしても、玄関側の庭で一番早く咲く花らしい。

 

スイセンなど他の植物のつぼみ画像。

スイセンのつぼみ

青い花のつぼみ

木の黄色いつぼみ

個人的には最後の木のつぼみ? が気になる。

昨年、私が外に出られない間、どんな花が咲いたのだろう。

 

こちらはつぼみではないけど、よくわからない植物。

盆栽エリア

盆栽エリアの苔だらけの鉢に、摩訶不思議な植物が顔を出していた。

花のように見える葉っぱだと思うんだけど、小さくて可愛いの。

 

小さくて可愛いといえば、庭じゃない場所に咲く花たち。

タンポポ

 

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ

 

どれも可愛いね。

 

最後はやっぱり青空と雲。

北の空。

青空と雲

雲の形が面白い。

 

画像コーナーは以上。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

何だかんだ言って、庭に出ている時は足腰以外の身体の不調を忘れている。

もう少し足の自由がきくようになれば、裏庭も早く移動できるのに。

もっと長く庭にいたいな。

蚊や蜂が飛び回る前に。

 

植物の世界も難しいものだ。

でも私が花に興味を持つとは自分でも意外である。

 

祖母と母がいた世界のノスタルジア……かな。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!