web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

【足腰の痛み】骨粗鬆症と診断されて 精神面の記録

 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)と判明して 精神面の記録

 

ミヤコワスレ

 

2年に及び苦しめられてきた足腰の痛み。

 

その原因が骨粗鬆症だと判明したのは、先週の金曜日のことだ。

 

www.yamauba.work

 

今週の診察で、血液検査の結果を見てから、正式に骨粗鬆症の治療が始まる。

 

待ち遠しくて仕方がない。

 

今回は、しばらく記録していなかったうつ病、精神面について記録する。

 

 

t.co

 

 

骨粗鬆症 判明前の精神面の記録

 

うつ病に関しては、ずっと現状維持のままである。

 

たまに、ひどく落ち込むことがあったが、いずれも数時間で回復した。

 

とはいえ、足腰の痛みも手伝って、快調という日はなく、ずっと低調なまま過ごしていた。

 

特にこの日の後。

 

www.yamauba.work

 

骨密度の検査もなく、「治療法はない」として帰されてから、空元気で明るく振る舞ってはいたものの、相当な精神的ダメージを受けていた。

 

2週間引きずったまま、迎えた心療内科の通院日。

私が受診した整形外科に関し、主治医の評価は悪く、「良い整形外科」を教えてくれた。

 

www.yamauba.work

 

2つ目の整形外科でも、痛みの原因がわからないところまでは一緒。

 

でも、その後の対応が違った。

医師は骨密度の検査を勧め、痛み止めの薬を処方してくれたのだ。

 

捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったもの。

 

暫定的な処置とはいえ、痛み止めの薬を出してくれたのは、私の痛みを何とかしようとしてくれている証に思えた。

 

見捨てないでくれる……整形外科医もありがたかったし、この病院を教えてくれた主治医にも、感謝の気持ちでいっぱいになった。

 

精神面は穏やかになり、新たな期待を抱くまでに。

 

この病院なら、痛みの原因を突き止めてくれそう、治療ができれば治せるかもしれないという期待を。

 

スポンサーリンク 

 

骨粗鬆症 判明後の精神面の記録

 

正直なところ、骨粗鬆症かどうかは半信半疑、原因は他にあるのでは? などと思いつつ受けた骨密度検査。

 

www.yamauba.work

 

それがまさかの骨粗鬆症という結果に。

 

こんなにもあっさりと原因が判明しようとは。

 

精神的にはとても楽になった。

同時に希望が持てた。

 

骨粗鬆症は治療をすれば治るのだから。

 

前述のように、次回に出る血液検査の結果を待ってから、骨粗鬆症の治療が始まる。

 

期待を込めて、堅実に治療に取り組みたい。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

精神面の変化をまとめると、骨粗鬆症判明前は1つ目の整形外科のダメージが強い。

判明後は気持ちが楽になり、希望も持てるようになった。

この2点がすべてといっても過言ではない。

 

うつ病はずっと現状維持のままである。

低調だったのが、少しは浮いたかなという感じだ。

 

でも焦らずいこう。

骨粗鬆症治療を最優先として、まず身体を整えなければ話にならない。

日常生活に多大な影響を及ぼし、外では杖をついて歩いても、ふらついたり転んだりする有り様だ。

 

整形外科の通院についても、逐一、ブログで報告したい。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!