web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

本日も不安定なり 台風が近づく中 不安をブログにぶつけてみる

 

台風接近中! 不安定な気持ちをぶつけて記録した記事

 

数日前の青空

 

気持ちの不安定さは少し前からあったが、台風のせいか昨日から体調も悪い。

いろいろ薬を飲んだおかげで、今はちょっと楽になった。

 

この際、現在の私が抱える不安を挙げて、自分の頭の中を整理したい。

漠然と抱え続けるのではなく、言語化して自覚するのが目的である。

 

これも闘病の記録と思っていただけたら幸い。

 

  

スポンサーリンク 

 

  

まだ歩けない! 最大のストレス

 

ことの発端は、裏庭へ通じる道の雑草取りをしていて尻もちをついたことだった。

 

www.yamauba.work

 

なんと7月の初め。

もうすぐ1ヵ月である。

 

実は先週の日曜日か月曜日、そろそろ痛みがなくなってきたと思い、軽いストレッチをした。

軽かったのだが、痛みが薄れていた筋を、痛い方向に伸ばしてしまうという自爆行為をしてしまったのだ。

 

あれがなければ、今頃は痛みなく歩けていたかもしれない。

マヌケな話で拍子抜けした方もおられるだろう。

そう、私はかなりのマヌケである。

 

自爆行為であり自業自得なのだが、それでも痛いものは痛い

 

それから約1週間。

少し楽にはなったものの、まだ痛みは強い。

二重に痛めたので当然の痛みだろう。

 

また別の意味でも痛い。

私が飲んでいる薬はこちらなのだが…。

 

 

1週間分で2,000円を超える価格なのだ。

以前は漢方より安価の錠剤のラックルを飲んでいたのだが、コロナ治療薬に使われる成分があるらしく、そちらを優先して通常のドラッグストアには出回らなくなった(ドラッグストア店員談)。

現在はAmazonでも入荷待ちとなっている。

 

まあ、漢方の方は高いだけあって効いてはいる。

 

以前なら筋を1回やると、痛みの範囲がどんどん広がったが、漢方ラックルを飲んでからはそれがないのだ。

痛みはずっと同じ場所で、湿布をあちこち貼る必要がない。

 

もう1週間飲めば、かなり改善するものと思われる。

自爆行為さえしなければ。

 

今年になって、まともに歩けた期間より、歩けない期間の方が圧倒的に長くなってしまった。 

一時は庭の雑草取りをするまで回復したのだから、きっとまた回復すると信じている。

 

後は大事に大事にして、せめて通院を徒歩でできるようにしたい。

  

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

  

気象うつかもしれない この時期恒例の不安定さ

 

以前、冬季うつという症状をご紹介した。

 

www.yamauba.work

 

季節の中でもっとも多い冬季うつ病を取り上げたが、冬季以外でもなり得る

私の場合は梅雨から夏にかけてで、2~3ヵ月は不安定さが続くのだ。

 

まず自分が暑さに弱いことが1番の原因である。

その他の弱点を箇条書きにまとめてみよう。

  • 熱風に少しでも当たると動悸が始まる(熱中症の症状のひとつ)
  • 太陽光の眩しさを間接的に(壁や窓)見ただけでめまいを感じる(これも熱中症?)
  • 熱いものを食べたり飲んだりしただけでもホットフラッシュが始まり、時々動悸を伴う(更年期障害熱中症?)
  • 食欲がなくなり、また拒食症に陥るのではと不安になる
  • 毎日クーラーを使うようになると疲労感や倦怠感が抜けない

 

最後の症状は、健康な人でも経験がある人は少なくないはず。

4番目は一昨年の夏に無自覚のまま、拒食症に陥ってからの心因的な症状だ。

 

そして、1番目から3番目は震災の年から始まった症状

これらも不協和音のように、うつ病治療の影響で消えるとすれば、心因的な症状ということになる。

 

特に、更年期障害の症状とされるホットフラッシュ

同時期に始まった症状なのだが、10年も続くものなのだろうか。

 

何にしても、これだけの症状がもう始まっているので、鬱(うつ)も常に重めな夏場である。

 

今年はどれかひとつでも、症状が軽くなると信じたい。

 

スポンサーリンク

 

 

ネジバナ ムクゲなど ここ数日間の「今日の画像」コーナー

 

外に出るどころか窓際にジッと立っていることも困難で、最近はあまりデジカメ撮影をしていない。

それでも数枚、撮影したのでご紹介する。

 

まずはブラザーが撮影して送ってくれたネジバナから。

庭先のネジバナ

さり気なく庭の数ヵ所に咲くので、雑草かと思っていたら、ブラザーが育てていることがわかった。

もちろん私は抜いたことがない。

育てている理由は「可愛いから」だそうだ。

 

次は、私の2階の部屋から撮影した画像。

白く丸いものはキハダの実かな? 

庭の白っぽい花 樹木

間違っていたら申し訳ない。

 

そして裏庭のネムノキの花。 

ネムノキ ネムノキの花 裏庭

木の幹本体は画像よりずっと左にある。

でも家の中から撮影できるのはこの部分だけ。 

随分と長く咲く花である。

 

そして裏庭の右端の大木、ムクゲにもたくさん花が咲き始めていた。 

ムクゲ 花 裏庭の木

ムクゲ 花 裏庭の木

こちらも家の中から撮影した低い枝である。

この部分だけでこんなに咲いているのだから、全体が見える場所から見たら、さぞ奇麗だろう。

 

最後は3日くらい前の青空。 

数日前の空 青空と雲

 

一昨日かな?

満月が奇麗に見えたのに立ち上がる気になれなかった。

 

今後、外の画像が増えるかどうかは足の治り具合にかかっている。

 

スポンサーリンク

 

 

あとがき

 

もっと不安定さが出るかと思ったけど、画像コーナーのおかげか、気分が少しばかりよくなった気がする。

 

現在の社会は気象うつよりコロナうつの方が深刻だ。

新型コロナウイルスの感染者数は増え続け、戦々恐々としてお仕事をなさっている方も多いと思う。

 

感染防止対策はもちろんのこと、自分や家族の心のケアにも気を遣わなくてはならない。

個々にそれぞれ不安を抱えながらも耐えようとしている人々。

そんな皆さんに敬意を表しつつ、今回の記事を締めくくろう。

 

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク