web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクト 介護 うつ闘病ブログ 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

また転倒 うつ病闘病記録 今日の画像コーナーも

 

転倒するも軽症 鬱(うつ)の記録 除雪車が通ったあと

 

吹雪にかすむ景色 2021年2月4日撮影

吹雪にかすむ景色 2021年2月4日撮影

 

今回は最近の心身の状況など、闘病記録を記そうと思う。

昨日3日、1階で転んだ時は何ともなかったのだが、今日になってから身体に違和感が生じた。

 

まずは、その転倒の話からにしよう。

 

 

スポンサーリンク

あやし美し春爛漫

あやし美し春爛漫

 
夏のやくそく (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

夏のやくそく (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

  • 作者:きしべのあざみ
  • 発売日: 2020/06/23
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 
摩天楼のネジ穴: 最新版

摩天楼のネジ穴: 最新版

 

 

3日夜の転倒について

 

1階のキッチンでブラザーと話をしていて、コーヒーを置いてある棚に近づこうと、何気なく後退した時だった。

父があちこちから集めてきた物につまづいてしまったのである。

しかも後ろ向きに。

 

集めた物を元に戻しても、アルツハイマー認知症の父は同じ行動を繰り返すだけなので、敢えて床に置いたままにしてあるのだ。

店舗からも持ってくるので、高価なものは見つからないように隠してある。

 

わかっていたはずなのに、思ったより近くにあったためにつまづいた。

どなたかな? 老化現象と思ったのは。

否定はしないけども。

 

で、私であるが、つまづいたままゆっくりと、父が集めた物の上に尻もちをついた状態だった。

ゆっくりと、というのは、右手側に食器棚や細長い机(父の血圧測定用)があり、それに手を掛けながらの転倒だったからだ。


昨年春にやったようなダイレクトに強烈な転倒ではなかった。

 

www.yamauba.work

 

転んだのは父が置いた物のせいなのだが、それらがクッション的な役割も果たし、真後ろに転んだというのにどこも痛くなかったのである。

誠に複雑な思いであった。

 

なぜか小皿類が多く、音はど派手である。

でも割れた物も壊れた物もひとつもなかった。

ただ、更に散らかしただけという感じだ。

 

「俺の仕事増やしてくれたなぁ」

 

ブラザーが苦笑交じりに言った。

片づけてくれるらしい。

ありがたかったが、私もやり返した。

 

「お前の時は この倍は音がすごかったからな」

 

「マジで?」

 

顛末はこちらの記事をご覧いただきたい。 

www.yamauba.work

 

そして今日4日、目覚めた時から身体の左側に異変を感じた。

最初は胃痛かと思った。

 

でも起きて身体を動かしてみると、痛い範囲が広すぎる。

身体正面の胃の辺りから、脇腹、背中まで。 

左ひじも痛い。

 

左手にマグカップを持っていたので、瞬間的にひじで受け身をしてしまったようだ。

左上半身にかなりの負荷がかかったものと推測される。

胃、脇腹、背中の痛みも、内臓ではなく筋肉痛に近い。

 

ビタミンDサプリを飲んでいてよかった。

 

プロテインも飲みたいと前から言っているが、1月は歩くことさえままならなかったので、やめておいた。

それよりも野菜不足を補うための、他のビタミン剤の方が先かもしれない。

目がすっきり見えるようになるサプリも気になるし、悩みは尽きないものだ。

  

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

  

 

 

精神面の状態について

 

激重鬱に陥ったのは5日くらい前だったろうか。

その頃に比べるとかなり安定している。

安定した鬱の状態という意味で。

 

悪化する外因になりそうな出来事が2つあった。

近所に店舗を出していて、昔から家族ぐるみのつきあいをしている兄弟がいる。

その兄上の方が心筋梗塞で亡くなったのだ。

まだ60代でバリバリに働いていた方が。

 

私がひきこもり状態になる前は、その店によく通っていたし、それぞれの友人も含めて一緒に飲みに行ったこともある。

とてもショックだった。

 

兄弟は男3人でとても仲がよかった。

でも長男が倒れて入院してから、長男家族と兄弟の間に店をめぐる問題が勃発し、それも私のショックを後押しした。

他所の家のことなので深くは聞いていないが、もしもの場合どうするか、やはり元気なうちに話し合っておくべきだと痛感する。

 

もうひとつは従兄の話。

数日前に、まともに食べられなくなったと連絡が来たが、今は少しは食べられるようになったとか。

でも酒だけは毎日飲んでいるようだ。

 

心配したくなくなるけど心配。

精神衛生上、非常によろしくない状態である。

でも鬱が悪化していないのは、私がもう諦めているからかもしれない。

あいつはどうしようもない男だし、私は力になる術を持たない。

 

今月下旬に検査の予定だが、それまでもつのか。

奇跡的に「腫瘍が消えている!」なんてことにならないかな…と思うあたり、私も本心では治ってほしいと思っているのだろうか。

 

言っちゃうとね、うちだって借金生活なのに、従兄の障害者年金等で足りない分はブラザーが払っちゃってるのね。

返ってこないだろうし、返してもらおうとも思わない。

でもね、本人が真面目に闘病に取り組んでくれたら、こっちももっとスッキリしてるだろうと思う。

 

また愚痴になりそうなのでここまでにしよう。

 

なんにせよ、外因はあっても鬱は悪化していないということである。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

今日までに撮影した「今日の画像」コーナー 14枚

 

まず今日撮影した画像からいこう。

吹雪にかすむ景色。

吹雪に霞む景色

吹雪の中のシラサギ ダイサギ

シラサギ(ダイサギ)がいたけど、首を縮めて寒そうに見えた。

 

あとは2月に入ってから撮影した画像を。

天気のいい日もあり、日向ぼっこをするシラサギも見ることができた。

シラサギの日向ぼっこ ダイサギ

すっかりリラックスしていて毛繕いを始める。

シラサギの日向ぼっこ ダイサギ

シラサギの毛繕い ダイサギ

シラサギの毛繕い ダイサギ

シラサギの毛繕い ダイサギ

すごい首の柔らかさ。

シラサギの毛繕い ダイサギ

1本(1枚?)抜けそうな羽があって気になっている様子。

シラサギの毛繕い ダイサギ

日向ぼっこをするシラサギ ダイサギ

でも結局、諦めた。

今日はびよーんとなっている羽がなかったので、無事、抜けた模様。

 

ある日の朝焼け。

2月初旬の朝焼け

ちょっと時間が早過ぎたようで、辺りはまだ暗かった。

川面に映る朝焼け

川もまだ暗いけどカモたちは早起き。

 

最後は夜中に除雪車が通った道。

右側が車道。

除雪車が通ったあと

除雪車が通ったあと

向こう側はもう氷の塊になってしまっていて、春に融けるのを待つしかない状態。

今夜も除雪車通りそうである。

頑張れブラザー。

 

スポンサーリンク

無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

 

 

 

あとがき

 

あ、ひとつ書くのを忘れたことがあるけど、そのうちまた記そう。

鬱が悪化しなかった理由でもある。

 

自分のためにすることを見つけ、まだ準備段階ではあるが、気持ちは先に飛んでいる。

こういう時こそ、足を地につけなければ。

 

新型コロナウイルスのワクチン詐欺が増加しているようだ。

お金を払う必要はないので、皆様どうかお気をつけを。

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

 

 

<