山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

過眠より鬱・マイナポイント申し込んだよ・おにぎりと和菓子でお昼

道端の黄色いバラ

道端の黄色いバラ

 

今日は通院の日だった。
曇り空で雨がポツポツと落ちるぐらいで本降りになる気配はなく、風も涼しくて絶好の通院日和。

 

病院の後は買い物をし、市役所にも寄ってきた。
市役所を出ると、なんとカンカン照り。
昼時ともなると太陽も本気である。
そこから太陽と私の勝負は始まった。

 

そんなこんなも含め、今日の出来事を記録しよう。
今回は嬉しいニュースもある。

 

 

ミルタザピン(リフレックス)を1錠に戻した

 

そういえば前回は杖をついて病院へ行った。
今ではもうすっかり普通に歩ける。
湿布はまだ必要だけど、忘れることもあるくらいだ。

 

今回の診察では、睡眠障害というより欝(うつ)についての話をした。


先生も同意してくれて、睡眠導入剤ミルタザピン(リフレックス)を1錠飲むことにしたのである。

昨日までは1錠の半分を飲んでいたので倍の量。

 

元々、最初の処方では1錠だったのである。


あまりの過眠で半分にしたが、それでも過眠のままなら1錠に戻し、鬱の回復を優先させるという結論だ。

これで少しは良くなればいいが、そうでなければ薬を変えてもらう必要がある。


それなら早い方がいい。
上限量まで飲んでも効果がなければ、先生もまた考えてくれるだろう。

 

私の予感では、サインバルタは不協和音など一部の仮面うつには効いた良い薬だったけど、鬱本体は消してくれない。
ミルタザピンも同じだが、こちらは睡眠によく効く。


どちらにせよ、私の鬱を治してはくれる決定的な薬ではない気がするのだ。

あくまで「私の場合」
個人差があるので、素人の言うことと耳半分で聞き流していただきたい。

 

そして今日は3ヵ月に1回の採血。
前回は担当者が休みだったのか、初めて先生に採血された。
はっきり言ってとても痛かった。

 

今日は何度か採血されたことのある女性が担当。
先生の件をひっそり伝えて笑い合ったり、彼女が私のスカーフを褒めてくれたり、ほんの一時の静かなやり取りで癒された心地になった。

 

次に買い物をしたのだが、その話の前に市役所での話題を。

  

スポンサーリンク

 

  

マイナポイント予約・申し込みスムーズに完了

 

そう、私が市役所へ寄ったのはマイナポイントの予約のためである。
自分でパソコンでやるつもりだったけれど、どうせ病院に行くなら直接役所で済ましてしまおうと思ったのだ。

きっと、その方が早いと。

 

実際、予想を上回る早さで手続きは完了した。

 

私は予約と申し込みは別々にしなければいけないと思っていたが、女性担当者が一気に申し込みまで終わらせてくれたのだ。
もちろん特別扱いなどではなく、希望者全員にしていることなのだろうが。

 

そういえばスムーズではないところが一つだけあった。
マイナンバーカードの暗証番号を自分で打ち込む時のことである。

 

私がマイナンバーカードを作ったのは一昨年のこと。
思い出せなかったが、電話番号や住所、生年月日と無関係なものをと言われた場合、私が使う番号は4通りある。

 

まず1つ目。
違った。

 

ここで担当者から

「3回間違えたら手続きができませんよ」

と言われ、緊張しつつ2つ目の番号を打ち込む。


これが当たった。

なぜか私以上に喜ぶ担当者が可愛い。

後の打ち込みは彼女に任せ、最後に私がキーワードを決めて打ち込み、無事に手続きは完了となった。

 

思い返してもどこまでが予約で、どこからが申し込みだったのかわからない。

 

ちょっと話はそれるが、小さいテーブルをぎゅうぎゅう詰めになって囲み、密密も甚だしい会議をしていた男性職員たちが気になった。
彼らに危機感はないのだろうか。
遠い国の話だとでも思っているのだろうか。

 

ちょうど正午になるところだったので、すぐに解散となったとしてもだ。


まあ、チラッと見ただけなので説教くさい話はやめておこう。

それより私を担当してくれた女性職員によると、マイナポイントの応募には全国的に結構まだ余裕があるとのこと。


マイナンバーカードをまだ受けていない人が多いのか、マイナポイントの人気がイマイチなのか……まあ前者であろう。

 

スポンサーリンク

無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

 

ダイソン公式オンラインストア

 

予想だにしなかった太陽との対決!


市役所を出ると、なんと晴れているではないか。
太陽がギラギラとアスファルトを照らし、私の行く手を阻むように熱を張り巡らせている。

 

ふっ……今年初の勝負だね? 受けて立とうじゃないのさ。

 

あくまでも、私の心の中の呟きである。

 

行き先数100m、日陰らしい日陰は見当たらない。
病院で褒められた涼やかなスカーフをなびかせ、私は颯爽と歩き始めた。

 

去年の私なら考えられないことだ。
人を溶かすかのような陽光、その殺人光線を建物の壁がはね返し、行く手に灼熱地獄を出現させる。


表現は大げさだけど、私にとっては本当にそういうものなのだ。

 

その中を歩いてる。
太陽の光をまともに浴びながら。

 

最初の日陰まで問題なく歩け、勝利の手ごたえを感じ始めた。

 

真上の空 日陰

日陰で撮った真上の空


狭い道になり、どんどん日陰は多くなっていく。

 

このまま薬局に寄って帰れると思った。

薬局の近くは太陽を遮るものがなく 、また殺人光線を浴びなければならないが、 私には自信があったのだ。

 

ところがである。

 

日陰を抜けて再び太陽の光を浴びた瞬間、予期せぬ動悸が久々に始まった。

めまいよりのぼせより動悸が一番怖い

私の場合、それが熱中症へのカウントダウンだからだ。

 

薬局には寄らず、そのまま帰宅することにした。


部屋を冷やして楽な服装に着替え、一休みしてようやく気づく。
動悸がおさまっていると。

 

こんな一時的なものなら薬局に寄ればよかったと窓の外を見るが、一度ギブアップしたものは余計に地獄に見えてしまう。

 

ということで、薬局にはブラザーに行ってもらった。
父の薬ももらう予定でちょうどよかったらしい。

 

過酷な前半は勝ち、後半は負け。
よって今回の太陽との勝負は五分としたい。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

戦利品? 「今日の画像」は和菓子中心

 

一息ついてから、私が食べたお昼ご飯を紹介しよう。

ランチじゃなくて、お昼ご飯よん。

わかめおにぎり

わかめおにぎり

あらら?

もっとサイズ小さくしてもよかったわね。

ちなみに今日のお昼ご飯はぜ~んぶ640pxよん。

 

わかめおにぎりってヘルシーでリーズナブルなの。

2個食べたいところだけど~…やっぱこっちよね!

ごま巻き

ごま巻き

和菓子なのよ。

スリごま巻いちゃってんのよ。

もち粉を使ってるからやわらか~くて美味しいの。

味はね、This is ゴマ! 

ごま好きにはたまらないわよ、ホントに。

 

ごまと来たら次はあんこよね。

なんとなく。

あんこ入りきりせんしょ

あんこ入りきりせんしょ

うちのおばあさんが昔作ってくれたのと比べると、どえりゃ~進化ですわ。

きりせんしょの中にあんこ入れちゃうんよ?

それがまた美味しいのなんのって。

3個入り1パックを2つ買ってきちゃった、テヘッ。

 

あ、これも和菓子よ。

1個に換算すると…80円ってことになるわ。

あらま、他店で売ってるもみじまんじゅうと一緒よ!

きりせんしょ負けないで!

どっちも好き!

 

これらと水。

が、今日の私のお昼ご飯でした~。

バランス最悪…

 

 

あとがき

 

ああ、日付けが変わってしまった…。

本記事の「今日」は2020年7月22日である。

 

この凄まじい偏食には理由がある。

ただでさえ食欲がないのだ。

食べなきゃ去年みたいに衰弱死寸前になってしまう。

だからジャーのご飯のように熱いものではなく、パンとか和菓子を中心にして大量に食べている。

売っているおにぎりは熱くなくて助かるし美味しい。

 

あ、あと嬉しいニュースというのは『麒麟がくる』の放送再開が決定したこと!

もうほとんどの人が知っちゃってるよね。

楽しみだわ~。

待ってた甲斐があるってもんよ。

 

今回はこんな感じです。

それではまた。

  

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】

 

ランキングサイト 応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ