web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

過眠が解消?ここ5日間の睡眠の変化 テキトーに生きるのだ!

フルニトラゼパム・ミルタザピンそれぞれの効果が変わった?

 

紫色の実 うちの庭

紫色の実 うちの庭

 

10月を迎え、すっかり秋らしくなった。

最近ちょっと睡眠導入剤の効果に変化があったので、今回はまともに(?)闘病記録を記そうと思う。

 

 

スポンサーリンク

 

 

変化が起きる前の私の睡眠状態

 

私は就寝前に飲む睡眠導入剤を2種処方されているのだが、時間差を置いて飲むようにしている。

同時に飲むと、トイレに起きた時にふらついて危ない経験をしたからだ。

起きていたブラザーと会話をしたこともあるが、何を話したかも憶えていない。

まるで夢の中で行動しているような感覚なのだ。

 

睡眠時間が7時間程度で済んでいた頃は、トイレに起きたことなど一度もなかった。

だがミルタザピン(リフレックス)を飲むようになってからは睡眠時間が12時間を超えることが多く、就寝前に水を飲んでいるため途中でどうしてもトイレに行きたくなってしまう。

 

睡眠時間が長くなったのは副作用ともいうべき「過眠」のせいであり、最長で17時間ほど眠ったこともある。

半量にしても結果は同じだったので今は1錠15mgに戻した。

 

試行錯誤して辿り着いたのが時間差作戦である。

ミルタザピンより先に処方されていた、もう一つの睡眠導入剤フルニトラゼパム(サイレース)は、上限の2錠2mgを飲んでも私には効かない。

 

そこでまずフルニトラゼパムを飲み、1~2時間後にミルタザピンを飲む。

するとトイレに起きても意識はしっかりしている。

多少のふらつきはあるものの、感覚がまったく違うのだ。

なぜなのかはわからない。

 

本当ならそこで起きてしまいたいところだが、ここからが本番というような眠気ですぐに寝てしまう。

 

特に春から夏は、窓を開けて寝るか否か、冷房をつけて寝るか否かという判断で悩むこともあり、長時間眠るわりには快眠とは言いがたいものがあった。

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、9月に入っても真夏と変わりない日が続いた。

 

冷房が不要になったのは9月中旬だったと思う。

ここまでが変化以前の私の眠りである。

 

スポンサーリンク 

 

5日前から始まった睡眠の変化

 

5日前、睡眠導入剤フルニトラゼパムを飲んだところ、気がつくと私は座ったまま眠っていた。

寒くて目が覚め、そのままベッドに入って眠ったのだが、起きてから気づいた。

ミルタザピンを飲み忘れたことに。

 

フルニトラゼパムだけで眠れたことには驚いたが、ミルタザピンを飲んでも眠れなかったこともあるので、たまたまだろうと気にせずにいた。

 

ところが翌日も同じ状態で眠ってしまい、寒くて目が覚めた時にミルタザピンを飲むべきか一瞬だけ悩んだ。

元々フルニトラゼパムで眠れなかった場合に飲むようにと処方された薬。

とにかく眠かったので飲まずに寝た。

 

これが3日間、連続したのである。

 

でも抗うつ・抗不安剤の効力もあるミルタザピン

減量ではなく突然やめたら禁断症状が出るのではと不安になり、一昨日からは以前と同じように飲むことにした。

通院は来週なので、その時に先生に相談すればよいのだから。

 

そこでまた新たに気づいたことがある。

ミルタザピンによる過眠が抑えめになってきている気がするのだ。

まだ2日だけの経過だが、睡眠時間はなんと10時間以下。

 

今日などは朝の6時頃までコツコツ過去記事整理をしていたのに、睡眠時間は8時間である。

なぜかはまったくわからない。

 

一つ言えることは気温の変化だ。

フルニトラゼパムの前に飲んでいたゾルピデム(マイスリー)は、逆に暖かくなるとすぐに眠れていた。

ほんの初期の期間だけではあるが。

 

変化したことをまとめると、

  • フルニトラゼパムだけで眠れるようになった
  • ミルタザピンによる過眠が解消された

 

ということになるのだが、1週間にも満たない期間の変化なので、この先も続くとは限らない。

通院の日まで様子見である。

  

スポンサーリンク

無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

 

ダイソン公式オンラインストア

  

たばこ値上げで銘柄を変更

 

電子タバコJUULによる、のんびり禁煙作戦は続いている。

一気にやめるとストレスになるので、徐々に本数を減らしていくというもの。

プレッシャーにならないように本数は数えていないが、減っているのは確実。

 

そこで、この10月からのたばこの値上げで銘柄を変えた。

一番安価なCAMEL(キャメル)に。

私は一番安いたばこしか吸わない。

要するに自主的に変えたのではなく、もっとも安い銘柄が変わっただけの話だ。

 

当然だが、キャメルは普通にたばこの味。

一方の電子タバコJUULは、今はベリーズのフレバーを選んでいる。

断然ベリーズの方が味がいい。

メンソールの次に好きだ。

 

それでもきっぱりやめられないのが依存症というもの。

少しずつ、少しずつ減らしていきたい。

 

スポンサーリンク 

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

あとがき

 

自分に甘いと思われる方もおられるだろう。

その通り、今は自分を甘やかす期間なのである。

 

ずっと無理をしてきた。

うつ病と診断されてからもずっと。

 

やっと自分の治療に専念できる日々を迎えたのだ。

そのために次のような訓練をしている。

  • 我慢してストレスをためない
  • 無理な時はすぐ無理だと言う
  • 自分のすることに制限を与えない
  • 人に頼ることに罪悪感を持たない

 

これらが今までできなかったこと。

もちろん人様や家族に迷惑をかけないことが前提である。

 

今まで普通にしてきたことなので、なかなか難しい。

でもストレスは鬱(うつ)を重くするし、罪悪感は自分を解放できないし、無理をするのは後々人に迷惑をかけることになる。

 

少し楽に生きてみようと思った。

自分のために、とはまだ思えないけど、何のためでなくてもいいから。

 

なんか真面目なこと言っちゃってるな。

これからはテキトーに生きるよ。

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

 

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】