山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

不安定ではない前夜に語る母の介護で失敗したこと・大切なこと

こんばんは。

今日も比較的、安定している山姥です。
 
【 目次 】

 

ふきのとうと空の画像

イメージ 1
あまり美しくない写真ですが、ウチの北側の庭のふきのとうです。
落ちた枝やら枯れ葉やらを取り払って撮影したかったのですが、1メートル以上の段差がある場所なので、そのまま真上から撮りました。遠回りして降りて行けばいいだけなんですけど、寒くてそこまでする気にはなれず。
 
曇りでほぼグレーな空に見つけた僅かな青空。
イメージ 2
 

母の介護の記憶 「自分」を失わないことが大事

実は明日、父と二人で留守番の日なのです。でも何故かいつもの不安定さがありません。
 
母が最初にうつ病になったのは私が30代前半の頃。突然の介護の始まりで、心構えも何もありませんでした。
四六時中、目が離せない中、ネットでうつに関する情報を集めまくり、まずは父と兄弟に基本的な知識を伝えました。そうでなければ「死にたい…」と言って泣き続ける母への対処もままならなかったからです。
 
特に父は何が起こっているかもわからず、絶望的な気分になって一緒に泣いてしまったりしていました。兄弟もまだ若かったせいもあり、なだめたりはするものの、積極的に理解しようとする姿勢はありませんでした。
 
私がやらなければ
 
娘だから当然の思いですし、そうせざるを得ない環境です。
冷静に振り返ることができる今になってわかることですが、その瞬間から私は自ら「自分」を消し去ったのです。介護者としてもっともしてはいけないことを。
十数年に渡る介護期間中、母は単なるうつ病とは思えない異常な行動を見せるようになり、とにかく毎日が必死でした。
神経は常にピリピリと張り詰め、5分もじっとしていられない落ち着きのなさ、集中力のなさ。既に摂食障害睡眠障害が酷くなっていたので自覚はありましたが、「自分」をどうにかしようという発想は微塵もありません。
 
気がつくと、今が平成何年なのか、自分の年齢がいくつなのか、カレンダーで確認しないとわからないほど自分のことがわからなくなっていました。鏡に映る人物さえ、それが自分だと認識できないのです。
 
私のような例はおそらく極端だとは思いますが、若いうちからある程度の心構えと、何より「自分」を失わないことが基本だと伝えたいです。
 
誰に?
 
今はまだそれさえ明確に言い表せない状態ですが、書き留めておきたくて書きました。
おそらく答えは「過去の自分に」だと思います。
 

ブログを初めてから変わった!その意識の変化とは

ブログを始め、仕事を始め、徐々に自分を客観的に意識できるようになってきたようです。
明日を前に不安定さが表出しないのも、「できることだけやればいい」「できないことは諦めていい」と、自分に許可が出せるようになったからかもしれません。
 
ちょっと語ってしまいました。
消えてしまったはずの「自分」はまだちゃんと生きていた様子です。
 

私お気に入りのふくろうたち

イメージ 3
前に載せたのと同じ形ですが、実は色違いです。
並べるとこんな感じ。
イメージ 4
1枚目と色が違う……どうしてこうなっちゃうんだろう?
1枚目の方が実物の色です。色違いはまだ2つありますので、いつか載せたいと思います。
 

最後に

何だか妙に落ち着いている自分が怖くもありますが、たぶん明日も大丈夫でしょう。
不満があるとしたら、仕事には集中できない1日になるということくらいでしょうか。
まあ、それもまた仕方のないことです。他のことで気を紛らわせて過ごすことにします。
 
皆さんのおかげです。ありがとう。
それではまた。