山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

仕事をやめてしまう前に!介護離職問題・介護給付金制度について

こんばんは、山姥です。
今回は真面目なテーマなので、まず先に青空を。
イメージ 1
今日もどんよりした天気で今は雨が降っています。
日中、ほんの短時間いい天気になり、久々に青空を撮影しました。
 
【 目次 】

介護離職問題・介護休業給付金制度について

今、仕事関係で介護に関する法、制度、離職者問題を徹底的に調べています。
国は「離職者ゼロ」を政策に掲げ、新たな法改正も施行されますが、まだまだ足りません。現場の人間が言うんだから間違いなく足りません。
 
団塊の世代が70代に突入したら、更に更に現場は厳しくなっていきます。
介護する子は働き盛り真っただ中。
 
それでなくてもですよ。
現在でさえ、女性の離職率は見ていて痛々しくなるほどです。
そういった方々が私のようにならないようにするには、一体どうしたらいいのか。
 
まず、自分を守ってください。
 
私は大きな過ちを犯しました。
私が一人で介護をやらねば」という強烈な思い込みです。
 
一人でやろうとしなくていいんです。
利用できるもの、サービス、人を最大限に使い倒してください。
 
介護休業を取れる立場の人は、仕事をやめる前にその制度を利用してください。
会社に拒む権利はありません。解雇を促すなどの行為も禁じられています。
しっかりと休業給付金の支給を受け、ケアマネージャーに何でも相談しましょう
合わないケアマネさんならチェンジも可能ですからね。
 
離職した人の半数以上が「やめたくなかったと答えてるんです。
介護の負担に加え、これはかなりの精神的ダメージになると思います。
 
どうか、仕事をやめる前に考えてみてくださいね。
切に願います。
 
 

木製のふくろうの置物 私のお気に入り

イメージ 2
ちょっと過去の自分を思い出し、熱くなってしまいました。
今日のふくろうは見た目より軽い木製です。
もっと茶色なのに上手に色が映りません。
 
尻尾が長いのが特徴なのでバックショットです。
イメージ 3
実は同じ形の真っ黒なふくろうもいます。
綺麗に写る場所を選んで、いつか載せたいと思います。
 

最後に

過去の自分を思い出し不安定気味でしたが、ここへ来て落ち着きました。
偉そうなことを書いてしまって、不快に感じた方がいらしたらお詫び致します。
 
私は母の介護で誰も望まぬ共倒れをしてしまい、現在も精神疾患を患って通院している身です。
そんな中、父の介護もしていて、介護問題は他人事ではないのです。
私のような人が生まれませんように。
それではまた。