山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

あなたは守られていい子

こんばんは。今日はちょっと趣きを変えます。というのも…

昨日の記事のアクセス解析を見て驚きました。
普段は50~60代の訪問者が多く、介護や認知症や花の話題では30~40代、特に女性の割合が増えます。仕事や月などの話題では10代20代の訪問者も見受けられましたが、昨日はなんと初の10歳未満の表示が。

Yahooさんの解析を全面的に信じてみた場合、昨日の年代別訪問者は安定の50~60代の皆さん、10~40代はゼロ、そしていきなり10歳未満です。それも一人二人ではない様子。DV絡みでしょうか…

今日も自分の中のことを書こうと思っていましたが、小さい頃の私と同じような子供たちが読んだのではと思うと、もう気が気ではありません。救いになるようなこと、ためになるようなことを書ける自信はないので、昔の自分に語りかける形で書いてみようと思います。

イメージ 1




























こわいことをがまんしているあなたへ

いい子だね。あなたはほんとうにいい子だよ?
自分ではそう思ってないかもしれないけど、こわいのにがんぱってがまんして、もっともっといい子になろうとしてる。

だいすきなお父さんとお母さんによろこんでほしいもんね。
わらってほしいし、やさしくしてもらいたいもんね。
えがおになってくれないのは、自分のせいだと思っちゃってるのかな?
そんなことないよ。ほんとうに。あなたはなんにもわるくない。

じゃあ、どうして、えがおでやさしくしてもらえないのかって?
それは、かんたんにはいえないけど…そうだね、あなたからみれば、お父さんもお母さんもおとなだし、いうことはぜんぶ正しいって思ってるでしょう?でもね、おとなでもまちがうことはいっぱいあるんだ。うそじゃないよ?

あなたがなやんでるみたいに、お父さんもお母さんも何かなやむことがあって、自分のことしかかんがえられないのかもしれない。きもちによゆうがなくて、あなたにやさしくできないのかもしれない。

かなしいきもちにさせてごめんね。
でも、がまんしないでほしいからいうんだよ。
なきたいときはないていいし、こわかったらにげてもいいの。きんじょのやさしいおじさんやおばさんの家でもいいし、おともだちの家でもいい。とにかく、こわかったらがまんしないでにげてね。

だって、こどもはね、まもられなくちゃいけないんだよ。そして、おとなはね、こどもをまもらなくちゃいけないの。
お父さんやお母さんにそれができないなら、まもってもらえるところへいこう?
はなれるのはさみしいけど、こわいことをずっとがまんすることは、あなたにとっても、お父さんとお母さんにとっても、いいことじゃないんだよ。

あなたはとってもいい子。こわいことをがまんしなくていい子。
こどもはね、みんな、まもられていい子なんだよ。
しんじてね。