山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

Don't think.Feel!

こんばんは。

いきなり燃えよドラゴンです。ブルース・リー氏の名台詞、有名過ぎるほど有名ですね。

私はこの言葉について深く考えたことはなく、ただ「カッコいい名台詞」という認識しかありませんでした。考え抜かなくてはならない環境で育ち、自分には無関係な言葉だと思っていたのです。私でなくてもそう。どんな場面にも当てはまるものではないし、頭を使わずに社会生活をおくれるわけなんてないですからね。

リー氏はそんな意味で言ってんじゃねえよ!
と思われるかもしれませが、要は解釈一つで奥行きが広がるということです。最近になって、なぜかその台詞が何度も頭の中に思い浮かぶようになり、自分なりの解釈を得ました。

積み重ねた経験、実績、知識、そして固定観念。それらが邪魔をして前に進めない場合もあると。

特に新しい世界に飛び込んだ時、自分の中にある実績や知識に照らし合わせ、どうにか活かそうと考えがちです。でもそれが進歩の足かせとなり、進むことを諦める原因になることもあると気づきました。

知識は活かせる時に活かせればいい。実績や経験は単なるプロフィール。固定観念に至ってはばっさりと己の手で斬り捨てるべし。信念さえ持っていれば、古かろうが新しかろうが食らいつく意欲は失わない。まっさらな原点に立ち返り、合わせるのではなく吸収する。そして、それを礎にして自分で新しいものを生み出す。

まだ結果を出していない今は、ただの理想論です。

イメージ 1
























今日も撮影はできず、過去の写真シリーズです。
昨年の12月、通院途中に撮りました。空や鳥の写真ばかりでごめんなさい。

20年近く、まともに空も見上げない生活だったので、その反動が止まらないのです。昼も夜も空ばっかり見ていた少女は、おばさんになってやっと空を見上げる気持ちを取り戻しました。

どうかブルース・リーファンの方に怒られませんようにと祈りつつ、仕事に戻ります。
それではまた。