web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

やっと覚悟を決めて整形外科に行くが予想外の結果に

 

意を決して整形外科へ 診断はまさかの…

 

庭のキングサリ

裏庭のキングサリ 2022年5月9日撮影

 

5月11日水曜日、私はとうとう覚悟を決めて整形外科へ行った。

当ブログで度々訴えてきた足腰の痛みのためである。

 

手術と言われたらどうしよう、治療法によっては、我が家の経済的負担が増えるのではないか。

そんな不安を抱きながらの診察だったが、なんと驚きの結果に。

 

今回は、11日の整形外科受診について記録する。

 

 

t.co

 

 

整形外科を受診 気になる診断結果はなんと…

 

初診ということで、どれだけ待たされるか見当がつかなかったため、朝早く行くことは断念した。

 

出かけたのは10時過ぎである。

 

初めて行く整形外科は、建物が真新しく、とても清潔な雰囲気だった。

 

私が着いた時点で、待合室には7~8人の患者さんたちがいた。

つまり私の番は、彼らの診察終了後となる。

 

初診用の簡単な質問を書いた紙に記入し終え、待つこと約2時間。

 

やっと私の名前が呼ばれた。

まずは診察室で、先ほど記入した紙を医師が見ながら、簡単なやり取りで確認をする。

私は以前のように歩けなくなったこと、無理して歩くと腰が痛み、真っすぐにしていられないことなどを訴えた。

 

次はレントゲン撮影。

先ほどの医師が来て、仰向けに寝ている私のポーズに注文をつける。

 

「うーん…うーん…」

 

医師は何度もうなっていたけど、私に理由がわかるわけもなく。

やがてレントゲン撮影は終わり、今度は診察室の前で呼ばれるのを待つ。

 

あまり待たずに呼ばれ、再度、診察室に入る。

 

いよいよ審判が下される。

 

まずレントゲン写真を見ながら説明を受ける。

 

私の腰の骨は、過去に2つ潰れているらしい。

どちらももう固まっているので、このまま生きていくしかないようだ。

1つはすぐ思いつくけど、もう1つはどの時だろう? などと考える暇もなく、医師の説明は続く。

 

スポンサーリンク 

 

……はずだった。

だが他に言うべきことはなかったらしく、医師は私にこう尋ねた。

 

「ベルトかコルセットありますか?」

 

私は通販で買ったベルトを持っていると答えた。

 

「じゃ、それで固定してもらってね、生活するようにしてください」

 

え、治療は? と顔に出ていたのだろう。

医師は簡潔に告げた。

 

「治療(法)はありません」

 

その軽い口調から、自分が治療するまでもない状態と覚った私は、頭の中が真っ白に。

 

「骨盤もきれいだし」

「筋力は減っているかも」

 

医師の言葉で頭の中に残っているものは少ない。

 

無理して歩いていて腰が曲がってくるのは……私がやっと口にした疑問にも、軽く励ますような口調で応じた。

 

「真っすぐになるように頑張って、努力して…」

 

語尾はもう聞いていなかったし、質問もそれきりにした。

何を尋ねても、返ってくる答えは同じだと確信したからである。

 

治療もされず、手ぶらで帰るのも悔しかったので、湿布を1ヵ月分処方してもらい帰宅した。

 

こうして、足腰を直すために私に必要なのは、筋力・努力・頑張りだという結果に終わったのである。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

何ともお粗末な話で、お恥ずかしい限り。

 

逆を言えば、治療するほどの異常はなく、足腰の痛みは普段の生活の積み重ねによる結果だったのである。

 

当然、生活を見直さねばならない。

 

とにかく筋力の強化が第一だ。

11日以降、軽く始めた筋トレメニューがある。

無理のないスクワット、階段の1段目を利用した踏み台昇降など。

 

もちろん、よろけたり転んだりしないよう細心の注意を払い、あくまで無理のない程度にである。

 

日々の努力で元の足腰に戻すしかない。

 

孤独な闘いだが、気力は十分である。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!