web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

父が救急車で病院への緊急事態 落ち着かない1日

 

お騒がせな救急車騒動と私のいつもの診察

 

裏庭のクロッカス

裏庭のクロッカス 2022年3月29日撮影

 

今日は通院の日だった。

アルツハイマー認知症の父がデイサービスの日でもある。

 

ところが父が熱を出し(37.6℃)、食欲もなく、歩くとふらつくため、デイサービスは自主的にお休みを。

ブラザーは風邪だと思い、薬を飲ませて寝せたようだ。

その時は受け答えがはっきりしていたらしい。

 

急転直下の出来事は昼過ぎに起きた。

 

今回は父の救急車騒ぎと、私の通院の記録を綴ろう。

 

 

 

 

救急車を呼ぶまでと その顛末

 

昼になり、ブラザーがご飯を食べようと父に声をかけた。

だが返事はなく、どこか様子がおかしいと彼は気づいた。

熱は下がっていたが、父は意識が朦朧とした状態だったのだ。

 

そこでかかりつけ医(脳外科)に電話で相談し、救急車を呼ぶことになったのである。

 

救急車にはブラザーが付き添って乗って行った。

 

約4時間後。

 

2人そろって元気に帰宅。

父は検査結果がすべて異常なしで、どこも悪くない状態だったのだ。

説明によると、脳外科から出ている薬が父には強いのではないかとのことで、早急に脳外科に行って検討してもらわねばならなくなった。

 

またブラザーの仕事がひとつ潰れることになるが、こればかりは仕方あるまい。

 

本当にお騒がせしました。

 

スポンサーリンク 

 

私の通院の記録

 

救急車のインパクトが強くて私自身が忘れそうである。

 

今日はミヤBMの相談と、寝つきが悪いことがたまにあることを報告した。

 

私は勘違いしていたが、以前飲んでいたモサプリドは胃薬で、ミヤBMはお腹の薬とのこと。

1日3回飲むところを、体調次第で加減して飲んでいいことになった。

 

そして、寝つきが悪いのはまだ「たまに」なので様子見ということに。

季節の変わり目で体調も微妙に変化している。

様子見で正解だろう。

 

診察は5分くらいで終了した。

いつもの診察である。

 

黄色いクロッカス

 

裏庭のクロッカス


こちらは今日撮影した画像。

救急車騒ぎ直前に撮った。

 

父が体調が悪くて家にいるというだけで、何か心配でもあり、息苦しくもあり、この1枚しか撮影する気になれなかった。

ブラザーがいてくれて本当によかったと思う。

 

白っぽいクロッカスが多い中、1輪だけ咲いていた黄色のクロッカスがとても可愛らしく見えた。

自分が好きな色ということもある。

花は黄色やオレンジ系が1番好きで、赤が2番目、3番目に紫系と続く。

 

そういえば昨日の庭仕事で、4本の枝や幹をノコギリで切ったんだった。

普段の足腰の痛みに加えて、この筋肉痛である。

そりゃ痛くて当然だ。

 

そして偶然、うちにある白い花を咲かせる木がアカシア(ニセアカシア)であることも昨日判明した。

 

今年も庭の話をいっぱいするし、画像も載せるよ。

飽きた……なんて言いっこなしでお願いします。

 

スポンサーリンク 

 

あとがき

 

何かテンションがおかしい。

文章も変。

 

まあ、これも記録だからいっか。

 

でも今日みたいなことはもうご免被りたい。

父が悪いわけじゃないけどね。

 

まだどこか上の空だ。

 

それではまた。

 

ポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!