web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 セルフネグレクト 骨粗鬆症の闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

右手首ねんざの経過と昨日の通院の記録

 

通院の記録  右手首の経過 内出血の痕

 

綺麗な花

 

 

昨日は通院の日だった。

診察自体はあっさり終わったのだが、帰宅したらいつもの3倍は疲れていた。

全ては右手首のねんざのせいである。

 

痛かったのでブログを休んだ。

音声入力する気力もなかった。

 

そのような次第で、今回は昨日の通院の記録と画像コーナーをお送りする。

 

 

 

採血で苦戦 通院の記録

 

ほぼ片手での支度にいつもより時間がかかり、今回もブラザーに送迎を頼んだ。

まあ、右手首ねんざがなくても頼むしかないのだけど。

 

病院に到着してすぐ呼ばれ、診察。

中途覚醒がほとんどなくなったことを伝え、後はいつも通りの問診で診察は終了した。

 

昨日は3ヵ月に1回の採血の日だったので、部屋を移動し、席に着く。

左手の袖を自分でまくろうかとも思ったが、時間の無駄なので潔く看護師さんにお願いした。

なぜか、いつもより針が痛く感じた。

 

会計も待つことなく私の番で、次回の予約をして病院は終了。

 

全部で10分くらいだろうか。

本当に待ち時間がなくて助かる病院だ。

 

スポンサーリンク 

 

右手に内出血の痕が出てきた

 

3日くらい前に気づいたのだが、右腕の側面に斜めに内出血の痕が見られる。

なぜか、1番痛い手首付近には何もない。

 

そして驚いたのが、手の甲側の親指の下、手首に近い部分にも真っ黒な内出血があったのだ。

転倒した際、親指を巻き込みながら左腕をひねったらしい。

 

と、書いていながら、どう戸を掴んでいたらそうなるかは見当もつかない。

今となってはどうでもいい話ではあるが。

 

痛めてから今日で9日目。

2週間も過ぎれば快方の兆しが見えてくるのだろうか。

イムリミットがあるわけではないので、のんびり構えてはいるが、こうも治りが遅いものだとは予想していなかった。

 

今でも満身創痍に近い状態なのだから、これ以上、怪我を増やさないように注意したい。

 

スポンサーリンク

 

1月と昨日の画像コーナー

 

手首を痛めてから一昨日までは、一切撮影をしていない。

したがって、本日公開する画像は、痛める前の先月のものと、昨日久々に撮影したものだけである。

 

まずは先月撮影の未公開画像からいこう。

といっても、空画像3枚だけ。

青空と雲

青空と雲

風景


ここからは昨日の画像。

病院があるビルの廊下で咲いていた花。

花


近所の川のカルガモお昼寝部隊。

カルガモ集団

カルガモ集団

カルガモ集団

その数30羽近く。

これまでで最多のカルガモが集まっていた。

 

おやつはオレンジケーキ。

オレンジケーキ

オレンジケーキ

いつものお店で買ってきた。
とっても美味しかった。

 

昨日は何とかできたけど、本格的な撮影復帰は利き手のねんざが治ってからになりそう。

本当にいろいろ不便だなと思いながらの撮影だった。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

結局、右手首ねんざの話題が中心になってしまった。

次回の通院時には治っていますように。

 

カメラを安定させて持てないのが本当に悔しい。

好きな画像を撮れないのもストレスがたまるものだ。

最近はストレス発散のために読書をしている(電子書籍含む)。

最小限の動作でできる趣味である。

 

今夜は何を読もうか。

それではまた。

 

関連記事

www.yamauba.work

 

読んだらポチっとお願いします!


メンヘラ日記ランキング

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

にほんブログ村

応援ありがとうございます!

スポンサーリンク