web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

シラサギ(ダイサギ)がいた! 画像で締めくくる9月のブログ

 

シラサギ目撃! ダイモンジソウやアケビの実など9月の画像総決算

 

シラサギ ダイサギ

 

強い台風が近づいているせいか、気分的には低空飛行が続いている。

それでも涼しくなったので、身体はだいぶ楽になった。

 

今回は3日前から今日の画像を掲載し、9月の締めくくりとしたい。

 

 

 

unlimited会員なら対象の電子書籍を読み放題!

プライム会員でなくても30日間無料体験で利用可能!

 

シラサギ(ダイサギ)の美しい姿を激写

 

台風の影響で少々蒸し暑かった今日、庭周りを歩いてみた。

毎回、裏の川まで行って、何か鳥はいないかと探してみるのだが、夏場はものすごく成長した雑草に覆われ、姿を見ることはできなかった。

 

それが今日。

タイミングがよかったようで、久々にシラサギを見ることができたのだ。

 

シラサギ ダイサギ

 

やはり感動的なまでに美しい。

距離が遠かったので、シラサギは私を警戒することなく、餌探しをしていた。

 

シラサギ ダイサギ

シラサギ ダイサギ

シラサギ ダイサギ

シラサギ ダイサギ

 

長く細い脚でゆっくり歩く様は、実に優雅である。

夏の繁殖期に胸に生える飾り羽が残っているので、昨年もこの川に現れたオスだろう。

 

前の冬は、自分より一回り小さいアオサギに追い回され、餌場から逃げる光景を何度も目にした。

そのアオサギは、夏に川に舞い降りるのを見たので、まだいるはず。

 

今年はどんな攻防戦を繰り広げることやら。

 

でも川に戻ってきてくれて嬉しい。

世代交代はしているようだが、シラサギはずっと前からこの川にいるのだ。

昨年、初めて現れたアオサギには負けないでほしい。

 

そういえば、そろそろカワウも現れる頃か。

雑草が枯れればカルガモコガモの姿も見えるだろうし、今年も賑やかになりそうだ。

 

スポンサーリンク 

 

白とピンクのダイモンジソウと裏庭のコスモスのつぼみ

 

白とピンクのダイモンジソウ

 

全部、白に見える? いかにも。

でも先に咲いた右側のダイモンジソウは、薄っすらピンクなのであ~る。

やっと咲き始めた左の白のダイモンジソウと比べてご覧なさいな。

ほ~ら、だんだんピンクに見えてくる~。

見えてくる~。

 

私には見えたぞ~。

 

そして、今年もコスモスが見られないと騒いでいたが、裏庭でごっついコスモスのつぼみを発見した。

コスモスの蕾

 

散らかっていて申し訳ない。

この手のコスモスは、多少の雑草には負けない強いヤツで、ご覧のような環境でも勝手に育ってくれる。

私が見られないと言っていたのは、もっと細くて弱っちいコスモスだ。

 

でもまったく見られないよりは、ずっといい。

とても足を踏み入れられる場所ではないけど、見える場所には行ける。

 

これでコスモスじゃない花が咲いたら大笑いである。

 

アケビの実が割れかけていた

 

アケビの実

 

こんな感じである。

私のイメージとしては、すっかりパッカリ割れて、中の種やら何やらが見えている状態が「割れた」状態ではと思うのだ。

明日、雨が降り出す前に、もう一度、見に行こう。

 

それから、別の場所の実なのだが。

アケビの実

 

物干し台に絡みついている大きめの実が3つ。

撮影する時は見上げる格好になり、逆光に近い状態なので、肉眼で見た時はジャガイモみたいだなぁと思っていた。

 

じゃがしかし!(すっかりお気に入り)

 

パソコンに移動してよくよく見たら、紫色になっているではないか。

しかも、割れるのここですよ~と言わんばかりの形状のアピール。

これも熟して割れるということではないか~。

 

いや、ブラザーに言われたのだ。

割れたらどうするの? 食うの? って。

 

確かに、甘い部分だけは食べたいと思っている。

でもね、アケビの花の画像を調べていた時だったかな?

花の画像より、レシピの方がたくさん出てきたのだ。

どうやら皮も食べられるらしい。

 

元気なら、試してやろうという気にもなるが、今の私は台所仕事ができないのだ。

足腰のせいである。

春頃、3日続けて洗い物をしたら、歩けなくなってしまったからね。

あの微妙な前傾姿勢がよくないのだと思う。

 

というわけで、甘いところだけいただき、種は絶対生ゴミで出さないと。

熟した実を放っておいたら、地面に落ちて種が育ち、また新たなアケビが増えるわけだから。

一度育ったアケビはなかなか死なないからね。

 

まだ小さい実も含め、ざっと30個前後はある。

 

これを教訓に、来年は早めのアケビ撲滅作戦を展開する所存である。

 

ベコニアを除去したら…

 

ベコニア軍団

 

以前はこうだったベコニア軍団を、ちょっと前に全撤去した。

 

そしたらば。

ベコニア除去後の庭地帯

元々植えられていた植物が育ち始めたのだ。

ちなみに、1本見えている長い茎は、上のベコニア画像の左上にあるヒガンバナで、花はもう終わった。

 

ベコニアを除いた時は、この半分の背丈だった葉が、慌てたようにグングン伸びてきている。

こうなるとわかっていたら、ちょっと無理してでもベコニア引っこ抜いていたのに。

全撤去といっても、ここの庭の部分だけで、ベコニアはあちこちでまだたくさん咲いている。

 

花が咲くまで育つかなぁ。

確か紫とピンクの色違いが並んで咲いていた。

形は、なんか花びらがクルンクルンしてる感じの花。

 

霜が降りたらもう咲かないだろうな。

クルンクルンの花は母が植えたものだけど、実はヒガンバナは、昔、近所に住んでいたおばちゃんが勝手に植えていったのだ。

聞いた時はびっくりした。

田舎って自由よねぇ。

 

母が元気な頃は、「花を見せてください」といろんな人が立ち寄るフラワーガーデンだった。

玄関先も、吊るすタイプのプランターを何個か飾っていて、常に花が咲いていた。

 

本当に遠い昔の話である。

 

スポンサーリンク

 

ホトトギスのつぼみと空

 

ホトトギスのつぼみ

 

ホトトギスのつぼみって、咲きそうでなかなか咲かないのだ。

茎に連なるつぼみが全部大きくなって、やっと先の方から咲き始める。

画像は玄関先のもので、裏庭へ行く通路側に向いて伸びているホトトギスの方が、つぼみが大きくなっていた。

日当たりが悪いのに不思議である。

 

では、3日前の空の画像からご覧いただこう。

夕方の空

ムクドリの群れ

どちらも夕方に撮影した。

下はムクドリの小さい群れと、右下にカラス。

夕方になると、ムクドリはこれくらいの群れでいくつも飛び交い、林の方に集まるようだ。

 

毎年、南へ帰る時期が遅くなっている気がする。

去年はもう冬の季節なのに、群れを見た。

今年はどうかな。

 

たぶん、一昨日撮影した東の空と西の空。

うろこ雲?

うろこ雲

 

そして、今日撮影した東の空と真上の空。

雲から覗く青空

真上の空


ところどころに青空が覗くものの、一日中、雨雲が覆っていて薄暗く感じる日だった。

 

最後の空なんて、雲の表情が複雑で面白い。

というわけで、画像は以上。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

 

伝い歩きをしなくても歩けるようになったけど、まだまだ散歩は無理な状態だ。

3ヵ月かけて、ようやくここまで回復したので、絶対に無理はしない。

 

毎月、言っているけど、次の通院こそは徒歩で行きたいものだ。

 

やはり、デジカメで撮影している時は無心になれていい。

9月最後にシラサギを見ることができて嬉しかった。

しかも撮影しやすい場所にいてくれて。

 

10月は秋が深まり、どんどん寒くなっていくだろう。

台風が来る時は別だけど。

 

最近は、風邪を召されている方が多い印象。

皆様、ご自愛くださいませ。

それではまた。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


メンヘラ日記ランキング

 

スポンサーリンク