web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

泣かない理由は? もし自分の親を毒親呼ばわりされたら?

 

なぜ泣けない? 毒親呼ばわりは気をつけて! 今日の画像 

 

青空と雲

今日の空 2021年5月13日撮影

 

正直に言おう。

頭がオーバーヒートしている。

たいした仕事もしていないのに。

 

なので、ご覧のタイトルのように、どうでもいいことを話題にしてみた。

「知ったこっちゃねぇよ」と言われそうだし、私もそう思うので、浅く軽く考察してみよう。

 

 

スポンサーリンク

砂の曼陀羅: サマンサラ

砂の曼陀羅: サマンサラ

 
砂の曼陀羅 Ⅲ: サマンサラ (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

砂の曼陀羅 Ⅲ: サマンサラ (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

 
砂の曼陀羅 II: サマンサラ (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

砂の曼陀羅 II: サマンサラ (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

 

 

 

  

泣かない(泣けない)理由

 

まず前提として、私は小さい頃から泣くことが嫌いだった。

 

「何を考えているかわからない子」

 

と同じくらいの割合で、

 

「全然泣かない子」

 

と言われて育ってきた。

大人から見れば、子どもらしくない子どもだったのだろう。

 

感情が無かったわけではない。

人並みに喜怒哀楽はあったし、数えるほどではあるが、少し泣いたこともある。

蜂に刺された時、祖母が亡くなった時、伯父が亡くなった時。

子ども時代にね。

 

思春期を越えて……いつからか、涙が出なくなった。

最後に泣いたことを憶えていないので、いつから泣かなくなったか正確には分からない。

でも30年くらい泣いていないと思う。

 

恋人との別れ、叔父の自死東日本大震災、自分の病状の悪化、従弟の自死、母の死。

どれも泣いていない。

 

恐ろしく不安定になるほど悲しんでも、涙だけは出ないのだ。

不思議だねって話である。

 

泣くことは心理学的にも良いことらしいのに、もったいない。

 

しかも、女の涙は武器になるらしいが私は丸腰。

あ、泣いているフリならしたことがあった。

時と場合と相手によってね。

 

あるカウンセラーの記事に、「無理をして泣かなくてもいい」とあったので、無理をせずにおこうと思う。

 

結論。

無い袖は振れぬ。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

  

自分の親を「毒親」と言われたら?

 

緑

 

皆さんはどんな気分になるだろうか。 

 

私はこんな経験がある。

ライター時代に、あるクライアントとメールのやり取りをしていた時のこと。

互いにだいぶ打ち解けて、家族の話をする機会があった。

 

母が亡くなったばかりだったので、私は母の介護がどんなに壮絶だったかを話した。

すると、相手の反応は…。

 

「分かります! 私の母毒親だった のでーー」

 

ちょっと待てコラ、である。

 

「も」って何?

私がいつ母を「毒親」って言った?

てめえの毒母と一緒にすんなや! 

 

と心の中で憤慨した。

本当にふざけんなって話。

 

介護などしたことのない彼女からすると、私の話は母の悪口に聞こえたのだろうか。

だとしてもだ。

 

人の親を「毒親」呼ばわり は、大人として アウト だよ。

 

それまでは良好な関係だったけど、最終的にこちらからクライアントを切った。

 

可愛くない子を持つ親に対して、「うちの子 ブサイクでーー」なんて言わないだろう?

同じようなものだ。

 

うちの場合、伯母と父の被害者が母であり、そういった環境が生み出したのが私という化け物。 

人様の家庭には、上辺の会話だけでは見えない闇が潜んでいることもある。

 

迂闊なことを口にしないが吉である。

 

スポンサーリンク

 

  

ブラザー撮影のカタクリとクマガイソウ

 

私が歩けず、外に出られない間に咲いた花 、カタクリ

ブラザーがスマホで撮影したというので送ってもらった。

カタクリの花

角度が少し残念だけど、文句は言うまい。

一昨年は1つだけだったのに、5つ咲いたらしい。

 

次は昨年撮影のクマガイソウ。 

クマガイソウ

クマガイソウ

咲く年と咲かない年があって、今年は咲かなそうだと。

葉っぱはあるから生きていることは生きているのだ。

何のバランスか影響か、なかなか繊細である。

 

次は私がデジカメで撮影した野鳥。

思いっきり逆光だが、ムクドリのつがいと思われる。

ムクドリ

ムクドリ

ムクドリ

くちばしと脚がオレンジっぽい黄色なのだが、そこまで色は出せず 。

右がオスで左がメスだろう。

すぐにどこかへ飛んでいった。

 

今日はここまで。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

あとがき

 

Windowsの更新が再起動したがっている。

焦らせるなよ、もう~。

 

オーバーヒートも明日にはたぶん落ち着いていると思う。

たまにはこんな記事もいいだろう。

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク