web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクト 介護 うつ闘病ブログ 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

認知症の父 介護疲れが甦った昨夜 庭の花画像は癒し

 

危険な出来事と癒しの庭 あのスイーツも! 

 

ツバキ

裏庭のツバキ 2021年4月30日撮影

 

本日は午後から晴れる予報だったのに、ずっと曇りだった。

 

昨夜は本当に最悪だった。

父が一晩中、起きっぱなしだったのである。

起きている間、じっとしているわけがない。

 

癒しの花画像の前に、まずは昨夜の出来事から。

 

 

スポンサーリンク

夏のやくそく (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

夏のやくそく (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

  • 作者:きしべのあざみ
  • 発売日: 2020/06/23
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 
摩天楼のネジ穴: 最新版

摩天楼のネジ穴: 最新版

 

  

 

  

アルツハイマー認知症の父 昨夜は眠らず

 

今日になってからブラザーに聞いた話だが、父は昨日、夕食を食べてから、なぜか元気になり、まるで眠る気配がなかったという。

 

ブラザーが起きている間は、自分の寝室でガサゴソ散らかしているだけ。

問題はブラザーが寝た後である。

 

玄関や廊下の方にまで出てきて、派手な音をさせるのだ。

 

カチャカチャ…ガチャガチャ…ガチャン!

 

何度もそれを繰り返す。

私がトイレに行った時、トイレは足場の踏み場もないほど様々な物が置かれていた。

 

「なんで?」と尋ねても無駄である。

ついさっきのことはすぐ忘れてしまうので、「知らね。誰がやったのや?」と返されるだけ。

 

もう何度も経験している私は、トイレの中のものを元の場所に戻した。

父には眠る場所を教えて、朝まで寝ているようにと言い聞かせてからだ。

わかったと言って布団に入っても、またすぐ起きてくる。

これもいつものこと。

 

構わずに好きなようにさせておくのが1番なのだが、昨夜は私がトイレに入ろうとした時に、廊下を塞ぐほどの大きな物を持って来ようとした。

さすがにそれは止めないと、私が部屋に戻れなくなる。

 

やっと少しずつ歩けるようになったのに、何度も繰り返しているうちに痛みが戻ってきた。

何度、廊下を往復しただろう。

 

私が部屋に戻るまでに、3回は父が寝る場所を聞かれた。

認知症なのだから、何度も同じ事を言われるのは仕方がない。

しかし、私は足腰を痛めているのだ。

 

自分もトイレに行きたいと言うので連れて行くと、なんでこんな所にいるのか、自分はトイレに行きたいなんて言っていないと怒り出す。

 

いつもならシラ~ッとうまく対処しただろうに、久々にキレそうになった。

心の中が一気にどす黒いもので埋め尽くされる。

非常に悪い兆候なので、私はそそくさと自分の部屋に戻った。

 

その後も父はガチャガチャと音をさせていたが、もうどうでもよかった。

 

自分の心を守らなければならないタイミングである。

案の定、自室で座った途端に強い眠気に襲われた。

私にはよくある、ストレスから自分を守るための眠気である。

 

本当はまだやりたい作業があったのだが、睡眠導入剤を飲んで眠ることにした。

 

私は悪くない。

父も悪くない。

どちらも病なだけ。

笑うしかない。

 

すぐ眠れば、私も常軌を逸した行動をすることはない。

うつ病と診断される直前の、最悪の時期を思い出すほどの心の動きだった。

でも、ちゃんと抜け出せた。

あのまま眠ったおかげである。

 

在宅介護で、住居をともにする家族の負担がゼロになることは不可能。

自分が病であっても、怪我をしていようともだ。

 

今の私は、絶望を溶かして薄める方法を知っている。

 

それだけでも十分だと、幸いだと思うしかないのだろう。

  

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】

 

 

  

謎の花の名前を徹底調査! 

 

はい、ここから人格変わりま~す。

 

今日は足のリハビリのためにもと思い、庭の徹底調査に繰り出した。

ゆっくり少しずつしか歩けないけど、自分の家の庭なので問題はない。

 

今回、調査したのはこちらの植物。 

濃い紫の花?

以前にも掲載した、花かどうかもわからない植物である。

 

フフ…見つかったよ。

 

この植物の名前は…

 

アケビ

 

である。

 

3枚の花びらのように見えるのは「萼片」というらしい。

 

私は母が亡くなる直前か直後に、手入れのされていない庭が嫌で、邪魔な枝や雑草を徹底的に除去した。

その後、しばらく経ってからブラザーに言われたことがある。

 

アケビの木まで私に殺されてしまったと。

 

ブラザーよ……生きてんじゃねえか!

 

無駄に罪悪感に陥った時間を返してくれたまえ。

そうだ、報告するのを忘れていたので明日になったら教えよう。

紫色の花

濃い紫の花?

まだ裏庭ではないのに、ここだけ枝のジャングルである。

 

何はともあれアケビは生きていた 。

ブラザーはきっと喜ぶだろう。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

 

   

椿(ツバキ)の近くまで行ってみた

 

ビックリしたよ。

いきなりこんなに咲いてるんだもの。

ツバキ

ツバキ

ツバキ

植物って本当にひと雨ごとに成長するんだね。

赤というより紅という感じの色。

雨上がりだったので、一層綺麗に見える。

 

もう少し歩いて、ヤマブキ越しのツバキを撮影してみた。

ヤマブキとツバキ

遠目だとバラと間違えるかも。

私のように。 

 

それにしても横に伸びている木は何なんだろう。

 

スポンサーリンク

 

 

  

ジャカランダと思われる紫の花 

 

紫色の花

昨日の調査で、おそらくジャカランダであろうと結論づけたこちらの花。

 

つぼみの方が色が濃く、花は薄紫色だ。

紫色の花

紫色の花

美しいね。

裏庭は本当に謎だらけなのだ。

上の画像にも古い屋根が見えているが、この小屋は私たちが引っ越してくる前から存在している。

昔はアオダイショウが住処としていた。

まだいるかな。

 

だから木も、元々あったものなのか、前の家から持ってきたものなのか、よくわからないのだ。

母なら全部知っていただろうけど、もう聞くこともできないからね。

 

そして本日も新事実が明らかとなった。

 

スポンサーリンク

 

 

 

  

裏庭の真相 端っこの木は別の木だった!

 

単なる私の勘違いである。

次の画像の右端に写っている木が家で1番高い木で、この木が端っこの木だと思っていたのだ。

ところがご覧の通り。

庭の端っこの木

頑張って庭の端まで行ってみると、低木が隠れていたのである。

 

しかも、赤いつぼみのようなものが。

庭の端の木の蕾

昨年はこの辺の草むしりをしたのに、この木を見た覚えがない。

まあ、何が咲くか楽しみである。 

 

正確に言うと、何本か見えるひょろ長い木も家の木である。

もちろん何の木かは知らない。

 

本日はこの場で真上の空を撮影した。

真上の空

真上なので、写っているのは横に伸びている枝である。

ここだけ秋か冬みたいだ。 

 

では、もうひと頑張りして表に戻ろう。

 

スポンサーリンク

 

  

玄関側の見慣れた庭 

 

八重の白梅 紅梅

八重の梅は紅白ともに散り始めたが、まだ蕾つぼみも多くある。

 

つぼみといえば、こちらアジサイのつぼみ。

紫陽花の蕾

葉と同じ色だったのが白く色づいてきている。

 

そしてスズラン ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

ドウダンツツジ

これ、もう咲いてるよね。

徐々にに咲く花もあれば、一斉に咲く花もある。

 

自然って本当に神秘的だ。 

 

スポンサーリンク

 

  

もうひとつの癒し それはおやつ! 魅惑のロールケーキ

 

こちらは、私の知人からの頂きもの。 

オランジュ 6種の贅沢フルーツロール

オランジュ「6種の贅沢 フルーツロール」である。

こんな贅沢なおやつは久々。

 

スポンジがふわふわしていてとても美味しかった。

 

美味し過ぎて2つ目をアップで撮ってしまった。

オランジュ 6種の贅沢フルーツロール

知人に感謝感謝である。

値段を気にせずに、自分で買えるようになりたいものだ。

相当セロトニンが分泌されたと思う。

 

スポンサーリンク

 

 

あとがき

 

明日から5月!

 

生活に変化はないんだけどね、言ってみたかった。

 

今夜も父が起きている気配がする。

会っても、ちょっと声をかける程度にしておこう。

私を守れるのは自分だけ。

 

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

 

 

<