web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクト 介護 うつ闘病ブログ 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

【画像特集】朝焼け色に染まる川 カワウとカモ集団など

全編画像コーナーのみ! 朝焼けと雪景色と水鳥たち

 

カワウたちとカモ集団

 

風邪が「まだ本気出してないだけ」と言ってるような微妙な状態が続いている。

昨日に引き続き今回も気持ちに任せて書いてみようと思う。

 

見切り発車で気持ちに任せると変則気味になる。

予めご了承願いたい。

頭に画像コーナーを持ってこよう。

 

 

スポンサーリンク

砂の曼陀羅: サマンサラ

砂の曼陀羅: サマンサラ

 
砂曼陀羅 中編: サマンサラ 

砂曼陀羅 中編: サマンサラ 

 
砂の曼陀羅: 後編

砂の曼陀羅: 後編

 

 

何日も前に撮影した「今日の画像」コーナー 20枚以上

 

もう1週間くらい前の画像かもしれない。

確かめればわかるが、たいした問題ではないのでこのままいこう。

 

その日の朝焼けはすごかった。

冬のすごい朝焼け

 

飛んでいるのはカラスたち。

まだ薄暗くて、川の方を見てみたけど何もいなかった。

 

朝焼けの画像だけでもいいかなと思いつつ、少し待っていると現れた!

川のカモ集団

カルガモとコガモの群れ

 

カルガモコガモの群れである。

もしかしたら他のカモもいたのかもしれないが、まだ暗くて色がはっきりわからなかった。

 

やがて川が朝焼けの色に染まる。

朝焼けの色に染まる川とカモ集団

 

コガモの方が多いように見えた。

大きいのは間違いなくカルガモである。

 

朝焼け色の川とカルガモ

 

と、そこへ新たな鳥たちが舞い降りた。

カモ集団の側に舞い降りたカワウ

 

ピンボケで申し訳ない。

川に反射して「X」みたいな形に写っているのがカワウである。

 

カワウたちとカモ集団

 

写っているのは2羽だが、この時舞い降りたのは3羽。

すぐ潜水して落ち着きがないので、揃ったところを撮影するのが難しい、

 

餌が違うこともあってか、カモたちはまったく動じていなかった。

 

カワウたちとカモ集団

 

カルガモも嫌がる風はなく、どちらも自然体。

 

次の画像では、魚をくわえたカワウが写っている。

カワウたちとカモ集団

 

カモもカワウの近くにいるし、両者に敵対関係はないことがはっきりした。

 

カワウたちとカモ集団

カワウたちとカモ集団

 

やっとカワウ3羽が川から顔を出しているところを撮影できた。

川下にはまだカモ集団が残っているようで、次々とこちらに向かってくる。

 

カワウたちとカモ集団

 

先ほどまでカルガモが乗っていた石に乗ってみるカワウ。

 

カワウたちとカモ集団

 

乾かすように羽ばたきをするカルガモと、それを見ているカワウ。

 

カワウたちとカモ集団

 

これはちょっと面白画像風味になってしまったが、カワウが川に潜る寸前だったような気がする。

 

また魚をGetしたカワウが撮れた。

カワウたちとカモ集団

 

羽ばたきをするカワウも。

カワウの羽ばたき

 

こちらでも羽ばたきをしている。

そろそろ餌場移動という雰囲気。

カワウたちとカモ集団

カワウ

 

画像では2羽だが、この後すぐにカワウ3羽は飛び去った。

辺りももう明るくなってきていて…。

早朝の雪景色

 

カモ集団も私からは見えない川の上流へ向かい、また何もいない川に戻った。

やはりシラサギがいないとドラマにならない。

 

次は、同じく1週間ほど前に外出した時に撮影したもの。

カモ集団

 

上流へ向かうカルガモ一家(たぶん)を下流側から撮った。

コガモより大きいけど、成鳥の親2羽と、成鳥より一回り小さい子ども5羽って感じがする。

 

夏に生まれた子たちは冬は親と過ごすはずで、真冬のカルガモの最小単位は家族だと何かで読んだ。

で、日によって他の家族と一緒だったり、コガモと一緒だったりするわけである。

 

カルガモ

 

川沿いの雑草に屈んで隠れ、フェンスの間から何とか撮れた画像。

ピントが合ってるようで合っていないのだが、頭に雪を積もらせて可愛い。

背中だけ写っているやや茶色のはメスだと思う。

 

カメラを持って不審者的な動きをしても、まったく平気。

人気のない雪道


誰もいなかった。

夕方だったからイマイチ凸凹感が出ていないけど、歩きにくいったらしょうがない。

帰宅した時はもう真っ暗だった。

 

なので、家を出る時に撮影した1枚を。

ナンテンの実

 

うちのナンテンの実。

去年はもっと生ってたから、これから増えるのかな。

 

ついでに、こちらは自宅2階から撮影した画像。

雪まみれのサザンカ

 

白一色の時は気づかなかったけど、雪が落ちたり、少しとけたりしたら出てきた。

サザンカ、まだ咲いてたのね…。

天然のフリーズドライフラワーだ。

 

スポンサーリンク

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

  

 

 

あとがき

 

今回はここまでにしよ。

結局、画像コーナーだけの記事になってしまった。

 

本当はね、ブログ更新休むつもりだったんだ。

 

しょうがないよねぇ。

夜中にやっぱり書きたくなっちゃって。

風邪だし休めばいいものを…。

 

夜中に起きだした認知症の父の世話もしたよ。

寒くて暗い部屋で「お仕事」してるから、ストーブつけたり服を着せたりして、安心させて、明るくなるまで寝てるように説得して。

すぐ忘れるけど恒例行事。

 

やっぱり書いてると落ち着く。

身体はしんどいのかもしれないけど、気を落ち着けるのが優先になってる。

 

風邪は家族にうつさないよう注意する。

それじゃまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク

流星群の夜 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)

流星群の夜 (∞books(ムゲンブックス) - デザインエッグ社)