web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

頭内爆発音症候群を無視して昨日のダウンした本当の理由

過労の自覚がない自分と従兄のガン検査の経過 

 

花びらが流れる川

花びらが流れる川

 

天高く馬肥ゆる秋なんて言葉があったけど、現代の馬も肥えるのだろうか?

どちらかというと超えるのは人間ではないかと思うのだが。

 

今回は自分の体調や、従兄のガン検査の経過などを記したい。

それでは早速。

 

 

スマートフォン乗り換え特集

 

スポンサーリンク

 

 

頭内爆発音症候群が毎日起きる

 

数日前から起きている時間に頻繁に起こるようになった頭内爆発音症候群

詳しくは次の記事を参照していただきたい。

 

 

比較的新しい症状で詳しくはまだ究明されていない。

わかっていることは、命にかかわる症状ではないこと、原因としてストレス・過労・睡眠障害が考えられることくらいである。

 

たいていは寝入りばなが多いのだが、起きている時に症状が出る場合もある。

私も昔からそうで、初めは寝入りばなに起こるだけだった。

 

ところが最近では起きている時の方が多い。 

パーンッという血管でも破裂しような炸裂音。

時には身体が揺れるほどの大きな衝撃を受けることもある。

いくら命にかかわらないといっても不快なことに変わりはない。

 

そして昨日、ようやく過労を自覚し、1日中横になって休んでいた。

理由を明かすのは恥ずかしいが、動画の見過ぎと耳の使い過ぎである。

 

不協和音という地獄から抜け出したのが嬉しくて、ボリュームは小さくしつつも音楽を聴いたり、テレビの音量を上げてニュース番組を観るようになった。

そしてハマった様々な動画。

 

観た。

観まくった。

 

音楽はamazon musicを初めて利用し、まずceroから聴き始めた。

 

 

椎名林檎さんや洋楽はもう少し体調がよくなってからである。

 

そして前回の記事でハマっている動画をご紹介したのだが、掲載する前に大きめの音量で聴き直すという暴挙に出たのだ。

 


当然、動画なので目も使う。

「帝王」の異名を持つカラヤンの静止画以外は。

 

しかもだ。

途中でちょっと休憩しようと思い、Windowsのupdateをしたら約2時間もかかってしまったという……ため過ぎである。

 

結局、記事を投稿できたのは朝の8時半頃。

もう頭はぐらんぐらんしてて、眠る前から具合が悪かった。

 

6時間ほどの睡眠で目覚めたのだが、案の定、重苦しい頭痛

眼精疲労だとすぐにわかった。

まだ完全ではない聴覚を酷使したせいもあるだろう。

 

食事をして薬を飲んでパソコンを立ち上げたが、どんなに暗くしてとても画面を見続けることができない。

パソコンは消したものの目を開けているのもしんどくなり、横になった。

 

起きたら真夜中だった。

「こんばんは」というべきか「うらめしや~」というべきか暫し悩み、Twitterには何も書かずに作業に突入して今に至る。

 

何かに没頭してしまうと寝食を忘れ、過労にも気づかない気質は昔のまんま。

人には「無理せずに」とか「負担にならないように」とか言えるのに、自分のこととなるとさっぱりである。

 

自覚がないんだからしょうがない。

はい、セルフネグレクトが開き直ったところで次の話題へ。

 

スポンサーリンク

 

無料で使える「クラウド請求管理サービス Misoca」

  

従兄の胃ガン検査の経過と引っ越し

 

幸いなことに転移は見つからなかった

ただし大腸にポリープが2つ見つかり、急を要しない程度ということで、今回は胃の摘出手術だけになると。

 

それより新たな問題が発覚。

肺気腫で呼吸が浅いというのだ。

 

手術に耐えられるか、今度はそちらの検査が必要となった。

手術日はその日に決まる。

 

これ、手術に耐えられないという結論になった場合はどうなるのだろう。

肺気腫を先に何とかするのだろうか。

とにかく胃を摘出しないことにはステージ5の従兄の死は早まる。

 

すべては医師たちに任せるしかないのだけど。

 

昨日は認知症の父がデイサービスだったので、施設から退去命令を下された従兄の引っ越し後半戦にブラザーが赴いた。

帰宅した時、私は起きていたのだが、その後すぐ寝てしまったので従兄の様子はまだ聞いていない。

 

入院生活が始まるまでの間、何もトラブルを起こさなければいいのだが。

今の従兄の状態で、もう他に入れる施設はないのだ。

あのバカタレが…。

 

まあ、無事手術ができることを祈るしかないな。

大腸のポリープも2~3年したらガンになると言われたそうだから、今のところ2回の手術が確定していることだし。

                                

ここまでが従兄の現状である。

  

スポンサーリンク

 

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

   

一方、父のデイサービス・ショートステイの日の半分以上の時間を、従兄のために費やしているブラザーは、その分仕事ができずにいる。

元々低所得でぎりぎりの生活。

持続給付金を受けてもやはりぎりぎりである。

 

それでも〇百万の借金は徐々に減りつつあるそうだ。

 

私が借金してもいいと申し出たこともあったのだが、そこまでする必要はないと断られた。

切羽詰まったところまではいっていないらしい。

 

倒産したり、いろんな店が潰れたりしている中、ぎりぎりでも生活できていることが本当にありがたいと身にしみる。

 

スポンサーリンク

 

 

あとがき

 

コロナ禍は国難どころか、全世界規模の大難である。

医療関係者やワクチン開発に携わっている方々を全力で応援したい。

 

と言っても私にできることなど何もないのだけれど。

 

あ、こんな締めじゃ暗い記事になってしまうな…。

しかももう11時になろうとしてるし。

 

実は書いている途中で、懲りずに動画を1時間ほど観てしまったのだ。

 

全然眠くないので銀行に行って用事を済ませてこようと思う。

そしてウォーキングしたことにするのだ。

我ながら妙案。

 

のんびり行ってくるね。

それではまた。

  

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

 

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】