web
stats

山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

『麒麟がくる』26回 巧みな演技で朝倉義景に魅せられた回

第26回「三渕の奸計」感想 ユースケ・サンタマリアさん好演

 

空と木

 

明智十兵衛光秀(長谷川博己さん)の他に気になった人物

 

 

今回は朝倉義景の回だったと言っても過言ではない。

ユースケ・サンタマリアさんの演技を堪能できて個人的には満足。

 

そしてなかなか信長の家臣にならない光秀。

焦らすのう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

二条晴良の嫌がらせと伊呂波太夫がお金を集める理由

 

オープニングから二条晴良小藪千豊さん)が初登場、関白の近衛前久本郷奏多さん)に嫌味を言い、責めること責めること。

 

 

ネチネチ度はよかったけど、小藪さん、あまりお公家さんが似合っていないような気がした。

見た目ではなく声がね、武闘派なのよ。

そういうお公家さんがいてもおかしくないとは思うけど、前久との会話だとどうしても互いのつり合いに違和感が…。

 

 

お公家さんのネチネチは囁くように抑揚をつけた方が効果的だと思う。

声や音にうるさい私の個人的感想なのでご容赦を。

 

そしていじめられた前久は、また伊呂波太夫に相談というか愚痴というか聞いてもらった挙句に頼みごとまで。

切れ者のくせに太夫には甘えん坊な弟という感じだね。

しかも自分がやりたくないことを頼んでおいて、路銀を求められたら不服そうな態度。

ケチを通り越してマジで財政難?

 

伊呂波太夫は御所の壊れた壁を気にしていた。

御所をはじめ、京を元通りの美しい都にするためにお金を稼いでいるのだと。

これで太夫がお金に執着する理由はわかったけど、出自がわかるのはまだまだ先みたいね。

 

なるほど、関白の座を争う近衛家二条家が仲が悪いのね。

あれ? 足利義輝向井理さん)が居た二条の館って二条家と関係あるのかな?

ただの地名かな?

 

と思っているうちに、早速、朝倉義景は越前に足利義昭滝藤賢一さん)を迎えていた。

ああ、まだ元服してなかったのね、義昭様。

二条晴良はちゃっかり元服の儀に参加してるし。

  

スポンサーリンク

 

様々な思いが交差する宴 光秀と伊呂波太夫

 

すごい。

明智左馬之助が久々にいっぱい喋ってる。

各地の情勢を探りに行ってたんだ。

頼りになる従弟だねえ。

 

結局、義昭を担いで上洛できるのは尾張の織田越前の朝倉だけ。

う~ん……と光秀が悩んでいるところに朝倉家家老の山崎吉家が訪ねてきた。

 

三渕藤英たちを招く祝いの宴に伊呂波太夫も呼ばれ、光秀の顔が見たいと言っていると。

そして朝倉家の内部事情をさらりと明かし、どういう立場で光秀に参加してほしいかを言い含める。

即座に市を見に出かけた光秀は、義景の上洛の備えが不十分であると判断したようだ。

これでは頼りになるまい。

 

そして宴の席。

溺愛する嫡男の阿君丸(くまきりまる:森優理斗さん)を隣におき、上機嫌の義景。

阿君丸もピンクの衣装で可愛らしいことったらもう。

 

家老が言っていたように、重臣である義景の従兄弟、朝倉景鏡(あさくらかげあきら)が上洛に異を唱える。

何気に家老の吉家とアイコンタクト?

 

義景との言い争いになり、いきなり光秀に話を振る景鏡。

なるほど~根回しって大事ねえと思った私。

光秀情報は吉家から聞いたと。

 

さあ、ここから酔いが回ったふりの光秀が饒舌に語り出す。

長谷川博己さんの声も緩急も切れ味もいいねえ。

 

「ハッ……論外かと!」

 

痺れたね、本当に。

この時、光秀は完全に義景を見限ったのだ。

蹴鞠の件でも一度見限ってるけど。

 

筋書き通りの成り行きに、吉家は光秀に静かにうなずき、景鏡はにんまり。

 

三渕藤英がため息とともに割って入り、怒り心頭の義景の機嫌を取りなす。

藤英が義景に言ったことは真実ではなさそうだ。

ただ、その場を収めるために放った言葉。

 

上洛に関しては、朝倉が一枚岩でないことが露呈し、藤英も光秀と同じように感じたに違いない。

席に戻った時の落胆した表情からも明らか。

 

場は変わり、光秀が一人廊下で黄昏れていると伊呂波太夫がやってきた。

今度はご機嫌斜めな光秀が言葉少なで、太夫が一方的に話を進める。

歯に衣着せぬ太夫、言うよねえ~。

 

まさか太夫が光秀の背中を押すとは。

 

織田信長

 

まあ、消去法でいっても順当にいっても美濃を平定した信長しかいないよね。

史実はどうか知らないけど。

それに太夫の口から帰蝶の言葉が。

 

「十兵衛が考え、信長様が動けば、かなうものなし」

 

かっけえ~~~。男前か!

帰蝶太夫もたくましいおなごであるなあ。

 

しかし最後の光秀と太夫の距離、近過ぎないか?

誰かに見られたら勘違いされるぞ。

太夫を呼びに来たのが吉家でよかった…ホッ。

 

そして光秀は、いざ信長のもとへ。

 

スポンサーリンク

 

世界最小!米国で話題の【JUUL】が日本初上陸!

 

決断の速い信長と義昭の一言と夫婦愛

 

最初は驚いたものの、あっさり光秀の言うことをきく信長。

 

「蝮(まむし:斎藤道三のあだ名)の申した大きな世か…京へ出て大きな世を作るのか…」

 

期待と不安が入り混じった目で見つめる光秀。

 

ここまで来たら、もう後へは退けぬ。

信長から義昭を美濃に連れてくるよう命じられ、取って返す光秀。

 

越前の一条谷の外れ、武士たちが続々と集まってくると思ったら、光秀と義昭主従の密談の場。

光秀の話を聞いた三渕藤英は、

 

「朝倉様は頼りにならん」

 

同意する弟の細川藤孝眞島秀和さん)。

 

でも義景は上洛する気満々。

断ればただでは済まぬ。

 

すると義昭は美濃へ行くと決断した。

 

「そなたを信じる」

 

義昭にまで信じられる光秀。

その後の台詞の言い方が、なぜか義輝と似ていると感じた。

兄弟を演じているからか、兄弟だと思って観ているからか、どちらだろう。

 

ともかく義昭の一言で美濃行きは決まった。

後はどう義景を説き伏せるか、不可能に近い難題である。

なるほど、ここから「三渕の奸計」が始まるのか。

 

と、その前に光秀・熙子(ひろこ:木村文乃さん)の夫婦のシーン。

夫が義昭の上洛の供をすると知り、喜ぶ熙子の笑顔の美しさ。

 

 

光秀は熙子の手を握り、まことに良き嫁御寮(よめごりょう)だとデレ顔。

 

かくして光秀の妻子らは美濃に戻ることになったのだが、その前に大きな波乱が待ち受けていた。

  

スポンサーリンク

ダイソン公式オンラインストア

  

義景の見せ場とまさかの展開を見せた三渕の奸計

 

義昭から美濃へ移る旨の文が義景のもとに届いた。

ここからのユースケ・サンタマリアさんの演技が素晴らしい。

惜しむらくはカメラの過剰な切り替え。

煮えたぎる内面と沸点を超えた激怒を表現するには、とても効果的で息つかせぬスピード感にあふれた演出だと思うが、ユースケさんならそれがワンカットで可能なはず。

  

 

ともかく、いいシーンを観せていただいた。

八つ当たりされた吉家は気の毒であったが、まさか三渕の奸計の関係者になるとは……。

 

真っ暗な座敷に入っていく3人の武士たち。

三渕藤英、朝倉景鏡、山崎吉家である。

 

藤英は言う。

 

「願わくは、互いの行く末に悔いを残さぬよう、知恵を出し合えれば幸いと思う次第」

 

……その知恵を出し合った結果が、6歳の阿君丸毒殺かよ。

 

現実ではもっともっと非道な行いが為されていることは知っているが、朝倉家の幼い嫡男の他界を望む方法以外は思いつかなかったのか?

 

いくら暗い顔を見せても何の贖罪にもならない。

暗がりの座敷にいた「山崎」とは家老の山崎吉家で間違いないよな?

それとも他の山崎か?

 

私は義景と同じように悪い夢を見ていて、皆さんとは別のストーリーを観たのか?

 

と、まあメンヘラらしい感想も入れてみたが、それほどショックだった。

 

予告で「三渕の奸計」と見た時はワクワクしたのに、まさかこんな悪だくみであったとは……。

忠太郎様、見つかったんだね。

ご主人様はもういないよ。

箱から出たいだろうにねえ。

 

藤孝が知らなかったということは、藤英の一存で行ったということ。

もっとも藤孝が知ったら全力で止めたに違いないがな。

 

明智家への吉家の心配りも、裏には少しでも義景を煩わせたくない、義景の心に波風を立てたくないという、ある種、贖罪の思いが込められているように感じる。

 

ドラマでありフィクションだ。

引きずり込まれる感覚は微塵もない。

ただ「三渕の奸計」というタイトルでワクワクしていた気持ちを裏切られた気分の、勘違い視聴者に過ぎない。

 

あ~大幅に話がズレてしまった。

申し訳ない。

 

熙子たちより一足先に、藤孝らとともに美濃へ行くことになった光秀。

藤孝の子も6歳、光秀の次女たま(志水心音さん)も6歳。

この2人が将来結婚するのであろうか。

台詞のなかった長女の岸(白鳥玉季さん)、超美少女ではないか。

 

こうして足利義昭一行は美濃へ旅立ったのである。

ここで「つづく」。

 

スポンサーリンク

 

 

次回予告とあとがき

 

次回、第27回は「宗久の約束」。

今井宗久がバーンと出てくることはわかったけど、簡単に上洛とはいかなそう。

柴田勝家安藤政信さん)や稲葉良通(村田雄浩さん)らが軍議で怒鳴り散らし、信長が「もうよい!」と一喝していた。

木下藤吉郎佐々木蔵之介さん)と思われる人物が、光秀を守るように命じられたと言っていた。

命を狙われるのか、光秀。

稲葉か?

 

宗久が信長に約束してほしいことがあって、光秀はやっと信長の家臣になりそうな予感。

あ、駒もいた。

 

予告に関しては以上。

 

今回の感想の総括。

  • 冒頭でも記した通り、今回は朝倉義景ことユースケ・サンタマリアさんの回だった。
  • 三渕の奸計はワクワクするものではなかった
  • 忠太郎様は予想以上に可愛かった
  • 映る月はいつも満月

 

次回は宗久が光秀や信長にどう関わってくるのか楽しみだ。

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

 

 

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】