web
stats

山姥の戯言日記

うつ病 解離性障害 社交不安障害 セルフネグレクトの闘病ブログ「私の場合」 アルツハイマー型認知症の父と同居 在宅介護

精神障害者保健福祉手帳【1級】フルニトラゼパム倍増効果は?

 

精神障害者等級いきなり1級の衝撃とフルニトラゼパム倍増効果

 

フルニトラゼパム 効果 精神障害者保健福祉手帳 1級

吹雪の中の石灯籠とカエル(2020年2月5日撮影)

 

この頃、一日おきの投稿ペースが続いている。

昨日も本日も調子はイマイチだが、PCを見られないほどではない。

 

今回はフルニトラゼパム倍増の効力精神障害者保健福祉手帳1級の話題などで短めにいきたいと思う。

 

 

スポンサーリンク

 

 

睡眠導入剤フルニトラゼパム錠2mgの効き目は?

 

睡眠導入剤フルニトラゼパム錠1mg 効力 効き目

睡眠導入剤フルニトラゼパム錠1mg

 

一昨日の夜と昨夜の2回飲んだわけだが、効いた

効かないものを倍にして効くのかと疑っていたが、効いた

 

上の画像は1錠1mgなので、これを就寝前に2錠飲むわけである。

 

まず初めて飲んだ一昨夜、すぐに身体が熱くなってきた。のぼせとは違う熱。

お、これは効きそうだぞと思わせる熱で、30分くらい経ってからだったろうか。ちゃんと眠気がやってきた。

 

睡眠後2時間前後で一度目が覚めてしまう中途覚醒は相変わらずだが、その後もすぐ眠りの中に戻れた。

体力的にも精神的にも疲れが残っていたからか、たぶん12時間近く眠ったと思う。

 

そして2日目の昨夜、飲んで身体が熱くなるのは前夜と同じだが、もの凄く控え目。

そういえば人生初の抗うつ薬サインバルタを今の3分の1、20mg飲んだ時も、キター!感は初日だけだった。

上限量の60mgに増やした12月から先月までが一番鬱がきつかったので、重度であることは確かだろう。

 

さて、フルニトラゼパムの話に戻すが、熱さは控え目でも昨夜も効いてくれた。

中途覚醒も入れて、10時間ほどの睡眠だった。

私のベスト睡眠時間は元々7時間。

徐々に近づきつつある。

 

とはいえ、まだ2日間の話。

このまま効き続けてくれればいいが、気になるのは 中途覚醒 である。

これがなくならない限り、以前服用していたゾルピデムマイスリーと同じように、眠気を感じなくなる日は遠くない気がするのだ。

ネガティブ思考ではなく、冷静に考えてそう思う。

 

依存性や副作用のことで心配してくださった方々、ありがとうございました。

何か顕著な副作用が出たら、すぐに先生に相談します。

 

とにかく眠れること。

それが今の私には一番必要なことで、眠れるというだけで心を穏やかにしてくれるのです。

鬱も幾分か和らいだ心地がします。

 

この薬のデメリットは常に胸に留め置き、決して忘れません。

本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク

  

精神障害者保健福祉手帳が届き障害等級が1級だった件

 

前回の記事の最後に書いた通り、これには本当に驚いた。

しかし、最近は父や従兄の要介護度の話ばかりしていた私は「ん? 待てよ?」となった。

 

精神障害者の福祉関連のパンフレットを読んだのは2ヵ月前である。

「1級が等級の一番上だと思ってたけど記憶違いかも。要介護度みたいに『 1 』から上がっていくんだっけ?」となり、急いでパンフレットを確認した。

すると、やはり間違いなく最上級。

 

いきなりかよ…

 

最初の率直な感想はその一言だった。

手帳が交付されたのはよかったが、かなり複雑な心境である。

 

昨年9月20日にようやく「うつ病」と診断され、2ヵ月ちょっとしてから申請した結果が重度の1級なのだ。

 

3級、2級の私も存在したはずでは?

もっと早く「うつ病治療」を受けられたのでは?

 

先生の診断書が秀逸だったおかげかもしれないが、事実しか書いていないはずだ。

前の医師の顔が思い浮かぶ。

10年以上、量を増やしたりしながらも同じ薬を処方し続け、意を決して胸の内を明けた私に、

 

「あなたはうつ病じゃないからねえ…娘なんだから介護はしないと」

 

と言ってのけた医師。

 

だからやってんじゃん!

やり続けて壊れてんじゃん!

 

心の中だけで反論した。突然キレることがある医者だったので。

このブログだけでも3回は書いた話だが、頭にこびりついていて離れないのだ。

 

スポンサーリンク

 

 

話を進めよう。

とりあえず手帳や書類を持ってマイブラザーに報告しに行った。

当然ながら、すぐには事態が飲み込めず、

 

「ふーん…」

 

と本人は無難なつもりの反応。

 

「手帳見せて」

 

渡すとすぐに写真に目をやったので、私は冗談を言ってみた。

 

「人相悪いだろ?」

「うん」

「……………」

 

優しくて素直なブラザーだが、時々気を遣う場面を間違える。

とりあえず目を通しておいてくれるように頼み、私は部屋へ戻った。

 

自分でできる手続きは自分でやるつもり。

2日続けて眠れたせいか、今日になってそう思い、ブラザーにも告げた。

私の場合、まず障害者年金を申請する資格があるかの確認が必要だ。

申請可能なら、また先生に診断書を書いてもらい、こちらは必要な手続きをする。

 

ちょっとググってみたら、申請しても手帳がもらえない人が結構いるようだ。

でもどうなんだろう。私は従兄と同じ1級だから……って忘れてた!

 

従兄の要介護度が「 3 」に上がったらしい。

絶対「 2 」はおかしいと思っていたからホッとした。

受けられるサービスも増えるし。

 

そう、従兄の場合は身体障害だが、等級は同じ1級で障害者年金を受給している。

でも立場が違うし……とウジウジしててもどうにもならないな。

すべきことをせよ。だ。

 

せっかく意気込んだのに土日だったので、確認などは月曜になる。

 

ネットに復帰していなければ何も知らないままだった。

知らないまま困窮している人たちはたくさんいるだろう。

 

あ、市役所の担当者さんたち、よくも無駄に人をビビらせてくれたな。

詳しくはこちらの記事でご覧いただきたい。

  

「申請しても必ず手帳がもらえるわけではありませんからね」

 

何回言った?

おかげでこっちはすっかり審査を落ちた気分になってたよ!

 

まあ、事実を念押ししただけなんだろうけど、それだけ審査で落とされている人たちがいるってことなんだろう。

申請して落とされる理由がわからないけど。

 

短くするつもりが普段とあまり変わらない長さになってしまった。

冗長で申し訳ない。

 

でも書いたら気分がとてもよくなっている。

超久々に鬱が軽い感じだ。

睡眠改善でサインバルタも本来の力を発揮ってことかな。

 

今夜も眠れますように。

それではまた。

  

 スポンサーリンク

 

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村