山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

社会福祉士さん登場【従兄の件がまた急展開】これぞ包括的介護※追記あり

今日は従兄との介護相談会へブラザーが出動。

奥さん(未入籍)の具合が気になる。

父はデイサービス。

せっかく独りになれたのに「ひとり介護」の翌日は疲れていて気も重いまま。

ところがまたしても思いもよらぬ展開が待っていた。

【 目次 】

 

スポンサーリンク

スターウォーズ ボバ・フェット テックバッグ バックパック

 

鬱やや重め 波乱の一日の目覚めは真っ暗だった

ぐっすり眠れた感じで目覚めたのだが、外は真っ暗。

夜まで寝てしまったのかと慌てて起きたら早朝だった。2時間ちょっとしか眠っていない。なぜ目覚めた? 頼むよ、ゾルピデム睡眠導入剤)。

二度寝はうまくいった。起きたら見事に午後。

 

昨日の精神的疲労から身体も気も重い。頭痛もする。「家に今いるのは自分だけ」という解放感などまったく味わえなかった。従兄の今後について気になっているのも理由の一つかもしれない。

 

朝ご飯の食器が流しに置いたままだったので、洗い物などの家事をしてから食事をし、サインバルタ・モサプリド・アルプラゾラム・加味逍遙散を飲む。頭痛はいつの間にか消えていた。

 

程なくしてブラザーが帰宅。

相談結果を聞きに急いで部屋を出た。

 

社会福祉士さんが示してくれた従兄と奥さんの今後

結論から言うと、奥さんは仕事をやめてマンションも引っ越し。

もう年末なので引っ越しは来年、仕事は休暇をとっている数日後に退職とのこと。

そして、なんと、なんと……

 

入籍決定!!

 

奥さんの愛は本気でマジなやつだったのである!

従兄よ、果報者過ぎるだろ……どんだけぇ~~~って今日使えばよかったかも。昨日も今日もどんだけ続きである。

 

借金が本人たちが把握している以上にあり、家賃がもっと安い所に引っ越すべきであること。そして奥さんの精神状態から、仕事をやめて治療すべきだと説得してくれたのは社会福祉士さんだという。

 

社会福祉士さんについて説明し……Wikipediaから引用してしまおう。

福祉系では、精神保健福祉士介護福祉士、保育士と並ぶ、名称独占資格の国家資格である(場合によっては、名称に福祉士が入る三資格を、福祉系三大国家資格(通称:三福祉士)と呼ぶこともある)[1][2]。社会福祉士及び介護福祉士法を用い、医療・福祉・教育・行政機関等にて日常生活を営むのに問題がある人からの相談に対して助言や指導、援助を行なう専門職である。

引用: 社会福祉士 - Wikipedia

 

ケアマネージャーさんは要介護者と家族に合った介護計画(ケアプラン)を作成し、利用できる施設を探すなど、介護についての相談に乗ってくれる。

社会福祉士さんは、もっと生活に突っ込んだ助言・指導・援助が可能で、日常生活を送るのに適した提案をしてくれるのだ。実際、従兄たちの借金が思った以上に多かったことも、社会福祉士さんの指摘ではっきりしたらしい。

これこそ包括的介護というものである。と思う。

 

こーちゃん (id:koujikunma) 様、何か間違っていたらお手数ですがご一報くださいませ。(※追記あり

先日、当ブログでご紹介した こーちゃん (id:koujikunma) 様は、その社会福祉士の資格もお持ちなのである。

www.koujikunma.com

 

介護に関する情報満載なので是非ご一読いただきたい。

 

さて、従兄であるが、ブラザーに「俺ら親族の長はお前だと思ってる」と言ったそうである。当然だ。従兄を親族の長だなどと一度も思ったことはない。

 

そして観音様のような奥さん。実家と折り合いが良くないこともあり、将来はこちらに引っ越して来たいと仰ったとか!

 

ウェルカ~ム!!!かんのんさまぁ~!!!

 

私としては従兄より奥さんに会いたい!

疲れてなきゃ今日もブラザーに手紙でも託そうかと思ってたほどなんだから。すぐにとはいかないだろうけど待ち遠しいなあ。

「お姉さん」って呼ぶの。ん、「お姉様」「姉上」もありか? 方言で言うと「姉様(あねさま)」になるんだけど……おお、逆にいいかもしんないな。

 

とにかく従兄よ、これが最後のチャンスだ。

奥さんに一生かけて誠を尽くしてくれ。

 

認知症の父、デイサービスより帰還

今日の空と雲

今日の空と雲

 

帰ってきた時は普段通りだった。

でも夕食後、外に出たくなったらしく、穏やかに止めようとするブラザーの声と、何か言い張る父の声が階下から聞こえた。すぐ静かになったので家の中に戻ったらしい。

 

しばらくして私がトイレに行こうとすると、ブラザーに声をかけられた。父が何か考え事をするためにトイレに座り込んでいるのだと。

私が声をかけると普通に出てきた。受け答えも普通。でも顔つきが不機嫌。

 

もしかしたら今夜もブラザーが寝た後、起きてどこかに行こうとするかもしれない。そう思っただけで胃腸の調子が変になってしまった。

途中で1時間ほど休んでいたので書く予定だった話は明日以降に。

 

弱いなあ、自分。

不機嫌そうな父の顔見ただけで頭から全部吹っ飛んだ。

 

でも大丈夫。今まで通り何とかなるから。

今日は従兄と奥さんの入籍だけを心の中で祝おう。

社会福祉士さんは今後もずっとついててくれるようだし、本当によかった。

 

スッキリしない終わり方で申し訳ない。

それではまた。

 

※追記: こーちゃん (id:koujikunma) 様より補足のコメントを頂戴したので以下に引用させていただく。

 

補足として働く職場(例えば病院や社協、包括支援センターなど)により微妙に立ち位置が違いますが、個人にとどまらず、世帯、もっと言えば地域全般を包括的に支えています 。

次回のブログでしっかりと触れさせていただきます。お忙しい中、本当にありがとうございました!

 

スポンサーリンク

[TcIFE]ハンドバッグ レディース トートバッグ 大容量 無地 ショルダーバッグ 2way シンプル バッグ 高級 人気