山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」の過去と現在を行ったり来たり

拒否感がないのは能面の自分のおかげ? 介護うつ患者の介護記録

今朝の目覚めは前回と違った。

能面再び?と思うほど感情的なものが何もない。

前回の目覚めについてはこちらをご覧ください。

 

www.yamauba.work

 

昨夜のうちに弱音を晒してすっきりしたせいだろうか。

でもめまいだけは覚えた。

父が起きている音が聞こえる。

抵抗感なくすぐ下に行けた。

 

今日は何をやらかしてるかなと見回すと、テレビやストーブのプラグがコンセントから抜かれまくっている。

ルーターなどのネット関連は無事。

 

「俺がやっだのが? なしてだ?」とこっちが訊きたいことに適当に答えつつ、とにかくテレビをつけてあげる。

「ああ、いづもの音っごがするやづだ」

安心したようだ。

裏表を間違えて着ている服を直し、やっと朝食の準備。

低血圧をはっきり感じない日でも、朝イチの立ち仕事はしんどい。

 

朝の質問攻めコーナーが幕を開ける。

今日の父はややナーバス、手強かった。

 

「○○(兄弟の名前)はどこさ行っだ?」

「いっごど、俺はさっぱり相手にされねぐなった……」

「(私に)身体の調子は大丈夫が?」

「○○はいづ帰っでぐんのや?」

「これから食うのは? ……朝ご飯が!」

「俺もほんでねぐなってしまっだがらよ」

「○○はどごさ行っだのや?」

 

憶えてるだけでもこれだけ。

名付けて「忘却の波状攻撃」。

最低でも5セットやらないと納得には至らないハードワーク。

こっちは立ち仕事、水仕事をしながらの受け答え。

明るく完璧にこなし、納得させた。

 

ご飯を食べてもらい、薬も飲んでもらい、やっと自分の食事。

サインバルタ・モサプリド・アルプラゾラムを飲み、後片付けをしに下へ行くと、再び波状攻撃。

 

今日一番時間がかかったのは、自分が相手にされていないという被害妄想を払拭すること。

父は兄弟に無視され、一緒に仕事につれて行ってもらえなくなったと思い込んでいる。

一緒に行っても、帰ってくると「もう行がね!」と怒ってたことが3回はあるのに、自分では憶えていない。

 

丁寧に、息子の思い(推測)を細かく説明し、「あいづはそったな思いだっだのが!」となるまで続ける。

これも一度では済まず、最低5セット。

「うん、もういい、わがっだ」と機嫌よくなったところで終了。

 

やっと自室で一息つく。

黄色い花と紅葉の木

一気に襲ってくる疲労感。

いつものことなのに、いつも以上に疲れている。

ぐったりしたいけど、まだ早い。

 

朝ご飯が遅くなったので、昼ご飯もちょっと遅めにしようと思う。

 

左耳の聴力が明らかに変化しているが、今はじっくり検証する気にもなれない。

 

落ち込みはない。

たぶん。

ただしんどいだけ。

昨日、米を研いだせいかもしれない。

 

今、昼のNHKのニュースを観ている。

おかしいな、普通に観てる。

感情に動きはなし。

やっぱり能面に守られてるのか?

だから父の世話が今日は苦でないのか?

 

しんどいだけで苦ではない。

災害の壮絶な被害状況を目にしても気持ちが揺るがない。

これはいつもの私ではない。

おかしくなってるのは私の方だ。

 

兄弟は今日も早めに帰って来てくれるはず。

それまでは仕方がない。

心が動かない自分なんて嫌だけど、今はそれどころではない。

12時半になったら下へ行って、お昼ご飯を食べてもらうんだから。

 

不動の感情は、介護うつ患者から要介護者を守るため、と思っておこう。

 

また父が動き回っている音がする。

 

以上、本日の途中経過はこれにて。