山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

介護うつ患者が介護する日(その1)薬が効いてくるまでの記録

しんどい。

今日もまた早く目が覚めてしまった。

下に行きたくない。

でも父が起きて動き回っている音がする。

外には出て行かないけど家の中をあちこち歩いているようだ。

きっとお腹が空いてるだろう。

薬も飲ませないといけない。

しんどい。

 

 

起きてからの行動と気持ちの流れ

それでも、なんとか下へ行くと、父は消えたままのテレビの前に座っていた。

また今日も「遅くなってごめんね」から始まる会話。

すぐテレビをつけてあげる。

「おー」と素直に喜ぶ父。

 

朝ご飯の支度をする。

いつものようにできない。

手際が悪い。

動きが遅い。

頭が働かない。

 

父が何度も同じこと尋ねてくるのはいつものこと。

でも今朝の質問はたった一つだった。

 

「身体の調子は大丈夫か?」

 

明るく「大丈夫だよ」と穏やかな返事をする。

少なくとも5回は訊かれ、5回は答えた。

 

認知症になってから、度々あることである。

こういうのって、ずるいと思わない?

私がこうなった原因の1人である父が、今になって優しいこと言う人になったりして。

無意識のDVを毎日繰り返していた人がだよ?

今はただ心配してくれる人なの?

もうまったく意味わかんないから。

 

でもほっとくわけにもいかないしさ。

ご飯食べさせて、薬飲ませて、安心するまで同じ会話を続けて。

私の心はそこにはないけれど、父に必要なのは私の言葉だけ。

 

今日はちゃんと自分で服を着ていたけど、なぜか割れた小鉢がガスコンロの上にあった。

父に訊いたところで憶えてはいないだろう。

まさか、兄弟がやった?

父だとは思うけど、もし彼だったら、理由次第では私は爆発するかもしれない。

今日は夕方に帰ってくる予定だ。

 

なんだろうね。

悪い方へしか思考も感情も動かない。

鬱の檻に父と2人で閉じ込められているような感覚?

独りなら、のたうち回ってでも独りで闘える。

でも父の世話をして、守ることができるは今は私だけ。

 

叫び出しそう。

実際はそんなことできないけど、母みたいに叫んだり暴れたりしてみたい。

できるわけなんてないんだけどね。

母はそれが意思表示で「死にたくない」「苦しい」「助けて」と伝える手段だった。だから家族が母の思いを理解して、問題が解決するとスッキリした顔をしていた。

私は言葉で意思表示ができ、相互理解も言葉を交わすという手段でしかできない。

要するに叫ぶ必要も暴れる必要もまったくないのである。

 

例えば実際に暴れようとしても、まず自分が「なんで?」と悩んでしまうはず。

叫ぶにしても「なんて叫べばいいんだ?」と疑問を持ったまま、一日が過ぎていくことだろう。

私だったら、やっぱり……いは、今はやめておこう。

こんなリアルな状況で考えることじゃない。

何にしても、鬱は思ってた以上に酷い状態みたいだ。

 

吐き気ならいくらでも耐えるからさ。

サインバルタよ、早く効いてくれ。

 

苛々して誰だか知らない人の文章に八つ当たり

パソコンでまったく関係ないページ開いてみたら、的外れな何様ロジックが目に入って力が抜ける。

 

言われなくてもわかってっるよ。

発信する以上、自分が望むような反応ばかりなんてあり得ないからね。

でもね、叩かれる覚悟もして命削って書いてんだ。

ここに書くこと、それが自分を救うための手段だと気づいたから。

 

薬が効いてくればこんな風には感じないだろう。

今はそういう状態じゃないんだ。

こうして書いたことも後悔するのはわかってるさ。

でも書かなきゃ自分を保てないんだって。

 

ここに来てくれてる誰かのことじゃないからね。

情報収集中に目に入った記事の一部に八つ当たりしただけ。

それくらい苛立っている。

薬飲んでもまた効いてこない。

効いてきたら、きっと穏やかになるからね。

 

まだ下へ行ってやらなきゃないことが残ってる。

ちゃんとやるよ。

穏やかに、穏やかにね。

 

紅葉の木と青空

 

以上が薬が効いてくる前の気持ちの記録。

そう、今は効いてきているのはわかるけど、それほど精神状態は変化してないってところかな。父の世話の最中だからね。これが自然なんだろう。

 

さあ、次は昼ご飯の準備だ。

続きが書けるといいな。

それではまた。 

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

 

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】