山姥の戯言日記

セルフネグレクトの介護うつ闘病記 「私の場合」過去と現在を行ったり来たり

介護うつ患者が介護する日(その2)不安と安心と早めの落ち込み

前回の続きです。 

www.yamauba.work

 

とーっても疲れました。

そして当然にようにやって来た眠気に逆らうことなく眠りました。

 

介護を終えてからの私 もう次の不安が…

花と石灯籠とカエル

 

ありがたいことに、今回も兄弟は早めに帰って来てくれました。

途端にすーっと軽くなる心と身体。

不安も苛立ちも、薬が効いていないせいではなかったようです。

まあ、「介護うつ」ですからね。当然と言えば当然なんですけど。

 

小鉢の件は兄弟が数日前に割ってしまい、目につかない場所に置いていたものでした。

それを父が見つけて、なぜかガスコンロの上に置いただけという。

「割ってしまったと」いう言い方から、追究しなくても大丈夫なパターンだとわかりました。

 

昼食の準備に行ってから、兄弟が帰ってくるまでの心の動きが思い出せません。

何を食べさせたかは憶えているのに、まるで心が現実を認識することを拒否していたかのような感覚。

母の時はずっとこうだったんだな……と、他人事のように思い出します。

 

自分が昼食後の薬を飲み忘れていることに気づき、何か一口でも食べてから……と下に行くと、電話で商談をしている兄弟の声がしました。

日曜日に持って行く品をお客さんに説明しています。

そう、また次の日曜日は……。

 

部屋に戻り、少し食べて薬を飲むと、すぐに眠気がやってきました。

軽くなったはずの心は重く沈み、そのまま眠ってしまいました。

 

目が覚めるとはっきりと落ち込んでいます。

明後日のことで、もう……?

自分に愕然としつつも、軽い吐き気を伴う強めの空腹感があり、これも逆らって食べないと吐き気が強くなるパターンだとわかりました。

どれだけ落ち込んでいても薬のおかげで食べられるわけです。

食べるしかないわけです。

生きる体力を失わないように。

 

頭痛がします。

小中高の頃を思い出すような。

その頃の自分に語りかけたい気分になりました。

 

昔の自分に向けたちょっとイタい語り

スズメの親子

スズメの親子 2019年7月撮影

 

よく生きたね、小中高の自分。

高校は通信制に編入して、結局4年間も高校生やったけど、スクーリングに通うのさえ倒れかけながらだったね。

人目もはばからず、電車の座席で横になったこともあった。

よくやったよ。

あの頃をよく生き抜いた。

 

でもキミが今、落ち込んでる私を見たら絶望するだろうね。

でもね、これがキミが生きることを選んだ結果なんだよ。

もっと早く病気に気づいてもらえていたらね。

自分も気づいていたらね。

もう取り戻せないことを言っても仕方ないけれど。

 

大人になってからわかったことがあるんだよ。

やっぱりキミは何も悪くなかったんだ。

間違っていなかったんだよ。

ただ、方法を知らなかっただけ。

自分も、周囲の大人たちもね。

 

生まれた瞬間は呼吸をしていなかったキミ。

顔色も変わっていたけど、お医者さんの措置ですぐに泣きだしたんだってね。

でもその短い間に、何か脳に影響があったのかもしれないって実は思ってる。

大人になってから思ったことだし、誰にも言わなかったけどね。

それに身体は弱いけど、そこそこ勉強ができる子だったから、もしかしたら大人たちは安心していたのかもしれない。

それよりお母さんが大量出血で死にかけて、それどころじゃなかったみたいだし。

 

命懸けで産んでもらって、命懸けで生まれたキミ。

きっと意味があるんだろう。

今は計り知れないほどの業の深さを実感しているだけだけど、この先にきっと何かあると思うんだ。

 

だから見ててくれるかな。

このままじゃ終わらないからさ。

こんなちっぽけな不安なんて、しばらく泳がせといてガッと締めてやるよ。

 

もし先にあるのが絶望の果てだとしても、笑える自信あるよ。

どんな人生になろうと「私の人生」だもの。

キミたちが押し潰されそうになった絶望感。

それがあってこその現在の私、そして私の人生なんだ。

 

ただ一つ、ごめんね。

今の私は自分の顔がわからないほど、自分を人として認識できなくなっちゃった。

だからキミたちを別人のように愛しくなってしまうんだ。

子どもの頃から自分が嫌いだったけど、同時にキミたちが愛しい。

変だよね、やっぱり病気のせいかな。

 

大丈夫、自分を取り戻せるように頑張るから。

絶対……とは約束できないけど、頑張ることは約束するよ。

だから見ててね。愛しい昔の私の心たち。

 

語りの後に…今日の画像の話

 

自分の影 もうひとりの自分

 

語り、終了です。

上の画像は前回か前々回に無言で載せましたが、私の影です。

太陽の下を歩ける季節になった記念に撮影しました。

 

公園でこれです。マスクもしっかりしてます。

不審者だと思われても納得の影。

 

でもね、フード付きの薄ピンクのショート丈ジャケットと、デニム素材の地味にお洒落な帽子なんですよ。

買ったのは、まだ服を選ぶことが楽しい気持ちがあった頃でしょうね。

「○十年前」と素直に言いたいのに本当に憶えていません。

 

ああ、言いたいのはこの画像がお気に入りだということです。

一枚目の画像もそうですが、またいつか出てくると思います。

 

支離滅裂でごめんなさい。

今日も生きました。

明日も生きますし、明後日も生きます。

それではまた。

 

ランキングサイト参加中。

応援よろしくお願いします!

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ

 

スポンサーリンク

全国へ送料込みでお届け!【メディカルフードサービス】